ひめくり日記

工房イサド展「木のかたち」より。

IMG_3947_2入口入ってすぐの机にはヤマナシを材として使ったお皿やスプーン、コースターなどが並んでいます。
大皿や丸皿はすでに旅立っているものもありまして、残り少なくなってきました。

店主Mさんが11月24日のブログに書いていましたが、イサドさんは今回の展示ではじめてヤマナシを材とした作品をつくられたそうです。

画像左手前のスプーンは「チャーハンスプーン」。
先日、在店してくださった時にチャーハンを作るのも好きで…、とお話しされていました。

どちらかというとれんげのようなかたちで、チャーハンを作ってこのスプーンで食べたら、気分が上がりそうです。

その他、頭に浮かんできたのは中華だけでなく、アジアっぽい料理。
ガパオライスやナシゴレンのような料理にもぴったりな気がします。

こちらのチャーハンスプーンは、ヤマナシの他にクリ・タモのタイプもございます。

ちなみにヤマナシのチャーハンスプーンを置いている板は、クリを使用した飾り板。
こちらも販売しています。

IMG_3949_2
続きまして、シンプルな名前の「スプーン」。
幅広くお使いいただけそうなかたちのスプーンです。

私の場合、このスプーンで食べたいもの、最初に浮かんできたのはカレーでした。

ヤマナシというと黄色や白っぽい色味なのかな?と想像してしまいますが、どちらかというと赤みが強めの木材。

ちらっと手前に見えているのはオーバル深皿。
それにしても木目が格好良いなぁと毎日眺めております。
なんとなく今日は全体を撮らないでおきました。

触り心地もすべすべしていて気持ちが良いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スプーンとお皿、食べもののことを書いていたら、しっかりお腹が空いてきました!

R

2023年11月27日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

工房イサド展「木のかたち」より。

PB234233

店に入ってすぐ左側の壁には、すてきなウォールオブジェが2点と非売品の額が2点。
左上のオブジェはナラ、右下はメープル。
大きな板ではなく、それぞれ7本の角材を形作って貼り合わせています。

右上は非売品ですが、先月当店で展示をした坂本千明さんの2018年の紙版画作品で、イサドさんのオブジェを描いたもの。
坂本さんといえば「猫」のイメージが強いと思うのですが、猫以外の作品もとてもいいんですよねぇ。
濃い目の古材の額にマットも入れて、とてもすてきな額装作品です。

 

PB234208(2)

左下の小さい額には「おかげさまで20周年 工房イサド」の文字(こちらも非売品)。
ここであらためて、工房イサドさんのプロフィールをご紹介します。

 

工房イサド/本田 淳

1968年 東京都足立区生まれ
1990年 筑波大学第一学群社会学類卒業
株式会社パルコ入社 宣伝・販売促進の仕事を主に担当
1997年 都立品川職業技術専門校木工課卒業
(有)木工房シン入社 無垢材のテーブル・椅子からベニヤの箱ものまで、特注家具製作の仕事を経験
2003年 埼玉県北葛飾郡松伏町に工房イサドを設立
2010年 同杉戸町に工房と住まいを移転

 

ナラやクリなどの無垢材を主とする家具のオーダーメイドに加え、古材を使った額や鏡、器などの生活の道具なども製作。
最近では、数学的な形の美しさに魅かれ、オブジェ作品などにも取り組む。
全国で個展など多数。昨年は中国・北京でも二人展を開催。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当店で、工房イサドさんの個展は2回目。
1回目は10年前の2013年9月でした。10年前…
イサドさんとの出会いは2011年の9月だったと思います、たぶん。
その後、グループ展、個展、三人展、グループ展、そして10年ぶりの個展。

イサドさんが工房を設立したのが2003年で、ひめくりで初めて個展を開催したのが2013年でイサドさんの10周年でした。
その時はまさか次の個展が10年後の2023年とは思っていませんでしたが、今回イサドさんがいらっしゃる間に、次の個展は10年後と約束しました。笑

10年前の個展の様子を見ると、イサドさんの作品も変化しているし、店の雰囲気も変わったなぁと思います。
どんな風に変わったのかなと思った方は、昔のブログを見てみてください。→  (パソコンだと年月日を選んで見ることができます。)

 

11/23(木・祝)から始まった工房イサド展「木のかたち」。
初日から今日まで、多くのお客さまにお越しいただきありがとうございます。
会期は12/5(火)、その間の休みは11/30(木)のみ。
この後も、まだまだ皆さまのお越しをお待ちしております!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PB264295

今晩19時からの「バナナマンのせっかくグルメ」(TBS)、盛岡が出ますよ~。
知っているお店や場所が映るかも?!

