本・紙もの

4年ぶりの型染め暦

012

山元かえさんが型染め暦を4年ぶりに制作されました。
ご出産や子育てでお休みしていましたが、合間を縫っての制作を少しずつされています。
夏のTシャツ展にも参加いただいていますが、おつきあいのきっかけは型染め暦でした。
ひと月ごとにめくるタイプで、表紙はナシ。
どの月もいい味出しているのですがまたもや載せないでおきます(笑)。
かえさんのブログを見ていただくとばっちり載っていますので、
ほかの月も見たい方はぜひそちらをご覧ください。
サイズは以前より小さくなってB6ぐらいの大きさです。

 

今日は少し寒く感じました。
足元に電気ストーブを置いて過ごしているのですが、今日はエアコンのスイッチをピッと押しました。
今シーズン、初エアコン。
とはいえ今からポカポカにあっためたら冬を乗り切れないので設定温度は低めで。
明日は今日よりほんの少しあたたかくなりそうな予報です。あ、そして、アンチック市の日です。
月に一度の「奥州街道 紺屋町アンチック市」は来月が年内最後の開催。
ぜひ、足を運んでみてはいかがですか?
でもってその後はぜひひめくってくださいませ。
開催中の盛岡スヌードの受注会は10/17(火)までですよ~!

あったかそうな写真を撮ろうと思いまして…
皆さんの盛岡スヌードを“寄り”で撮りました。

005

舞良雅子さん

 

009

森由美子さん

 

010

植田紀子織物工房さん

 

007

田中祐子さん

 

006

みちのくあかね会さん

 

004

中村工房さん

 

008

蟻川工房さん

 

いかがですか?
手織りのやさしさあたたかさ、少しは伝わるとうれしいのですが…

では、明日もお待ちしております!

 

 

 

一週間後のこと+坂本さんのカレンダー情報など。

him_201710-01

一週間後の10/20(金)からは久保田健司さんの個展です。
深まっていく秋にぴったりな雰囲気の展示になる気がしてなりません🍁
見逃したくない!という方は予定の確認をお忘れなく~!

 

005

坂本千明さんから、カレンダーと猫版画(はがきサイズ)が届きました。
手前真ん中あたりのクラフト紙の包みの中に、A4サイズのカレンダーが折りたたまれて入っています。
例年どおり一枚もので、紙版画で刷った猫たちを元原稿にして印刷されています。
中身は見てのお楽しみということで、あえて載せません(^_^)
って言っても坂本さんのブログなどを見ればババンと載っていますので、
見たい方はぜひそちらでご確認ください。

カレンダーの左側や奥には、はがきサイズの猫版画。5種類、各2枚ずつ届きました。
手前の子は子猫っぽく見えますが、おばあちゃん猫の「チビ先輩」。
サバトラのかわいこちゃんです。
(※坂本さんよりご連絡いただきまして、おばあちゃんではなくおじいちゃんだそうです(笑)
思い込みで書いてしまいましたがどっちにしてもかわいこちゃんであることには変わりナシ)
ほかは坂本さんの先代猫、ハチワレの「楳」さん。
そして、手前左にちらっと見えるのは、楳さんが主人公の坂本さんの著書『退屈をあげる』が
まもなく出版社より刊行されるということで、そのお知らせとなっております。

007

こちらは坂本さんが自費出版をした私家本『退屈をあげる』。
ご自身で印刷などの手配をして、本の注文を個々に受け、発送をして…
第四刷(増刷を3回して)、合計で2,000冊が完売。これは本当にすごいこと。
数的なこともそうですが、一人でいろいろやるのは本当に大変なことです。
楳さんに対して、今一緒に暮らす墨と煤に対して、
そしてすべての猫に対しての想いがあればこそ成しえたのではないかなぁと思います。
その結果、なんと出版社からの刊行が決定。これもまたほんとにほんとにすごいことです。
出版社から本が出るということは流通にのって書店などで販売される…
より多くの方の目に触れ、手に届くということになります。
近くに売っているお店がなかったという方には朗報ですね。
とはいえすべての書店さんで取り扱いがあるということではないかもしれませんが、
取り寄せをお願いすることが可能なところが多いのではないかなと思います。
ついつい説明が長くなってしまいましたが、当店でももちろん販売をしますので、
よろしければぜひお手に取ってみてください。
10月25日刊行予定、装丁は盛岡市出身の名久井直子さんだそうです。
いただいたご案内の中に書かれている、坂本さんの言葉をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年冬、一冊の小さな本を作りました。
私と猫の、ごくごく些細な日々を綴った本です。

