お知らせ

1/26 旧暦の書初めワークショップ

005

旧暦書初めのワークショップ

毎年、旧暦のお正月前後に開催している書家・伊藤康子さんによる書初めワークショップを開催いたします。
小学校以来やったことがない、という方でも大丈夫。
筆と遊ぶ、墨を楽しむ、ちょっといい時間になると思います。
自分の書きたい字を書いていただきます。
お道具などは不要ですので、お気軽にぜひご参加ください。

日時:2019年1月26日(日)
①13:00~ ★定員となりました★
②16:00~ ★定員となりました★
参加費:2,500円(お茶とお菓子つき)
定員:4名様(先着順、要申込)
所要時間:2時間程度

ご希望の方は当店HPの【お問い合わせ】からお申し込みください。
自動返信後、一両日中にあらためて返信をいたします。
こちらからのメールが届かない場合はお手数ですがお電話にてご確認ください。
なお、お電話でのお申し込みも受け付けます(019-681-7475)。
皆さまのお申し込みをお待ちしております。

【ご参加いただく方へ】
・書きたい言葉をご用意ください(長文は不可)
・お手本やお道具はご用意致します
・墨が付いても大丈夫な服装でお越しください
・お車の方は最寄りのパーキングをご利用ください

083 (2)

書きたい言葉は人それぞれ。
目標や好きな言葉など、書いてみませんか?

2019年12月14日 | お知らせ, ワークショップ

 

1/3-6 ヤンマ産業 夏に間に合うリネン展

ヤンマ4C面

夏に間に合うリネン展

2020/1/3(金)~1/6(月)10:30~18:30

リネンのお洋服の受注会です。
トップス、ボトムス、ワンピース etc.
オーダーいただいたお洋服は、リネンが着心地いい6月末にお渡し予定です。
お時間をいただきますが、夏をイメージして、ぜひ足をお運びください。
※ヤンマスタッフは在店しませんのでご了承ください。

 

【ラインナップ】(予定)

■トップス

ニュースクエアシャツ
ニュースクエアシャツ長袖(モデル着用)
リネンカッターシャツ
会津木綿カッターシャツ
リネンスタンドカラーシャツ
リネンバックギャザーシャツ半袖
リネンバックギャザーシャツ長袖
丸首シャツ小襟 長袖
丸首シャツ小襟 半袖
Vネックシャツ
サイドギャザーシャツ
バルーン袖シャツ

■ワンピース

XラインワンピースL丈
リネン襟付き切り替えワンピース
リネン丸首ワンピース
リネン襟付き胸タックワンピース

■ボトムス

リネンキュロットパンツ
リネンタックスカート
ギャザースカート
ギャザースカート丈10㎝プラス
ロングキュロットパンツ

 

受注会では先払いをお願いしております。
また、カードでのお支払いについては【一回払い】のみとさせていただきます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

2019年11月25日 | お知らせ, 展示会情報

 

12/13-25『庭とエスキース展』めぐり

エスキース展資料3

奥山淳志『庭とエスキース』出版記念
【庭とエスキース展】めぐり

写真家・奥山淳志さんの著書『庭とエスキース』出版を記念して、中津川を挟んで紺屋町と内丸の3会場で、奥山さんの写真や「弁造さん」のエスキースを巡りながら鑑賞することが出来る展示イベントです。
併せて、盛岡開催記念トークイベント「庭とエスキースと弁造さんのこと」も開催されます。

L1560978

会期:12月13日(金)~12月25日(水)
会場:3カ所同時開催 ※営業時間・休みは異なります
〔BOOKNERD〕紺屋町6-27 TEL:019-677-8081 営12:00~19:00 休12/17(火)・24(火)
〔shop+space ひめくり〕紺屋町4-8 TEL:019-981-7475 営10:30~18:30 休12/19(木)
〔Toast/Cyg art gallery内〕内丸16-16 大手先ビル2F  TEL:019-681-8089 営11:00~19:00 休12/18(水)

 

エスキース展資料2

北海道の新十津川に丸太小屋を建て、独りで自給自足の生活を営んでいた「弁造さん」を14年にわたり撮影し続けた写真家の奥山淳志さん。自力で掘った池や果樹や野菜、うつくしい木々や草花に彩られた「庭」と、もうひとつの弁造さんのライフワークであった絵を描くこと。なぜ弁造さんは庭を作ったのか、なぜ女性たちの絵を描き続けたのか。弁造さんに魅せられ、弁造さんを通して人間の「生」に惹かれ答えを探し続けた日々を綴った奥山さんの写文集「庭とエスキース」を中心に、弁造さんのこと、庭のこと、エスキースのこと、そしてひとが生きるということについて奥山さんにお話を伺います。