2023年11月26日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

いろいろ届いています。

PB254274_2

絵と活版印刷のフウケイさんから、「2024年 石ころカレンダー」が届きました。

 

PB254285_2

今回もすてきです。
薄めの紙にシンプルな文字、そして、石ころの部分が毎月違う石ころで、色も位置も変わるので月ごとに楽しめます。

 

PB254288_2

石ころの部分が活版印刷なので、少し紙に圧がかかっているのがおわかりいただけたらいいのですが…

 

カレンダーの入荷もそろそろ終盤。
あとは、ますこえりさんの日めくりカレンダーを残すのみ、かな。
カレンダーと言えば、年賀状っぽいものも少し前から販売はしているのですが、こちらを紹介していませんでした!

PB254293_2

さいとうゆきこさんのポストカード「タツ」。
正式には「タツノオトシゴ・竜牙草とギンリョウソウ(銀竜草)」です。

ゆきこさんはここ数年、干支と、それにちなんだ植物を描いたポストカードを作っています。
今回描かれた植物は、黄色いほうが竜牙草(キンミズヒキ)、白っぽいほうがギンリョウソウ。
いずれも知らない植物でしたので、勉強になりました。

 

わざわざ書くことでもないのですが、ここまで写真はRさん、文章はMで、めずらしく分担しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

PB2342498(2)

工房イサド展「木のかたち」より、古時計リメイク。

気に入った昔の時計の文字盤を見つけては収集し、古材を使いリメイクしています。
時計を動かすための装置?は今のものを使っているので、単3電池を入れればちゃんと時を刻んでくれますよ(しかも今どきは秒針の音がしないんですね。驚き)。

今日もたくさんの方が展示を観に来てくださいました。
明日もお待ちしております!

 

工房イサド展「木のかたち」より。

PB234224

工房イサド展「木のかたち」より、オブジェ。

古いテーブルの脚を使って作られたオブジェ。縁はナラ材。
後ろに金具があって、壁に取り付けた木ネジに掛けています。
正面から見るとわかりづらいのですが、奥行きが8cmあるので、置いて飾ることもできます。

 

PB234261

昨日の初日開店前、鏡を撮った時にたまたま自分が写り込まない場所がありました。
ちょっといい写真を撮れたと自己満足。笑

左上の、古材で作られた六角の鏡はご売約となりました。
お買い上げいただいたお客さまから会期中の展示のご了解をいただきましたので、この後も見ていただけたらと思います。

 

昨日、書きそびれたこと。
今回、イサドさんのご好意により[作品をお買い上げの方、先着20名様に野生梨(イワテヤマナシ)のシロップ(神戸・樽正製)をプレゼントいたします。]ということでご用意したのですが、こちらは昨日のうちに20名に達し、お渡ししきりました。

 

PB234262

「やまなし」で作ったうつわやコースターと一緒に写真を撮ったら、色が近かったです。

 

PB234264

初日の開店前、イサドさんとお湯割りで飲んでみました。
甘さや香り、ほぉ~~、これはいいですねぇとおいしくいただきました。

 

イサドさんのプロフィールをあらためて。

工房イサド プロフィール
「もうねろねろ。遅いぞ、あしたイサドに連れて行かんぞ。」
イサドというのは宮澤賢治の作品「やまなし」に出てくる言葉です。
特に詳しい説明はないのですが、何か面白いものがあるところ、
見たこともないものがある場所と解釈し、そういうものを作る工房で
ありたいという思いから工房の名前にしています。

・・・・・・

今年は『やまなし』が岩手毎日新聞に掲載されて100年だったそうで。
それを知って、今回の展示で初めて「ヤマナシ」を材として使った作品を作ってくださいました。
ぜひ、観にいらしてください。
お待ちしております!