思いがけなく多くの方々の手に渡り、
小さな本は様々な声に形を変えて、
私の元に帰ってきてくれました。

2017年秋、新たな形となった本が
再び飛び立ちます。

一冊一冊が、その手に届きますように。

坂本千明

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話はガラッと変わりますが、
昨日の岩手日報 週刊 いわてTVガイドに掲載いただいただきました!

001

2面は平泉の「せき宮」さん、3面が当店で
“ショップオーナーおすすめの岩手の工芸品”というテーマで組まれた特集です。

ちょっこっと書かれていますが、
私が工芸品に興味を持つきっかけになったのが「せき宮」さんで買ったうつわだったので、
こんな形でご紹介いただけるというのはなんだかとてもうれしかったです!

004

その時買ったのは陶來さんのマグカップでした。
当時は店を始めるなんて思ってもいなかったし、陶來さんの名前も覚えていませんでしたが、
その後、前職の取材先として陶來さんを訪れたり、さらには今は仕事でお世話になっているという、
なんとも不思議なご縁というか、つながりがあるもんだなぁと思います。
マグカップは今も愛用しています!

2017年10月13日 | 日々のこと, 本・紙もの

 

ユウダイさんのカレンダーとフロランタン入荷のお知らせ。

今日から三連休の方も多いのでしょうか。
朝からシトシト雨降りであいにくのお天気ですが、
あちらこちらでイベント盛りだくさんで、どこに出かけるか迷いますね(私は出かけないけど…)。

012

当店では「Morioka Snood 2017 新作受注会」を開催中です!
一部、即売可能な盛岡スヌード(2016年モデル)もございます。
ぜひお気軽にお試しください。

 

またひとつ、来年のカレンダーが届きました!
毎年人気のオガサワラユウダイさんのカレンダーです。

005

テーマはなんと【日本昔話】。
知らないお話もあったりして、ユウダイさんにかいつまんで教えてもらったら、
ひえ~そんな話なんですかぁぁとなってみたり、
絶対読んだことのある話でも忘れてしまっていたり。
例年完売しておりますので、これと決めている方はお早めにどうぞ。

004

店内奥のレイアウトはこんな感じで、なんとなくコーナーに棚を置いてみたらちょっと新鮮。
一番右の棚にはカレンダーコーナーと坂本千明さん、さいとうゆきこさんの紙ものコーナー。

 

003

コトブキファームさんの「くるみのフロランタン」の販売を再開します!
くるみとバターでさっくり仕上げたフロランタン。
暑い時期はバターが溶けてしまうのでお休みしていましたが、
気温が下がってきたのでもう大丈夫!ということで約4カ月ぶりの入荷です。
これからの季節、温かい飲みものと甘いお菓子で楽しむ時間のお供におすすめです。

 

明日明後日はお天気が回復しそうですね。
よい休日を。

2017年10月7日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

盛岡スヌードの新作受注会と、『モリオカノオト』の販売が始まりました。

013

本日より、まちの編集室主催の【盛岡スヌード】新作受注会がスタートしました。
会期中にご注文いただいた盛岡スヌードは、11月後半以降のお渡し予定ですので、
さむ~い真冬に間に合いそうですね。

見に行きたいけど行けない…という方は、
まちの編集室のサイトから詳細を見ることができますのでコチラをどうぞ。

(恐れ入りますが、お支払い方法は現金のみとさせていただきます。
ご注文時に内金をご入金いただき、残金をお渡し時にお支払いいただくか、
お渡し時に全額をお支払いいただくか、いずれかでお願いいたします。)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

話は変わりまして。
当店のオリジナルカレンダーが完成しまして、本日より販売スタートです!
さいとうゆきこさんのイラスト・デザインによる『モリオカノオト2018CALENDAR』。
2カ月ごとにめくるタイプです。盛岡のどこかの風景を切り取って描かれたモリオカノオト。
ぜひご覧いただければと思います。

