本・紙もの

『d 岩手号』と伊藤康子さんのカレンダーが届きました。

44797720_1937516286335686_5167508361951838208_n

明日12/4(日)は11:30頃からDue Maniさんの【焼き栗】販売です。
おいしい栗をみんなでいただきましょう🌰🌰🌰

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

009

D&DEPARTMENT PROJECT発行の『d design travel 24 岩手号』が届きました!

夏の間、編集部の方々が何度となく立ち寄ってくださり、出版されるのを楽しみにしていました。
同じ県内でも行ったことのない場所や会ったことのない人など、盛りだくさんに紹介されているので、地元の人にも見ごたえがあり、県外の方にはガイドブックとして充実な内容の一冊だと思います。

本の中では【その土地のキーマン】というページにまちの編集室の木村敦子さんが紹介されています。さらに塗師の田代 淳さんも。
当店は【岩手のおみやげ】というページで、田代さんの漆のブローチやまちの編集室の企画・販売に携わっている「MORIOKAスヌード」の取り扱い場所として紹介いただいたりしています。

ひろーい岩手を取材するのは移動だけでも大変だっただろうなぁと想像するわけですが、そんな岩手で出会ったいろいろを集めた展示が現在、東京・渋谷のヒカリエ8階のd47 MUSEUMで開催されています。

まちの編集室が発行する『てくり』や「MORIOKAスヌード」も並んでいるはず。
お近くの方や、たまたま東京に行く!という方など、新しい発見があるかもしれませんのでのぞいてみてはいかがでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

003

書家・伊藤康子さんからカレンダーが届きました。
毎年店のレジ横に飾っていて、「すてきですね」とよく言われます。
上のひと文字はもちろん、月ごとに数字を書いているので一枚ずつ雰囲気がまったく違って、元気な感じ、しっとりした感じ、強さのある感じなど、いつもめくるのが楽しみです。

004

カレンダーはこのような形で一部ずつタトウに入れて販売されています。
ピシッとしていてかっこいいんですよね。
贈りものなどにも喜ばれるのではないでしょうか。

 

005 (2)

向こう岸のススキの一部分にだけ光が当たってきれいだったんですけど、残念ながら伝わらない…
明日の天気予報は変わらず晴れ。
予想最高気温は19℃ということですから日中はあたたかそうですね。
とはいえ油断しないで過ごしましょう。
ともかく栗が楽しみです!笑

2018年11月3日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

『四月と十月』が届いています。そして、ひと月前の紀行文。

明日10/24(水)は臨時休業となります。
明後日10/25(木)は定休日、ということで連休となりますのでよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

003

『画家のノート 四月と十月 Vol.39』が届いています。

4月と10月の年二回発行される『四月と十月』。
全体の3分の2くらいが【アトリエから】ということで、画家や写真家など20名ほどが、作品の写真や日常などを綴った文章が見開き2ページずつで、気軽に読むことができます。
後半の3分の1くらいは連載が多く、37号から始まった、川向こうの喫茶carta・加賀谷真二さんの【野球】も毎号の楽しみになっています。
ほかにも文筆家の木村衣有子さんや、cartaさんで演奏会などされる青木隼人さん、ハルカナカムラさんなど、盛岡とご縁のある方々の連載も。
よかったらぜひお手に取ってみてくださいね。

当店がご縁のある方といえば、『四月と十月』の発行人である画家の牧野伊三夫さんがそのお一人。
2010年の開店当初から『四月と十月』を取り扱いを始めて、2012年に突然牧野さんがひめくりに現れ、2013年には【モリブロ】という本のイベントにゲストで来盛するのに合わせて、ひめくりで牧野さんの展示をさせていただいたりしまして、その後も北への出張の合間に立ち寄ってくださったり、私が東京に行った際に偶然ばったり出会ったりと、なんだかんだで時々お会いできる機会があってうれしい限りなのですが、そんな牧野さんの展示が先月東京に日帰りで行った際にちょうど観に行くことができまして、9月28日のブログに「紀行文はまた後日…」と書いた紀行文を今日書こうかなぁと思うわけであります。
前置きが長い!笑