 

2023年11月24日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

工房イサド展「木のかたち」が始まりました。

PB234232

本日より、工房イサド展「木のかたち」が始まりました。

写真は今回の個展のDMに合わせてイサドさんが展示してくださいました。
バックが白いとイメージがまた少し違いますね。

右上のオブジェと右下の時計はご売約済みとなりました。
何点か、会期終了後のお渡しをお願いするものもありますが、基本的には額や時計、お皿など、ほとんどのものは即売品としてお持ち帰りいただけます。

 

PB234225

今回ご用意いただいたのは、作品総数231点。
内、額は86点。そのほとんどを壁に展示しました。
結果、店内はいつもと印象が違いますので、きっと驚かれると思います。
圧巻ですよ!

 

PB234271

初日の今日は、イサドさんが在店してくださいました。

開店前、鏡越しにイサドさんをパチリ。
鏡というのは生活の一部で、洗面所や玄関あたりに設置されているのが当たり前みたいな気がしますが、こんな感じでリビングの壁に絵を飾る用に掛かっていると、自然な感じがしますね。

 

PB234272(2)

10月に展示をした坂本千明さんの紙版画作品に合う額をお探しにいらっしゃるお客さまが続きました。
版画シートのサイズに合わせるか、少し大きめのものにマットを入れて飾るかで違って見えるので、そのあたりをお話ししつつ、何点かおすすめしてみたりされていました。

 

工房イサド展「木のかたち」は12/5(火)まで。
会期中のお休みは11/30(木)です。
皆さまのお越しをお待ちしております!

2023年11月23日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

「飯坂真紀 小品展」終了しました。

PB114119(2)

「停戦を!CEASE-FIRE」

飯坂さんが今回の展示に向けて作品の準備を進めていたところ、毎日目に耳に入ってくるパレスチナ自治区ガザへのイスラエルの侵攻のニュースに、描かずにはいられなかったという作品です。

描かれているのはパレスチナの国獣・マウンテンガゼルと、パレスチナの国鳥・パレスチナ サンバード。
マウンテンガゼルは草食、パレスチナ サンバードは花の蜜を吸うスズメ目、体調10cmほどの小型の鳥で、実際にはこのような争いの場面はあり得ません。

背景には「戦争」の文字。
人間界ではあり得ないと思うようなことが現実に起きています。

 

PB114124(2)

「パレスティナの鳥」

先に描かれたものとは打って変わってかわいらしいパレスチナ サンバード。
画像ではわかりにくいかもしれませんが、鮮やかなブルーの部分はメタリックでとても美しい色です。

飯坂さんが在店中、この2点の絵について質問されたり、お話しされているのが何度も聞こえてきました。
当たり前のことだと思いますが、世界が平和であることを祈らずにはいられません。

 

11/10(金)から始まった飯坂さんの小品展が本日16時をもちまして、終了しました。
毎日多くの方に足を運んでいただきましたし、飯坂さんもほぼ毎日在店してくださいました。
皆さま、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日以降の予定です。

11/21(火)臨時休業
11/22(水)臨時休業

盛岡3

工房イサド展
木のかたち
-やまなし100周年&工房イサド20周年-

2023年11月23日(木・祝)~12月5日(火)
10:30~18:30 ※最終日は16:00まで

作家在店日:11/23(木・祝)
会期中の休み:11/30(木)

 

古材を使ったものや新しく削りだしたもの、額を中心にかたちの特徴的な鏡やオブジェなどが揃います。
また、今展に合わせて「やまなし」の木を使った額やスプーンなども登場します。
20周年を迎えた今の工房イサドの作るものをぜひご覧ください。

 

 

工房イサド プロフィール
「もうねろねろ。遅いぞ、あしたイサドに連れて行かんぞ。」
イサドというのは宮澤賢治の作品「やまなし」に出てくる言葉です。
特に詳しい説明はないのですが、何か面白いものがあるところ、
見たこともないものがある場所と解釈し、そういうものを作る工房で
ありたいという思いから工房の名前にしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

くり返しになりますが、明日11/21(火)と明後日11/22(水)はお休みをいただきます。
11/23(木・祝)より、工房イサドさんの個展&常設展示で皆さまのお越しをお待ちしております!