016

さいとうゆきこさんは今日と明日の二日間、仙台のサンモール一番町商店街アーケードで開催される
仙台・杜の都のクラフトフェア」に参加されるそうです。
ご紹介したカレンダーも販売します。
このイベントには、ガラスの和知篤司さんや、
フェルトのルームシューズを作られているDaisy Sheepさんなど、
お世話になっているお作り手の方々も参加されています。
お近くの方は足を運んでみては。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

019

窓際に下げているこちらのフラッグ、市内のあちらこちらで見かけた方もいらっしゃるかもしれません。
今年が3回目となる「Entwine(エントワイン)」という合同展示会の目印です。
衣食住ジャンルを問わず、東北を拠点に活動するブランドを中心に全国から約28社が集い、
昨日から始まって前半2日間はバイヤー向け、最終日の明日は一般の方も入場できるというもの。

こちらには、今年1月に受注会を開催した藤田美帆さんや、
企画展などでお世話になっている作家さんなども参加されています。
明日、お時間のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

合同展示会 entwain
会場/旧石井県令邸(盛岡市清水町7-51)
会期/一般の方向け:10/7(土)11:00~17:00

004

昨日行ったエントワインの会場にて。
熊谷 俊さんの作品を見ていたら影がすてきだったので、了解をいただいてパチリ。

 

カレンダー情報。

012

紫波町の小田中耕一さんによるデザイン・型染の
「2018年 手仕事フォーラム・カレンダー」が入荷しました。

ここ数年、年が変わる前に売り切れてしまうことが続いたので、今回はいつもより多く発注しました!
月ごとに日本の手仕事が描かれているこのカレンダーを、毎年楽しみにしている方も多いことでしょう。
使い終わっても絵のところを切って残しているという方もいらっしゃいます。
同じくカットして、ミニカードとして使っているという方も。
そのくらい、どの絵もすてきということですね。

 

009

雨の後。お隣さんのミズヒキをパチリ。
今日で9月も終わり。
店のカレンダーは一枚めくって10月に。
明日のお天気は良さそうですので、お散歩がてらお出かけください。

 

2017年9月30日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

ウールつながりで…

006

坂本千明さんから新しいポストカードが届きました。
ほかのポストカードと同様、紙版画の作品をもとに印刷されています。

気持ちのいい今の季節が長く続いてほしいところですが、
イヤでもセーターの恋しい季節が来てしまいますね。
これからの季節のお便りにおすすめのポストカードです。

セーターといえばウール、ウールといえば羊…🐑
ということで、中村工房さんのカラフルな「羊ちゃん」も並べてみました。
赤いのはコチニールで染めた羊毛で作られた羊ちゃん。なんかスペシャルな感じ(笑)
白や茶のナチュラルな羊ちゃんもいますよ~。

今週は9/28(木)が定休日です。
明日は営業しております!

 

 

2018年カレンダー。

明日からは9月の最終週。
早いですね…残すところ2017年はあと3カ月となってしまいました。
まだ少し早いかな~という気もしつつ、2018年のカレンダーを随時ご紹介していきたいと思います。
今日はトップバッターのこちら。

004

cat & dog & me 2018 calendar

制作はcat & dog & me 事務局、イラスト・デザインは樋口佳絵さん
添えられている文章をそのまま掲載します。

 

犬と猫と人とが幸せな暮らしを考えてみませんか?

大切な家族の一員として暮らしている猫や犬。
そうではない猫や犬。その違いはなんでしょう。
『私たち人間がもう少し知ることで 幸せな猫や犬が増えればいいな』
そんな気持ちで [Cat and dog and me] を企画いたしました。
このカレンダーの収益金は、動物管理センターや愛護団体にお届けし
犬と猫と人との幸せな暮らしにお役立て頂きます。

 

樋口佳絵さんには、Tシャツ展などいろいろな企画展に参加いただいています。
そんな樋口さんは以前から、ライフワークとして猫の保護や里親探しを続けていらっしゃいました。
昨年より、 [Cat and dog and me] のイベントやカレンダーの制作などを通じて、現状を知ってもらったり、
考えてもらったりするきっかけのひとつになるようにと活動に力を注がれています。