9月下旬は毎年行っている、お世話になっている方々が多数参加されている銀座松屋の手仕事直売所の開催時期。
今年は行ける日が展示の合間の定休日しかなく、ギリギリまで行くかどうしようか悩んだものの、やっぱり行ってよかったのでした。

42825745_2151841531742269_1155236264346124288_n

朝はめずらしく出発時間の10分前には新幹線に乗車。
そして余裕のドトール(笑)

42785611_2151841568408932_4059290526229200896_n

夏に展示でお世話になった坂本千明さんをお誘いして、有楽町で待ち合わせ。
福光屋という金沢の老舗酒蔵の丸の内店で牧野伊三夫さんの展示を観に行きました。

42861233_2151841638408925_4870422063883485184_n

福光屋さんのお酒のラベルデザインのお仕事などをされていて、その原画や「小松砂丘へのオマージュ 九谷焼 徳利、盃など」と題された展示を拝見。
牧野さんが絵付けをした九谷焼がすごい数あって、何か買いたいけどひとつひとつ手描きで全部違うので迷う!というわけでかなり店内をグルグルしたような気がします(が店員の皆さん、やさしかった!)。

42805510_2151841601742262_907041228275580928_n

店内でお酒をいただくこともできるようで、カウンターがありまして、その向こう側には牧野さんの大きな絵がかっこよく飾られていました。

42851132_2151841671742255_6961620972923256832_n

その後、銀座松屋に移動して二人で5時間(!)、あれもいい、これもいい、あぁどうしよう、とりあえず会場をじっくり見ながら一周して、一度落ち着いて考えようということになり、いりこが入っておいしそうなうどんを食べました。

42805471_2151841701742252_8297647172560617472_n

その後もさらにグルグル、どうしますか決めますか、決めた!、え~どうしよう、などと言っているうちに時間はあっという間に過ぎ、会計を済ませ足が棒のようになった私たちは会場内に出店されている福光屋さんのソフトクリームによって復活を遂げたのでした(笑)。

42807669_2151841725075583_4035818091869896704_n

松屋を出たら、外はすでに暗くなっていました。
キラキラした街・銀座ともお別れ。
坂本さんが「今夜の夕飯はすき焼きに決まりました。」なんて言うもんですから私もすき焼きが食べたくなってしまい…

42900089_2151841771742245_1322634775076274176_n

東京駅で浅草今半のお弁当を買ってしまいました(笑)。
左のは「もろこし揚げ」という練り物系。右のはビール(ってわかりますよね。笑)

この日は夜8時台の新幹線に乗るつもりでしたが、7時台に早めるという、朝に引き続きなんかちょっと余裕の日帰り旅でした。
日帰りはちょっともったいない気もしますが、猫たちのことを思うと気が楽というか、ごめんねって思いが少なくて済むというのを今回も実感…。
次はいつ行けるかわかりませんが、何はともあれ、半日お付き合いいただいた坂本さん、ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

坂本千明さんといえば、明後日10/25(木)から札幌で個展が開催されます。
このブログを読まれている方に札幌や北海道(広いな…)にお住まいの方は少ないかもしれませんが、ご案内を。

c0138553_18503115

『文脈』坂本千明 紙版画作品展 × 『退屈をあげる』原画展

2018年10月25日(木)〜30日(火)
12:00〜18:00 ※会期中無休

CONTEXT-S 札幌
〒064-0921 札幌市中央区南21条西8丁目2−10
TEL 011-512-5960

これまでも原画と共に旅をしてきた駒ヶ嶺三彩さんのオブジェやブローチ、寅印菓子屋さんの猫のお菓子も登場するそうです。
お近くの方はぜひ。

 

当店オリジナルカレンダーも販売スタートしました!

