ひめくり日記, 展示会の様子, 未分類

まだまだ続くよTシャツ展。

018

Tシャツ展のことは知らずとも、外からTシャツが見えて入られるお客さまもチラホラ。
知ってて来られる方は、今回はオーダープリントなので、
皆さん焦らず6jumbopinsさんのWEBショップで予習してから来られたり、
決めてきたつもりだったけれど実際にたくさんの色見本を見てしまったらわからなくなってきたので、
もう一回よく考えてまた来ますという方も。
悩む?迷う?気持ちはよーくわかります。選択肢が多ければ多いで困ります(笑)

023

たとえば、今回初参加の“のそ子さん”のTシャツの場合。
店に展示しているのは杢グレーのTシャツ×インクはブラックです。

mbbBFXjp

のそ子さんのサンプルTシャツはオリーブ×ブラック。
ちなみにモデルさんがかぶっているのはのそ子さんの作品です。
さらにちなみにのそ子さんはフェルトを刺す人です。
さらにさらにちなみに、のそ子さんは今は東京の人ですがご出身はこちらなので、
時にひめくってくださることがないこともなかったりします。

話は戻りますが、このようにTシャツの色が変わるだけで全然違う印象になります。
ここで、6jumbopinsさんからのアドバイスを載せてみます。ぜひ参考にしてみてください。

34192207_1965286060200901_943300789592391680_n

<6jumbopinsさんより、坂本千明さんのTシャツデザインを例にして>
カラーオーダーの“コツ”ですが明るい生地には濃色インク、濃色生地には明るいインクがオススメです。
上の画像で、左下のように濃色生地に濃色インクを選ぶとプリントがほぼわからない状態となります。

ということなのですが、明るい色生地に明るいインク、濃い色生地に濃いインクで“あえて”というのも
ありっちゃありです。よく見ると…ってやつですね。
止めません。それはそれでオーダーできますので、それも含めてご検討ください!!
あと、坂本さんのを例にすると、ネイビーに白インクだと猫の毛の色が白で、
白Tシャツに黒インクだと黒い毛の猫になります。
そんなところも決める際に考慮しながらお悩みくださいませ。

 

明日明後日は定休日です。
休み明けからは、Tシャツをそれぞれご紹介していきたいと思います。
今週末の土日は6jumbopinsさんのプリント実演販売もありますので、どうぞお楽しみに。