本・紙もの

てくり26号が届きました!

029

予告どおり、まちの編集室発行の『てくり26号』が発売になりました!
内容は下記のとおりです。

文学の杜にて。

・ひらけ、高校文芸部! 〜高校生座談会
・文芸と、日々と。工藤玲音さんの場合
・「さわや的「文学」考。
・文学の魅力。場の魅力。〜BOOKNERD/ponobooks
・書く土壌。 「文学の國いわて」「北の文学」「文学フリマ」

・プロとして書き続ける、ということ
《対談》木村紅美さん×沼田真佑さん

Life is Delicious その23
中国食紀行「菜遊記」大川匠吾さん

あなたはなぜ、ここにいるのですか?
角掛はる歌/渡邊正行/山口桃果

もりおかわんこ/17犬目・こまち

なんだりかんだり、のんだりくったり14

 

「文学」と言われると硬い内容のようですが、そこは『てくり』。
座談会や対談形式のページが多く、誌面の中の人たちの会話を聞いているかの如く読み進んでしまいます。

盛岡は年間の書籍購入額が全国1位(平成29年)だとか。
そこに大貢献しているであろう書店のひとつ、さわや書店の皆さんのページもまたおもしろくって…

ぜひ手に取ってみてください!

 

017

ここのところ、写真の色が暗いなぁと思いながら過ごしていたんですが、今朝ようやく原因がわかりました。
普段、AUTO(オート)設定にしているのですが、今朝は久々にモードを変えて撮ってみようと思ってボタンを見たら、なんでかわかりませんが「A」というところにボタンが合わさっていまして、これがほんのり暗い写真になっていた原因でした。
年末に買ったばかりのカメラ、故障じゃなくてよかった~~~。

018

上の写真が「A」←これがなんのボタンかもよくわかっていません(笑)で、こちらの写真が「AUTO」。全然違う…

この花は「ヘイズスターバースト」という八重咲の紫陽花の一種。
今年、ベランダで咲いた紫陽花はこの一輪のみ。
普通の紫陽花と、アナベルは花が咲かなくて残念。
でもこのヘイズスターバースト(絶対に覚えられないから名札を付けています)がその分過去最高に大きな花を咲かせてくれました。

 

37405635_2094430280816728_2240730192609804288_n

さて、突然ですが。
本日、店のInstagramを始めてみました。

最初の投稿は、来月開催の二人展「うつわと猫」でお世話になる大沼道行さんのマグカップを。
二人展で並ぶかどうかはわかりませんが、紙版画作品で参加いただく坂本千明さんがDM用に描いてくださったものでもあり、自分にとって思い入れのあるものなので、この写真から始めようかな~と。

不慣れでサクサク行かなそうですが、どうぞよろしくお願いします。

shop+spaceひめくり Instagram:himekurimorioka

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログには書いていなかったと思いますが、ひと月半ほど前についにスマホデビューいたしました。家のパソコンがついに終わりを迎えまして…
この間の東京出張の時にスマホをいじくっていたら、そんなつもりではなかったのにInstagramが始まってしまっていまして、この2週間、個人インスタで何度か練習投稿(主に姫と栗)を重ね、急に思い立って本日より、店のインスタを始めてみたというわけです。

スマホで撮った写真より、カメラで撮った写真のほうが絶対に良くて、画像データをスマホに送ることもできるのですが、便利なんだか不便なんだかよくわからないという状況です(笑)。

まぁ、ぼちぼちやっていきたいと思います。

 

