ひめくり日記

【旧暦の書初めワークショップ】の様子。

005 (2)

今日は、書家・伊藤康子さんによる【旧暦の書初めワークショップ】でした。
普段から康子さんが使っているお道具を使わせていただきながらの書初め。
参加される皆さんがいらっしゃる前のこの感じが、毎年いいなぁと思って写真を撮るのですが、今年はRさんに撮ってもらいました。

015

13時からの回が始まりました。
定員は4名でしたが、お一人多めにお申込みを受付けまして、5名での開催となりました。
ちょっと狭い思いをさせてしまったかと思いますが、皆さまご協力いただきありがとうございます。

026

半紙を前に墨を擦ります。
力まず、やさしく円を描くように…

012

準備運動が始まりました。
まずは右にまっすぐ線を引くところから。
これまた力いっぱいではなく、ゆっくり、というのが意外と難しかったりして。

016

その後も円を書いたり斜めの線を右に左に…と繰り返していくうちに、筆の動き方が少しわかってきたり思い出されてきたり。

027

康子さんによるお手本書き。
再びの「断捨離」…。前回とはひと味違う字を書かれています。

031

皆さんそれぞれ、お手本を元に練習したり、康子さんの二人場織指導(希望者のみ)が繰り広げられました。

034

恒例の記念撮影。
皆さんいい笑顔です✨

042

16時の回。康子さんのお道具を見るのも楽しく。
硯と墨の相性で、墨の質もいろいろなんだとか。

045

筆もいろいろ。太いの細いの、やわらかいのかためなの。
根元までたっぷり墨を含ませて書きましょうというのが康子さんの教えです。

049 (2)

こちらもニッコリ記念撮影。
皆さん、書きたい字が書けたでしょうか?

 

昨日は旧暦の一月一日。
皆さんが書いた字や、その言葉を選んだ理由を聞いていて、今から今年の目標を考えても遅くないなという気になりました!
ご参加いただいた皆さま、伊藤康子さん、どうもありがとうございました。

2020年1月26日 | ひめくり日記, 日々のこと

 

白鳥といえば。

DSC_1051 (2)

先日、中村工房さんに行く機会があったので、近くの高松の池に寄り道してみました。
池の3分の1くらいは凍っていましたが、思っていたほどではなく、やはり暖冬なのか…と思ったりしながら。
白鳥といろんなカモがいました。
ちなみに店の前の中津川にはまったく来ません。あ、カモはいますが。
少し上流にはいるみたいですけれどもね~。
去年も来なかったし、さびしいです。

_N7A9074 (2)

「店の前に来るから」と作った当店オリジナルのポストカード「モリオカヒメクリナカツガワ」シリーズの白鳥。
昨日のRさんの投稿にもチラッと写っていましたね。
こちらのポストカードは、白鳥が来なくても一年中、いつでも販売中です(笑)。
何度も増刷している人気商品です。
この時期のお便りにはぴったりですよ~。

久しぶりに新しい「モリオカヒメクリナカツガワ」シリーズを考えたいところ。
猫、白鳥、鮎、イチョウ…次は何にしようかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

083 (2)

明後日1/26(日)開催の、書家・伊藤康子さんによる【旧暦の書初めワークショップ】は13時の回、16時の回とも定員となりました。
お申込みいただいた皆さま、当日お待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

紙好きさんにおすすめしたいもの

今日のひめくり日記は、当店がオープンして間もない頃からお取り扱いさせていただいている倉敷意匠計画室から届いたものをご紹介したいと思います。

009

最初にdrop aroundさんの紙道具シリーズ「ロービキカミノハコ」。
024

色も素材も至極スタンダードな、なんでもない箱がほしいというところから作られたボール紙製の「カミノハコ」。

蝋引きタイプのこちらは耐水性、防湿性に優れています。

今回はベントウ型のハガキサイズと名刺サイズが届いています。
ハガキサイズは、お気に入りのポストカードや年賀状などを入れるのに最適。名刺サイズは、名刺はもちろんですが、切手やクリップなど細々したものを入れるのにもおすすめです。

付属品として、ラベルが付いていますので、何が入っているか見分けやすくしたい方はこちらを使うと便利ですね。

017 (3)

続きまして、凸版印刷の「メモカード」。

亜鉛凸版の印刷で印刷部分が少しへこんでいるのが特長です。
贈りものと一緒にひとこと添えて渡したい時におすすめしたい、少し厚めのカードです。

015 (2)