004

本日より当店オリジナルカレンダーも販売スタートしました!
例年同様、さいとうゆきこさんのイラスト・デザインによる『モリオカノオト』です。
あっという間にという感じではありませんが、2018年版もなんだかんだで完売しました。
毎年楽しみにしているという方はお早めにどうぞ。
あ、ひもは付いていません。
穴はあいていますので、そのまま画びょうで留めるも良し、ひもを付けて飾るも良し。
今回もまた、めくるのが楽しい、盛岡のどこかを切り取った絵が満載です。
すべての絵をお見せしたいところですが、そこはもったいぶってやめておきますね(笑)
ぜひ店頭で、めくってみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週は10/17(水)と10/18(木)が定休日です。
そして週末の10/21(日)は、あのパン屋さんの出張販売🍞
どうぞお楽しみに~!

 

2018年10月15日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

kanaexpressさんのポストカードが届きました。

002

kanaexpressさんのポストカードが届きました。
手前の2点、文鳥とオークリーフは初登場です。
人気のアボカド、秋っぽいリンゴやきのこ、そして冬っぽいものまで…。

以前もご紹介したことがありますが、kanaexpressさんのポストカードは一枚一枚消しゴムはんこを押して作られています。
なので、同じ絵柄を見比べてみると重なりの微妙なズレなどがわかり、本当に一枚一枚押しているんだ…っていつも途方に暮れそうになります(笑)

005

100枚メモsetも入荷しています。
いろんな絵柄がランダムに100枚入ったメモset。
8cm角サイズなので、ひと言添えるのに便利なのでは。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

025

昨夜は閉店後にさいとうゆきこさんと内職作業。
来年のオリジナルカレンダー『モリオカノオト』は、明日10/15(月)から販売します!
つい先日決まったらしい祝日は反映されていませんが💦
どうぞよろしくお願いいたします!!

 

2018年10月14日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

ますこえりさんのポストカード。

002

品切れ中のものが多かったますこえりさんのポストカード。
ドドンとまとめて入荷しまして、手前の2種類は初登場です。
サイズがちょっと変形(短辺が通常よりも短い)でかわいい。
人気の「ビール冷えてます」ポストカードは、これからの季節は夜バージョン(写真真ん中)の需要が増えると思われ、多めに入れました(笑)。

今回より、ポストカードの価格が変わりました。
1枚194円(税込み)となります。
よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

003

何度かお知らせしていますが、いつもは毎週木曜と第1・第3水曜が定休日のところ、今月はすべての水曜と木曜を休みとさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

【10月の予定】
10/10(水)臨時休業
10/11(木)定休日
10/13(土)ひめくり前で、ちえみ食堂(cafunēさん)の「芋の子会」
10/17(水)定休日
10/18(木)定休日
10/24(水)臨時休業
10/25(木)定休日
10/28(日)町分マルシェ出店のため休業  町分マルシェHP→ 
10/31(水)臨時休業
11/1(木)定休日

 

 

2018年10月7日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

坂本千明さんのカレンダーが届きました。

001

坂本千明さんのカレンダーが届きました。
A4サイズのカレンダーを折りたたんだもの(右上)が、10cm四方くらいのタトウに入っています。
広げると一年分がまとまった一枚物のカレンダーなのですが、あえて見せずにご紹介。
店頭ではちゃんと全体を確認できますのでご安心ください(笑)。

 

世の中また三連休ですね。
多いですね。
別にいいですけどね。

一週間後、来週10/13(土)は店の前で芋の子会ですよ!
cafunē店主のちえみさんが作ってくれる芋の子汁とおむすびを中津川を眺めながらいただいちゃってください🍙🍙🍙
店の開店時間と同じ10:30から始めます。
なくなったら終了となりますのでご了承ください。
よっぽどの悪天候にならない限りは外で、場合によっては店内にスペースをご用意しますので、土曜日の遅めの朝ごはん、もしくは早めの昼ごはんは【ちえみ食堂】へぜひお越しください。

 