予告。

連休明けの静かな火曜日。
店からは見えない部分なんですが、奥の部屋の片付けスイッチが入ってしまい、今日のブログはほぼお休みです。すみません…

唯一、お知らせできるのは、明日明後日の定休日明けには、新しい『てくり』の26号を並べますのでどうぞお楽しみに!ってことだけです。

tekuri26

画像はまちの編集室より拝借いたしました。
それではまた金曜日に。

2018年7月17日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

飯坂真紀さんのポストカード。

005

橋本 勲さんのハガキ額に飯坂真紀さんのポストカードを入れて飾っています。

ポストカードにぴったりなサイズの額なので、時々中身を変えながら展示しているのですが、飯坂さんのこのポストカードは販売していないのかと聞かれることが多く、これまで何人もの方に「販売していません」とお話ししていました。
飯坂さんが店に来てくれた時にその話をしてみたら、プリンターで印刷したものでよければ納品できると言ってくれたのでお願いをしました。

006

この建物は、ひめくりからすぐの場所にある、紺屋町番屋です。
どちらも夕方の風景だそうです。
プリンターで印刷したものなので、お値段はほかのポストカードよりも少しお安め。
以前一度入荷したんですが、すぐになくなってしまいご紹介できなかったので、ようやくのご紹介です。
枚数が少なめなので、また品切れになることもあるかもしれませんが、継続で入れていただきたい旨を伝えていますので、ある時はあると思います。

008

飯坂さんのポストカードはほかにも。
「ふと見た盛岡」シリーズ。どれも盛岡市内にある(もしくはあった)建物です。

晴れていたかと思ったら土砂降りになったり、なんだか不安定なお天気ですね。
しばらくはこんな感じが続くんでしょうか。
気をつけて過ごしましょう。

2018年7月9日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

レイアウトが変わりました。

008

三人展の開催に合わせて、店内のレイアウト変更をしました。
展示のたびに変えることが多いので、「前に来た時にこのあたりにあったアレ…」とか言われるとわからないことが多々あり申し訳ありません…(^_^;)

で、今回はめずらしく本を平置きしてみたりして。
『てくり』の最新号と、人気の24号、そして14号、てくりスタッフのライター・赤坂 環さんが出版した本『シェ・ジャニー 春田光治の12ヶ月』、岩手アートディレクターズクラブ発行の『IADC ANNUAL 2016』(2017年版がまもなく発行予定とか)などを並べました。
そして、一番手前は新潮社発行の『珈琲屋』。
大坊勝次さんと森光宗男さんの話をまとめた一冊で、新潮社さんのキャッチコピーを借りると、

「焙煎とネルドリップの名人」
「コーヒー」を究めたふたりの珠玉の対談集。

まちの編集室が『てくり14号』で大坊さんを取材したご縁で、サイン本を何冊かご用意させていただきました。
が、ご紹介が遅くなってしまい、サイン本は現在残り一冊となりました。
ご興味のある方はお早めにどうぞ。

 

utsuwatoneko_01

HPの【お知らせ】を更新しました。
次の企画展は8月です。
三人展が終了した後は常設展示となります。

 

2018年6月26日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

ひさびさ入荷、月光荘のあれこれ。

008

銀座の画材屋さん・月光荘のものが久々に入荷しました。
色エンピツや右手クリップ、真ちゅうのボタン(大・小)。
在庫を切らしてしまうこともありますが、店のオープン当初から扱っているものです。

009

スケッチブックも少々追加。
左の大きめのスケッチブックは少し厚めの紙、
中くらいのスケッチブックは少し厚めの紙とのものと、薄い紙に水色のドットが印刷されている2種類、
小さめのスケッチブックは薄い紙にドットが印刷されているもの、
一番右はポストカードブック。自分で絵を描いて、切手を貼ればはがきとして送ることができます。

 

◯△☐なTシャツ展が始まって3日。
めざしてこられる方、偶然のご来店ながらもご注文くださる方、多くの方に足を運んでくださっています。
会期に合わせてオープンしてもらった6jumbopinsさんのWEBショップのほうも、
たくさんのご注文をいただいているそうで、ありがとうございます。
Tシャツ展は6/19(火)まで、まだまだ始まったばかりです。
お渡しまで10日ほどお時間をいただきますが、この夏の一枚をぜひご注文くださいませ!