一番右側のこちらのタイプは、今回初めて届いたものです。

「カミノハコ」と「メモカード」、どちらも男女問わず、年齢問わずお使いいただける紙ものですね!
………………………………………………………………………………………………………………

本日、店主不在のため、実はRの投稿でした!笑

2020年1月22日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

秋谷茂郎さんの大きめマグカップ。

002

秋谷茂郎さんから、大きめのマグカップが届きました。
大きめと言ってもどのくらい大きめか、わからないですよね…。

008

左のコップは持ち手が付いていませんが、いつものマグカップと大体同じ大きさなので、それと比べると、右のマグカップが大きいことがおわかりいただけると思います。
具体的には、今回のマグカップは200mlくらいの量に合うようなサイズです。

昨年、お客さまから大きなマグカップのご注文をいただきました。
これからオープンするお店で使いたいとのお話で、お飲み物をたっぷり入れてご提供したいとのことでしたので、秋谷さんと相談の上、こちらのサイズで制作することになりました。

010

秋谷さんの大きめマグカップをお使いいただいているお店は、肴町にオープンされた「匣(はこ)」さんです。

年明け、マグカップをお届けがてらお店に伺ってみたら、コーヒー、ナチュラルワインとチーズをいただけるところで、店の奥のセレクトスペースではお洋服を販売していました。

(はこ)
盛岡市肴町10-2
営業日:水曜-日曜(月・火定休)
営業時間:水-金 13:00-21:00 土・日 12:00-21:00
Twitter → 
Facebook → 
Instagram → 

※1/28まで、出張のためお休みだそうです。

店主さんは秋谷さんのマグカップを愛用してくださっていて、気に入ったので自分のお店でも使いたいと思ってくださってのご注文でした。
お店のオープンの日には間に合わなくて申し訳なかったのですが、届けた時に普段お使いのマグカップを見せてくださって、それがとてもいい感じに貫入(陶器特有の細かいヒビ模様)に飲み物の色が入り込んで、本当によく使ってくださっているんだなぁと伝わってきて、とてもうれしかったです。

今回、秋谷さんがこの大きめのマグカップを少し多めに作ってくださったので、店頭でも販売します。
レアですよ。笑
たっぷり入るマグカップを探している方がいらしたら、ぜひ教えてあげてください!

 

 

 

和知篤司さんのガラスと、今週末のワークショップ。

新しい一週間が始まりました。
頭の中はいろんなことが入り乱れていますが、さわやかなフリ?をしてブログを更新したいと思います(笑)
まずは和知篤司さんのガラスをいくつかご紹介したいと思います。キラリ✨

026

和知篤司さんの一輪挿し。
写真では大きく見えますが、高さ8cm弱のかわいらしいサイズです。

004

キャンディーとか入れてはどうかなという感じのポット。
金平糖とか入れたらすごくかわいいでしょうね~~って言いながら、自分は金平糖を常備するような生活はしていませんが、小さなお子さまがいらっしゃるとかお客さまがよく来るお家とか…いかがでしょう?

001

雰囲気の違う蓋ものも。
こちらは何を入れましょうかね。ポプリとか?なんて言ってみちゃったりして…
アロマ系には詳しくありませんが、ここ数年、ラベンダーの香りはいいなぁとしみじみ思います。
「ポプリ」というと、昔読んだマンガで思い出すものがあって、気になって調べたら『なかよし』に掲載されていた『あいつがHERO!/あさぎり夕』でした(笑)
同世代の人にしかわからないですよね。失礼しました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

005

毎年恒例、書家・伊藤康子さんによる【旧暦の書初めワークショップ】。
1/26(日)に開催します。

こちらは店をオープンして間もない頃から続いているワークショップです。
以前の仕事(印刷営業)の頃からお世話になっていた康子さんが提案してくださって始めたのですが、皆さんがそれぞれ考えて来られる「書きたい文字(言葉)」を見たり、その理由を聞いたりしているのも、いろいろと納得することが多くておもしろいなぁと思いますし、康子さんがお手本を書いてくださるのですが、本当にいろいろな字を書かれるので、その都度「は~」とか「ほ~」とか「わ~」とか声が出ます。
いろいろな字というのは、同じ字を、楷書体とか草書体とか、象形文字っぽくとかっていう意味のいろいろな字です。