オガサワラユウダイさんのカレンダーが届きました。

001

オガサワラユウダイさんのカレンダーが届きました。
その年ごとにテーマを決めて作られているユウダイさんのカレンダー。
2019年のテーマは【ことわざ】だそうです。
表紙は<二兎を追う者は一兎をも得ず>。
毎年のことながら、イラストに添えられているユウダイさんの言葉がスッと入ってくるんですよねぇ…。
例年と同仕様で、月ごとにめくるタイプ。
日付のほうは予定が書き込めるので、使いやすさ◎です。
ここ数年は完売が続いていますので、毎年コレ!と決めている方はお早めにどうぞ~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

43139645_2395607660480086_815725627947614208_n

昨日は石井県令邸で開催されているエントワインに行ってきました。
今年で4回目だそうですが、新しい出展者さんも多くて見ごたえがありました。

43103013_2395607723813413_1428077983129665536_n

当店でもお世話になっている渡邊葵さんも初出展。新しいアクセサリーもいろいろありましたよ~。

43121746_2395607787146740_7955721072324640768_n

昨日は商談向けの日でしたが、今日と明日はどなたでもお買い物を楽しめるそうです。

43101772_2395607843813401_726822897296867328_n

時間帯によって、窓から入る日差しがとてもよい雰囲気に。

43199607_2395607930480059_5596843029550858240_n

窓から見える植物の感じも好きです。

43035782_2395608007146718_6813233241575653376_n

蔦が見事に絡まった古い洋館。とてもすてきな場所です。
足を運んでみてはいかがですか?

entwine(エントワイン)HP→ 

 

新しいカレンダーのご紹介と、錆びて見えても大丈夫、な話など。

001

企画展などでお世話になっている画家の樋口佳絵さんを通じて、cat and dog and me事務局が制作した来年のカレンダーが届きました。
こちらは、表紙に<収益金は犬猫のボランティア活動や愛護団体にお届けし、犬と猫とひととの幸せな暮らしにお役立て頂きます。>と書かれている、チャリティーカレンダーです。

002

ひと月ごとにめくっていくタイプで、どこかに必ず犬や猫、もしくはそれを思わせる何かが描かれています。
最後に一枚、新しいページが加わったようです。
【知ってほしい 犬と猫と人のこと】と題して、一緒に考えてみませんか?という内容を5つの項目に分けて、わかりやすく書かれています。
こちらもぜひお読みいただければと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

006

4年前の大益さんの個展の後、我が家にやってきた「ぽっとっとB」。
蓋を置く部分のフチや、底の部分は茶色くなっています。
錆びて見えると言えば見えますが、このくらいの変化は普通のことで、何の影響もありません。

009

見えますかね~、内側に茶色い斑点みたいなのがあるの。
奥にピントを合わせられないのでぼんやりしていますが。
こういうのが中にいくつかありますが、これもまったく問題なしの状態です。
問題がないというのは、沸かしたお湯は透明で、味も匂いも鉄くさくない、まろやかな美味しいお湯だから、ということです。
使っていくうちにこのように変化してきても、内側をたわしでこすったり、「鉄が錆びたら油を塗るんだっけ?」などと自己判断をして塗ったりしないこと。
色、味、匂いに変化がなければ、気にせずに使い続けること。

この話を、私はこれまで何回したのか、もうわからないです(笑)
今回、展示を見に来てくださる方の中にはブログを読んできてくださる方が多くて、「お湯が熱いうちに鉄瓶から出し切って蓋を開けて乾かせばいいんですよね?」という感じに確認される、という場面が多くてとてもうれしいです。

011

さらに裏側、というか底のほうをお見せしちゃうとこんな感じです。
私はガスでお湯を沸かしているので、火力を小さめにしているとはいえ、多少本体に火が回り込んでこんなふうに変化しています。
IHの場合は熱が当たるのは底の部分だけなので、茶色くなるのは底部分だけだそうです。

錆びて見えても美味しいお湯が沸いているなら問題なし!
経年変化を楽しむぞ!というおおらかな気持ちで長く使っていただけたら幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もいくつかの鉄瓶をご紹介したいと思います。

006

鉄瓶「たまごもん」1.2リットル。
本体にはポコポコ“たまご”、蓋のツマミは“ひよこ”、反対側にはなんと割れたたまごの殻がひとつだけ混ざっていたりして、大益さんの遊び心が表れている作品です。