006

ヤマボウシをいただきました。涼しげ~~

 

プリンブローチ&プリンバッジが入荷しました。

003

ここのところ品薄だったプリンブローチとプリンバッジが届きました!
いっぱいありますが今日はこの人たちをご紹介。
たぶんまだご紹介したことなかったと思うんですが…
真ん中5人はブローチ。入荷すると、まぁまぁ短期間で旅立っていく人気者たちです。
外側の左のゾウさんは配色が新しい感じで気に入りました。
右は二足歩行になった猫と犬。新作です!
かわいい系をご紹介しましたが、土偶とかダンゴムシとかバッファローとかもいます。
ぜひご覧ください🍮🍮🍮

プリンブローチやプリンバッジ、レジ前にはポストカードを並べていて、
お客さまから「盛岡はプリンが有名なんですか?」と聞かれます。
その都度「これらを作っているのは『プリン同盟』というなぞのアート集団の会長で…」と説明します。
もう15年以上も続いている団体で、一年に一度総会を開いてプリンカルタをやったり、
喫茶店のクラムボンさんで毎年「プリン展」というプリンをテーマにした作品展を開いている人たちです。
そしてクラムボンさんのメニューにあるプリンは会長が作っていて…
みたいな話をすると皆さんどこまでご理解いただいているかはわかりませんが
「おもしろーい。」というような反応をいただいております。

ひめくりで質問されることのベスト5に入っている感じです。ハイ。
プリン同盟のFbページがありますので、ご興味のある方はのぞいてみてください。→ 

 

明日は都合により少し早めの夕方5時に閉店します。
明後日5/31(木)は定休日です。
よろしくお願いいたします。

そして、6/1(金)からは◯△☐なTシャツ展
昨日から、参加作家の皆さんがイラストデザインをそれぞれのFacebookやTwitterでアップされています。
ひめくりのFbページTwitterでシェアやリツイートをしておりますので、
早めに見て検討しようかな~という方は参考にしてみてください。

 

2018年5月29日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

新しい本が並びます。

018

『ちいさないきものと日々のこと』
発行 もりのこと
編集 もりのこと+渡辺尚子
装画 片桐水面
装幀 丹治史彦(信陽堂編集室)

東京・西荻窪にある、木のものや 植物や動物にまつわるもののお店「もりのこと」さんが、
2月に開催した企画展「君と暮らせば〜ちいさないきものと日々のこと〜」に合わせて出版した本です。

執筆者は15名。(五十音順、敬称略)
秋野ちひろ(金工作家)/池田功(dog deco)/井上美佳(編集者)/小澤可奈(iandada)/
オニール原田芽(公共図書館員)/権聖美(編集者)/坂本千明(イラストレーター)/
サノアイ(木工作家)/新橋佑紀英(yukie sinbasi)/関根理香(ShuHALLI)/
田島凪(団体職員)/にしおゆき(おるがん社)/松本裕子(涙ガラス制作所)/
ユカワアツコ(鳥のイラストレーター)/渡辺尚子(編集者)

SNSなどを通じて、猫な人たちを知る機会が自然と増えて、
ありがたいご縁で知り合った方も何人か執筆をされています。
出版された時からとても気になっていたのですが、
少ない部数かもしれないし、いつかお店に行った時にあったら買おうとか思っていました。
その後増刷をされ、東京にはいつ行けるかわからないと思い、通販で購入しました。

それぞれの“ちいさないきものと日々のこと”。
くすっと笑ったりウルッときたりしながら読みました。
内容も、装幀も、とても大切な気持ちで作られた本だなぁと思いました。
少しずつ、本を取り扱うお店が増えてきたようだったので、
ひめくりでも置けたらうれしいなと連絡を取ってみました。

自分の場合はどうしても猫基準になりますが、犬とか金魚とか亀とか鳥とか、
いろんなちいさないきものと暮らす日々があると思います。
ちいさないきものと暮らしている人、暮らしていた人、暮らしたい人、
いろんな方に手に取っていただけたらと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日5/23(水)は代休(5/3分)をいただきます。
明後日5/24(木)は定休日です。
よろしくお願いいたします。