字の上手下手ではなく、“書”と楽しむ時間にしていただけたらうれしいです。
13時の回は定員になってしまいましたが、16時の回があとお二人、受付可能です。
ご興味がありましたらぜひどうぞ。

【旧暦の書初めワークショップ】の詳細はこちらです。→ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は早々にブログを書き終えたので、この後は入り乱れた頭の中を少しずつ整理していこうかなと思います。
寒中見舞いまでたどり着けるか…💦

 

【フリースマット作りのワークショップ】の様子。

003

今日は、beige 佐々木トモミさんによる【フリースマット作りのワークショップ】を開催しました。
写真手前の椅子の上にはトモミさんの作ったフリースマット。販売品です。

023

ロムニーという種類の羊の毛で作られています。
しっかりと厚みがあって、モッフモフです。

024

こちらも同じくロムニーの毛ですが、こげ茶でこれまたかわいいです。
人間同様、羊も十匹十色。色もクルリンとした巻きの感じもみんな違います。

サイズは約30cm角。
家の中で使うのはもちろんですが、お花見や登山の時など、外に持っていって使うのも暖かさとやわらかさでハッピーな気分になれるそうですよ。

011

今日は初めての方と、もう一度初めからやってみたいという方と、仕上げの部分を教わりたいという方の混合ワークショップでした。

016

木枠に糸をセットして、羊毛を小分けにしていく作業。
見ているだけでホワホワ~ッとした毛にいやされます(笑)

017

一段目を巻き付けたところ。
クルクルした毛がかわいいなぁぁぁ。

012

復習ワークショップにご参加いただいたお二人。
奥の方は、このフリースマットが2枚目の制作とのこと。
手前の方はなななんと6枚目!
ワークショップで作ったフリースマットを完成させて、その後は自分で羊毛を購入して制作。
今回あらためて、仕上げの仕方を確認しながら完成させたいということで、復習ワークショップに参加してくださって、トモミさんもうれしそうでした。

034

その後、今日のお昼ごはんは「紅茶の店 しゅん」さんへ。
皆さんおなかいっぱいで戻ってからは、おしゃべりもしながら和やかに作業を進めていました。

027

復習ワークショップでは、フリースマットを作り終えた木枠を使って、ポットマット作りが始まりました。

028

羊の毛って見ているだけでもなぜかいやされます…
トモミさん(写真右)が手に持っているのがポットマットの一例。
なるほど毛の色を変えてもかわいいですね。

045

その後、作業しながらもトモミさんのお話の中に「これは」と思うことがあると、サッとメモを取る皆さん。
この時は洗い方のコツのことをお話していました。

お昼休憩をはさみつつトータルで5時間、皆さん羊毛の感触を満喫しながらがんばりました。
今日できたのは4分の1くらいまで。
続きは皆さんお家でぜひ完成めざしてがんばってください。

ご参加いただいた皆さま、教えてくださった佐々木トモミさん、ありがとうございました!

052

復習ワークショップでポットマットを作った方もほぼ完成しました。
お疲れさまでした!

 

 

 

【カトラリーケース作りのワークショップ】の様子。

004

今日は店内奥のスペースで、Kagocco Pepin・大西麻理さんによる【カトラリーケース作りのワークショップ】を開催しました。

005

まずは底の部分から。
あらかじめ、何種類かの長さにカットされた胡桃の樹皮で編み始めました。

009

重しを使いながら互い違いに…

012

底の部分が編めたら、強力なクリップを使いつつ立ち上げていきます。

018

続々と立ち上がっていきます。

020

それらしい姿が見えてきました。縁の仕上げに取りかかっていきます。

040

ここまでもそうなのですが、できるだけギュッギュッと詰めてとか引っぱってとか、結構力が必要です。

043

麻理先生にコツを教わりつつ…

047

だんだん、完成が近づいてきました。

055

最後は取手を付ける作業ですが、これも見た目より難しいような気がしました。

052

ほぼ完成!皆さん、きれいに出来上がっています。

053

こちらの方は取っ手を付けないタイプで。コロンとかわいらしい形になりました。

056

参加者の皆さんの+麻理先生作のカトラリーケースの完成です✨

058

15時からの回は4名で少しゆったり。

065

スイスイ進んで途中の写真をあまり撮れず…

069 (2)

あっという間に完成です!笑
こちらの回は取っ手を付けない方が多かったです。

完成した後、皆さん「楽しかった~」と口にされていたのがうれしかったです。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
材料の準備から、作り方、今日一日ご指導いただいたKagocco Pepinの麻理さん、ありがとうございました。

明日はbeige 佐々木トモミさんによる【フリースマット作りのワークショップ】です。
今日と同じく、お買い物は普通にできますので、遠慮なくご来店くださいませ。
お待ちしております!