人の身勝手で捨てられた犬や猫が殺処分されたり、
ブームの背景にはビジネスに徹した繁殖があったりと、
残念ながら悲しい現実が身近なところで繰り返されています。

そういったことが少しずつ減っていくこと、いつかはなくなることを願って、
自分なりにできることをやれたらなと思います。
作家さんたちが、それぞれの気持ちで形にしたものを、
皆さんに見ていただいたり、まずは知っていただく場所のひとつになることかな、と。

カレンダーの右側には、一緒に届けていただいたフリーペーパーで
どい かやさんの作っている『ペットショップにいくまえに』、
左側には坂本千明さんの作った『ねこの室内飼いのススメ』を置きました。
伝える内容は違いますが、犬や猫が幸せに暮らすことを願うという意味で
どちらも多くの方に手に取っていただけたらうれしいなと思います。

002

ひと月一枚タイプですので、毎月めくるのが楽しみですね。
さてこれは何月でしょうか。めんこいですよ~。

 

この後少しずつ、カレンダーが届くと思います。
当店オリジナルのカレンダーも10月上旬完成を目標に、さいとうゆきこさんががんばっています。
がんばれ、ゆきこさん!(=゚ω゚)ノ

005

紅葉は見事ながら花の咲かなくなったスモークツリー。
そのことを花屋さんに話したら、根詰まりしているんじゃないかとのこと。
ここに置いている間に植え替えをしてあげたい…。

 

 

2017年9月24日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

坂本千明さんの版画作品のご紹介。

明日9/3(日)は都合により13時オープンとさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

012

届いてから少し時間が経ってしまいましたが、坂本千明さんの紙版画作品「こけし」をご紹介します。

江戸時代末期頃から東北各地の温泉地で土産物として売られるようになったというこけし。
鳴子系とか津軽系とか、それぞれ顔やバランスに特長がありますが、坂本さんが描いたのは南部系。
花巻や盛岡などで作られ、「キナキナ」とも呼ばれる南部系こけしは、
よその地域には見られない、無地のものが多いのが特長だそうです。
と、こけしのお話はこのくらいにして、坂本さんの作品のことを。

絵みたいに見えますが、版画です。何度刷りを重ねているのか見当がつきません。
木目や光の当たり具合など、どうしてこんなふうにできるのか…

013

額装作品のほかに、シート違い、刷り色の違う作品もあります。
雰囲気がまた違いますね。

005

器モチーフの紙版画作品と並べて展示しました。
右はハナレ木さんのフレームに入れて飾ってみました。
ぜひ、ご覧になってみてください。

 

先日書いた、どうでもいいような話の続き。

003

ようやく「ナス」から「オス」になりました。

2017年9月2日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

『てくり24号』入荷しています!

今日は休日なのか平日なのかわからない不思議な感じの一日。
8/11(金)からカレー皿展×Tシャツ展が始まって昨日までがバタバタ過ぎたので、
今日もお客さまはいらっしゃるもののなんか余裕~
なんて思っていたらギフトが続いて汗💦みたいな…(^_^;)

さて、ご紹介したいものがいろいろありますが、今日はこちら。
まちの編集室から『てくり24号』が出ました!

009

特集は、「マメなはなし。または、珈琲豆と枝豆と。」
表紙は桜山の『六月の鹿』。
時々行くお店や、時々会う犬(「もりおかわんこ」のページ)が載っていて、楽しく読みました。
コーヒー好き、喫茶店好きの方にはおすすめの一冊です。

 

026

昨日の実演プリントした一枚。紙町銅版画工房さんのイラストは星座です。

 

 

 

 

山元かえさんの「すうじ表」。

003

山元かえさんの「すうじ表」が届きました。

小さなお子さまのいらっしゃる山元かえさん。
娘さんのために「すうじ表」を探したけれど、なかなかコレ!というのに出合わず、
それなら自分で作ってみようと思って作られたそうです。

こういうので数字を覚えたりしていくんですね。
自分がどうやって覚えたのかって記憶にないし、
どう覚えさせるのが一般的なのかもわからないのですが、
これは部屋の中に貼っていても子どもっぽくなくていいな~、
こういうのが欲しいお母さんもいるんじゃないかな~
そう思ったので、販売することにしました。

サイズはB4、厚めの紙に印刷されています。
プレゼントにもいいような気がしますが、いかがでしょうか?

 

2017年7月10日 | ひめくり日記, 本・紙もの