009

我が家のちいさないきものたち。9月で15歳。

 

2018年5月22日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

『四月と十月 Vol.38』が届きました。

001

年に2回、本のタイトルどおり、4月と10月に発行される『画家のノート 四月と十月』。
Vol.38が届きました。

“画家のノート”というくらいなので、多くの美術家の方々のエッセイが全体の3分の2ぐらい、
そして残りの3分の1は、美術はもちろん音楽やデザイン、
あるいは文章に関わる人など多彩な顔ぶれの連載ページで構成されています。

前号の37号から、川向こうの喫茶carta店主・加賀谷真二さんの連載が始まりました。
タイトルは『野球』。
盛岡にお住いの方にはわかるかもしれない人たちが何人か登場しておもしろいです。

盛岡びいき(と勝手に思っている)文筆家・木村有衣子さんの連載も今号から始まりました。
バックナンバーもございます。
よかったらお手に取ってみてください。

2018年4月10日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

坂本千明さんの新作カード+8月のこと。

012

坂本千明さんの新作カードが届きました。

紙版画の作品を印刷したポストカードです。
毎度、その細かな線や色、猫の表情などなどにため息が出ます。
手前のカードは初めての大きめなサイズで、こちらを送る場合は82円切手を貼ってください。
奥の3点は通常のはがきサイズとなっています。

010

坂本さんコーナー。
あ、猫以外のポストカードは別なところに並べていたんでした。ここは猫限定。

坂本さんと言えば猫、という印象が強いとは思いますが、
手仕事の品を紙版画で刷ったものもとてもとてもすてきです。

026

過去作品ですが。しかも超部分…
でもすてきな雰囲気は伝わりますよね?
裏面の凸凹は版画の証し。
圧が感じられて、これもまた手仕事なのだなぁと伝わるので見るのが好きだったりします。

さて、そんなすてきな作品を生みだされている坂本千明さんの作品を展示することが決まりました。
8月中旬に、大沼道行さんの個展に坂本さんの(猫ではない)版画作品を数点、合わせて展示をします。
このことをずいぶん前から楽しみにしてきました。ようやく現実に近づいてきた感。
それでもまだ少し先ですが、二年ぶりの大沼さんの個展と、坂本さんの猫以外の作品と、
どちらも多くの方にご覧いただけたらと思います。詳細はまた追い追い…

さらに、坂本さんの著書『退屈をあげる』(青土社)の原画展も同時開催いたします!
私家本として印刷を重ねた『退屈をあげる』が昨年出版社から発行となりました。
原画展は、先月は東京のURESICA(ウレシカ)さんで、
今月20日(金)からは京都のnowaki(ノワキ)さんで、
そして8月中旬には盛岡で、さらに10月には札幌で巡回開催されます。
こちらもぜひ足をお運びください。

013

 

2018年4月7日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

てくり情報。

036

てくりのバックナンバーが掘り出されました。

まちの編集室が棚卸作業を行なった結果、
現在在庫なしとされているバックナンバーの8号、12号、16号が掘り出されまして、
数冊ずつではありますが、ひめくりにて販売できることになりました。
この号を探していた!という方はぜひどうぞ~。

 

037

「てくり モリオカ散歩地図」ができました!

てくりに掲載された場所や店、あるいは名所などが小さい字でモリモリ書きこまれていて、
盛岡市街を歩くにはとても便利な散歩地図となっております。
まち編が自腹で印刷しているこちらのマップ。
レジ横にカンパ箱と一緒に設置しますので、よろしければお気持ちカンパをいただけますとうれしいです。
皆さまの【お気持ち】は次の散歩地図印刷に活用させていただきます(`・ω・´)ゞ

盛岡経済新聞さんに取材いただきました。→ 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

010

寒いですね。
ベランダの植物は例年より春の訪れがスローペース。
ようやくムスカリの頭が出てきました。

2018年4月6日 | ひめくり日記, 本・紙もの