 

 

2020年1月18日 | ひめくり日記, 日々のこと

 

明日明後日はワークショップです。

明日明後日は店内奥のスペースでワークショップを開催しています。
お買い物は普通にできますので、遠慮なくご来店くださいませ!笑

No.4

明日1/18(土)開催の、かごっこぺぱんさんによる【カトラリーケース作りのワークショップ】につきましては、11時の回は満席となりました。
15時の回はまだお席をご用意することができそうなので、もし、迷っていたけど…という方は営業時間内にお電話ください(開店は10:30~です。019-681-7475)。
ご参加いただく皆さまには、楽しい時間をお過ごしいただければと思います。
お待ちしております!

明後日1/19(日)開催の、beige 佐々木トモミさんによる【フリースマット作りのワークショップと復習ワークショップ】につきましては、復習ワークショップの14時からの回のみ、一名様の受付が可能です。
ギリギリになりましたが、ご希望の方はお問い合わせください。

ちなみに、来週末の書家・伊藤康子さんによる【旧暦の書初めワークショップ】は、13時の回は定員となりましたが、16時の回はあと2席、ご用意ができますので、こちらもよろしければぜひ。
習字なんて小学校以来やったことがないという方でも、楽しい時間を過ごしていただけるのではないかなぁと思いますので。

ワークショップにご参加いただくのに、一人だとちょっと行きづらいな~と思っている方がいらっしゃるとしたら、安心してください。(なつかしのフレーズ…笑)
ほとんどの方がお一人様ですよ!
というわけで、お気軽にどうぞ~。

 

2020年1月17日 | ひめくり日記, 日々のこと

 

陶來さんのうつわが届いています。

002

陶來さんの「てまる碗(左から小・中・大)」が久しぶりに並びました。

001

下から大中小を重ねて入れ子に。収納面を考えるとありがたいです。

004

大きいサイズは、口染分け(手前)や細コマ文(奥)もございます。

003

てまる碗の特長は、この“返し”。
これによって、スプーンですくい上げる時にとても取りやすくなるので、介護用の食器としても多くの方にご愛用いただいています。

陶來さんは【てまるプロジェクト】に力を注いでいます。
「てまる」の名は、作り手や使い手、高齢者、障がい者、子ども、家族…沢山の人の「手(て)」が「輪(まる)」となって繋がり、人と人、人と社会の結びになって欲しいという願いから命名しました。(HPより)

丈夫で安心感のあるうつわです。
ぜひお手に取ってみてください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

明日1/15(水)と明後日1/16(木)は定休日となります。
また週末、皆さまのお越しをお待ちしております。

 

今週の予定。

今週は、1/15(水)、16(木)が定休日となっております。
1/18(土)はKagocco Pepinさんの「カトラリーケース作りのワークショップ」、1/19(日)はbeige 佐々木トモミさんの「フリースマット作りのワークショップと復習ワークショップ」が開催されます。

No.5

【カトラリーケース作りのワークショップ】詳細はこちら。→ 

まだいくつかお席をご用意できますので、ご興味のある方はぜひどうぞ。

 

004

【フリースマット作りのワークショップ】は定員となりましたが、【復習ワークショップ】は1席ご用意ができますので、これまでご参加いただいたことのある方で、フリースマットの仕上げが完成していないという方は、この機会にいかがでしょうか?

詳細はこちらをご確認ください。→ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は「成人の日」でした。
盛岡では昨日が成人式だったのですかね?
残念ながら、ただの一人も晴れ着姿を見かけることがなかったものですから、まったく実感がわかず…。
それでも最近は、友人知人の子どもさんが二十歳だとか就職だとか結婚だとか孫が生まれたとか聞くことが少しずつ出てきたので、子育てをしていれば「二十歳」っていうのは感慨深いものなんだろうなぁと想像してみたり。
自分的には猫たちの二十歳を目指して、ただただ毎日穏やかに過ごしたいものです(笑)