ATSUSHI OKUYAMA-0379

日時:2019年12月15日(日) 16:00〜17:30
会場:BOOKNERD(岩手県盛岡市紺屋町6-27)
定員:20名
参加費:1,000円(六月の鹿のワンドリンク付き)
お申込:BOOKNERDのインスタグラムのDM、またはbooknerdmorioka@gmail.comまでお気軽にお申込ください。
(氏名・連絡先・参加人数をお教えください)
*お申込は先着順となります。

_1022401

 

 

2019年11月17日 | お知らせ, 展示会情報

 

11/8-19 さいとうゆきこ モリオカノオト原画展

himekuri2019_DM_omote

さいとうゆきこ モリオカノオト原画展

2019年11月8日(金)~19日(火)
10:30~18:30 ※最終日は16:00まで
作家在店日:11/9(土)・10(日)

 

さいとうゆきこさんの描き続ける盛岡の風景「モリオカノオト」。
毎年ご好評いただいている当店のオリジナルカレンダー(2020年版)の販売に合わせ、3年ぶりの原画展を開催します。
今回は、見慣れた街並み<紺屋町>にスポットを当てています。
さて、どんなふうに描かれているか、ご覧いただけましたら幸いです。
紺屋町の風景を楽しみながら、ぜひご来店ください。

 

2019年10月8日 | お知らせ, 展示会情報

 

11/1-5 しずく糸展 手織りと柿渋帆布バッグ

img874

しずく糸展 手織りと柿渋帆布バッグ

2019年11月1日(金)~5日(火)
10:30~18:30/最終日16:00まで
作家在店日:11/2・3

企画・お問い合わせ/しずく糸(高橋静子)

2019年10月8日 | お知らせ, 展示会情報

 

10/18-29 秋谷茂郎展

秋谷さん4C面

秋谷茂郎 展

2019年10月18日(金)~29日(火)
10:30~18:30 ※最終日は16:00まで
作家在店日:10/18・19・20
会期中の休み:10/24(木)

 

落ち着きのある、青や白のうつわを中心に、
しっとり、ぬくもりのある作品が並びます。
3年ぶりの個展です。皆さまのお越しをお待ちしております。

◎Mizusaki Noteの1Day Cafe
10月20日(日)10:30~17:00(なくなり次第終了)
奥州市のミズサキノートによる出張カフェ。
マフィンやスコーン、アップルパイなどが並ぶ予定です。
※秋谷さんのうつわに使われているりんごの釉薬は、及川りんご園の剪定木から作られています。

2019年9月17日 | お知らせ, 展示会情報

 

9/20-10/1 アキタノガラス

ガラス展DM

アキタノガラス

2019年9月20(金)~10月1日(火)
10:30~18:30 ※最終日は16:00まで

秋田市新屋ガラス工房所属作家および秋田市在住ガラス作家による作品展。
吹きガラス、キルンワーク、バーナーワークなど、様々な技法で生み出される、個性あふれる作品をお楽しみください。
皆さまのお越しをお待ちしております。

 

【参加作家】
小保内教裕(おぼないたかひろ)
熊谷峻(くまがいしゅん)
小牟禮尊人(こむれたかひと)
佐々木ちえ子(ささきちえこ)
佐藤裕実(さとうゆみ)
柴田有紀(しばたゆき)
田中里姫(たなかさき)
米山佳菜子(よねやまかなこ)
/以上、秋田市新屋ガラス工房所属

鎌田祥子(かまだしょうこ)/硝子工房窯硝
こむれみほ/Glass Studio Pronto
吉岡星(よしおかせい)

 

2019年8月14日 | お知らせ, 展示会情報

 

8/25 お茶を聴く会@ひめくり ―しゃおしゃんの気仙の新茶を聴く―

開店当初からお付き合いのある、しゃおしゃんさんによる「お茶を聴く会」を開催します。
ご興味のある方はぜひご参加ください。
以下、しゃおしゃんさんからいただいたご案内です。
少々長文となりますが、気仙茶のこと、「お茶を聴く会」のことを丁寧に書いてくださっていますので、お読みいただければ幸いです。

 

67466575_373335733381683_7543977263625142272_nお茶を聴く会@ひめくり―しゃおしゃんの気仙の新茶を聴く―

 

今年の5月31日と6月1日に、陸前高田と大船渡の茶の木の新芽を摘んで作った新茶を、何煎も重ねて飲み、静かに心身を澄ませて、お茶の声と身体の声を聴こうとする会です。
このお茶を存分に感じていただければ嬉しいです。お帰りには、お土産にこのお茶を差し上げます。
参加ご希望の方は、どうぞお申し込みくださいませ。

日時 8月25日(日)①10時30分~11時30分 ②13時30分~14時30分

会場 shop+space ひめくり(盛岡市紺屋町4-8 TEL:019-681-7475)

内容 今年のしゃおしゃんの気仙緑茶の新茶一種を、一時間かけて、6~7煎淹れて召し上がっていただきます。湯は南部鉄瓶で沸かします。お菓子はありません。

会費 2000円(1000円分のお茶のお土産付き)