005

「肩衝型鉄瓶」1.5リットル。
写真ではまたまたサイズ感がわかりませんが、大益さんの鉄瓶の中ではまぁまぁ重量級です。
重さという意味でもですが、容量も大きいほうですね。

004

「丸富士型跳兎紋鉄瓶」0.7リットル。
写真では大きめに見えるかもしれませんが、小さめです。
正面には飛び跳ねる兎と満月、蓋のツマミはどんぐりでとてもかわいらしいですね。

鉄瓶屋さんでは、鉄瓶が右向きに並んでいるのをご存知でしょうか?
お茶を入れる際に、相手の方に正面が見えるように作られてきたのだそうです。
右利きを前提に考えてしまうと、使う時は注ぎ口が左に来るのになんで右向きに並べられているんだろうと思ったらそういう理由があったのを、店を始めてから知りました・・・。

【鉄瓶のある暮らし】
森のてつびん屋 鉄瓶工房髙橋 作品展

会期はいよいよ明後日10/2(火)までとなりました。
最終日は16時閉店となりますので、お気をつけください。
明日明後日も、皆さまのお越しをお待ちしております。

 

 

 

坂本千明さんの新作ポストカードが届きました。

003

坂本千明さんから、新しいポストカードが届きました。
左のキジシロ猫が初登場。
右の煤ちゃんは先日の展示会期後半に加わったポストカードです。

展示の際、ポストカードをお買い上げのお客さまも多く、会期中に追加したにもかかわらず最終日には欠品してしまったものもいくつかありました。

002

ですが、あらためて追加をしていただきましたので、今はこのとおり。

坂本さんの著書『退屈をあげる』(青土社)のサイン本も届いています。
読んでみたいなぁという方はぜひお手に取ってみてください。
本の原画展が昨日から名古屋のカフェ・シャトンルージュというところで開催されています。
その後は札幌での展示を予定しているとか。
このブログを読んでくださっている方にはお近くの方はいらっしゃらないかもしれませんが、猫好きの知り合いが近くにいる!なんてことがありましたらぜひご案内ください。

展示終了後に額装作品のお渡しを約束させていただいた遠方の方や、最後にシート作品の通販を承った皆さまのお手元にも無事に作品をお届けできました。
シート作品が届いた方からは「版画に合う額縁を探すのが楽しみです」といったようなメッセージを多数いただき、喜んでいただけてよかったなぁとしみじみ感じています。
いろいろな方に、そして猫たちにも、ありがとうございました。

2018年9月2日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

新しい本が届いています。

001

約2年ぶりの発行にして、おそらくは最終号になるであろうという『こけし時代』の14号が届いております。

内容は、系統外のこけし、雑系と呼ばれている独立系こけしの特集で、スペシャル付録は、沼田元氣撮り下ろし中ノ沢系たこ坊主こけし写真集と、山の版画家・畦地梅太郎氏「きこり」ポスターの二大付録となっています。

号を重ねるごとにボリュームアップされて厚みも重みも増していった『こけし時代』。
前号と比べれば厚みは減ったものの、それなりにかなり重いです。
想いがぎっしり詰まっている一冊ということでしょう…

003

先日の二人展に合わせて、ナナロク社さんの本をいくつか入れました。
右下の本『猫はしっぽでしゃべる』(田尻久子著)の装画を坂本千明さんが手掛けられたということでこちらを注文しようと思ったら…
どうしても実物が見てみたいなぁという装丁に惹かれた谷川俊太郎さんの本や、坂本さんが「おもしろい!」とおっしゃっていた本(左上)、抜けた笑いがこみ上げてくる本(右上)がどうにも気になって一緒に注文しました。
手前の2冊はすぐに売り切れてしまいましたが、奥の2冊はまだ在庫がございます。
よろしければお手に取ってみてください。

003

明日8/29(水)は休みをいただきます。
明後日8/30(木)は定休日です。
よろしくお願いいたします。

 

 

2018年8月28日 | ひめくり日記, 本・紙もの