定員 各回4名様くらい

申込 ひめくりまで(電話もしくはHPの【お問い合わせ】からメールにてお願いします)

 

67714368_445387752977455_7529530316491325440_n

《しゃおしゃんの気仙の緑茶について》

2004年、気仙に行けば大きな古いお茶の木があちこちにあるよ、と聞いたのをきっかけに、陸前高田に伺い、地元の方に茶畑を紹介いただきました。翌2005年春から、「以前は摘んで自家用にしていたが、摘まなくなって何年も経った」というお茶の畑数ヶ所で、新芽を摘んでお茶を作り始めました。
今年摘ませていただいた畑のうち、三ヶ所は、長年摘まなくなった畑で、持ち主の方のご了解をいただき、草刈り、剪定など手入れさせていただきながら、摘んでいます。また、一ヶ所は、持ち主の方が今も摘んでいますが、摘みきれないという部分を摘ませていただいています。
いずれの畑も、お世話になる段階で、周りの環境や、木や土の状態を見て、清らかなところだけに伺っています。
また、しゃおしゃんが摘むようになってからは、肥料と農薬は一切使っていません。
四ヶ所の畑の中には、樹齢が、持ち主のお話から推定すると100年を超えているところが二ヶ所、80年程度が一ヶ所、(ここまでの三ヶ所はいずれもいわゆる「在来」と呼ばれています)、それから、50年程度と思われるのが一ヶ所(やぶきた)です。
毎年、持ち主の方や、ボランティアで茶摘みに参加くださる仲間の皆さんと、楽しく丁寧に手摘みした後、翌日か翌々日にJAの製茶工場で製茶したのち、そのまま、または、しゃおしゃんの焙煎機で火入れして、ご紹介しています。
それぞれのご家族が、代々大切にしていらした古いお茶の木の持っている、小さくても、人里にあっても清らかな味わいを大切にしながら、美味しいお茶を作り、ご一緒にその良さを楽しみたいと思っています。

 

67694142_408231399811159_855898793529311232_n

《お茶を聴く会について》

例えば、音楽にも様々な楽しみ方があります。カフェの軽快なモーツアルトに、会話を弾ませる心地よさも格別な一方、コンサートホールのオーケストラには、誰もが言葉を発さず、そこに奏でられる音楽に耳を澄ませるでしょう。
音楽だけではありません。古刹の仏像の前に立つとき、多くの方は、言葉を出さず、静かに向き合い、見入ることでしょう。
お茶も、同じだと思います。
会話の潤滑油としてのお茶の楽しみは格別ですが、この会では、会話でなくお茶を中心に置き、静かに耳を澄まし、心を澄まして、一つ一つのお茶の味わいやメッセージを、受け取っていただきたいと思います。
きっと、感じられる味わいの豊かさと、飲み終えた後の心や体の変化には、喜びがあると信じています。
この会は、主客が一切言葉を発しないで進める「静寂の茶席」を中心におき、その前後の時間とともに進めます。
お菓子はありません。
試飲販売会としての性格もあわせ持ち、参加料は、ご購入いただく茶葉代金と、お茶講座料で構成します。
今年から始めた新しい試みですが、参加者の方々と一緒に、場を作っていきたいと思います。
ゆったりとお越しくださいませ。

67660809_667506287064860_5657693499135361024_n

 

 

2019年8月5日 | お知らせ, ワークショップ

 

8/9-20 Kagocco Pepin × HARAPPA

かごっこ×会津木綿

Kagocco Pepin × HARAPPA

 

2019年8月9日(金)~20(火)
10:30~18:30 ※最終日は16:00まで
会期中の休み:8/15(木)
作家在店日:8/11(日)・18(日)(Kagocco Pepinさん)

 

数年前に遠野に移住をして、胡桃のかごづくりをされているKagocco Pepin(かごっこぺぱん)さんと、福島・会津若松で、120年の伝統を築いた原山織物工場の会津もめんを受け継ぐHARAPPA(はらっぱ)さん。
いずれも昔から人々に愛されている素材を用いて、新しい試みにも取り組まれる二組の展示となります。
皆さまのお越しをお待ちしております。

(即売品もございますが、会期終了後のお渡しをお願いする場合があります。また、受注制作品もございます。ご了承ください)

2019年7月12日 | お知らせ, 展示会情報

 

7/5-16 久保田健司 展

くぼけんさん表

久保田健司 展

2019年7月:5日(金)-16日(火)
10:30-18:30/最終日は16:00まで
作家在店日:7月6日(土)・7日(日)
会期中の休み:7月11日(木)

 

栃木県益子町で作陶する久保田さんの、二年ぶりの個展です。
イッチンという技法で描かれた細やかな模様や、
躍動感のあるスリップウェアのうつわなど、
多くの作品が並びますので、どうぞお楽しみに。
皆さまのお越しをお待ちしております。

 

2019年6月10日 | お知らせ, 展示会情報