 

ニューフェイス。

PB194198(2)

久しぶりに新しいポストカードを作りました。

10月末くらいから販売をスタートしていたのですが、なかなか紹介できずにいました。
当店のオリジナルポストカード「モリオカヒメクリナカツガワ」シリーズに加わった3種類のテーマ(?)は“中津川にいるカモから見える風景”みたいな感じです。
意味、わかりますか?

 

PB194201(2)

県民会館(トーサイクラシックホール岩手)横の道を走る自転車。

 

PB194200(2)

川沿いの遊歩道を散歩する人と犬。

 

PB194199(2)

川沿いの草むらにいるカタツムリ(マーク?笑。マークは店の前で見つけて、今は我が家にいるカタツムリです)。

 

PB194203(2)

ちょこっと光ってほんの少しポコッと盛り上がっているのがポイントです。

 

こちらのポストカードのデザインとディレクションは、homesickdesignの清水真介さん&牧野沙紀さんが担当してくださいました。
「モリオカヒメクリナカツガワ」シリーズのポストカードを前に作ったのは何年前のことか…もうちょっと覚えていないぐらい、久しぶりのニューフェイスです。
どうぞよろしくお願いいたします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は本日11月19日、おかげさまで13周年を迎えました。
10周年以降は、特別に周年記念の何かをやるでもなく、普段どおりの一日。

PB194192

唯一、それらしいこととしてご用意出来たのは、昨日から販売が始まったひめくりクッキーのチャイと、プレーン、抹茶の3枚セット。
こちらをサービス価格で販売しておりました。

朝、準備をしたら次々にお手に取っていただきうれしかったです。
店頭に並べたらSNSで宣伝しようと思っていたのですが、なんやかんやバタバタしていて出来ないまま、用事で外出しなければならない時間になってしまい、お知らせはできませんでした。

残りあと3セットですが、guscoさんのおいしいおいしいひめくりクッキーセット、よろしければぜひ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PB194195

「赤いエントツのある家」

 

現在開催している飯坂真紀さんの小品展は、明日11/20(月)16時までとなります。
明日もお昼ぐらいから飯坂さんが在店してくださいます。
この建物はどこにあるのかとか、どんなことを思いながらその絵を描いたのかとか、私たちも少しはお話しできるのですが、やっぱりご本人から聞くのが楽しいなって、飯坂さんが皆さんに話されているのを聞きながら思います。

明日も皆さまのご来店をお待ちしております。

 

 

いろいろ届いています。

PB184183

堀口尚子さんから「ie カレンダー2024」が届きました。

昨年の今頃、2023年版で最後にするとのことだったんですが、今年になって「やっぱり作りたい…」と思ったそうで、こちらとしては大歓迎でした!

 

PB184182

だって毎月かわいいんですよー。

ニュースを見ているとあんまり明るい気持ちになれないことも多い今日この頃ですが、毎日眺めるカレンダーとかはお気に入りのものを飾って、少しでも気分良く過ごしたいものです。

気分良くと言えば…

PB184189(3)

「ムーンドッグの宝船」

飯坂真紀さんの小品展より。
この作品は、見たことがある人もいらっしゃるかもしれません。
こちらは昨年12月、不思議な盛り上がりを見せた「金の板展」(会場/彩画堂)に飯坂さんが出品された作品を額装したものです。

「ムーンドッグ」とは、アメリカの盲目の作曲家&ミュージシャン(1916 – 1999年)で、暗くも明るくもなく肩の力が抜けたミニマルミュージックみたいな、少し明るい、そんな彼の音楽が好きだと飯坂さんのSNSに書かれていました。

ムーンドッグとネコ、トリ、キツネ、ユニコーンのようだけど角が2本あるいきもの、カメ、イノシシ、そして鯛を釣る人で、七福神風(ふう)。
金の板でちょっとおめでたい感じ、さらにはダイヤ(イミテーション)付き!

というこちらの作品は、ご売約済みとなっております。
ご商売をされている方が「縁起が良さそう」という感じで決めてくださいました。

飯坂さんの小品展は明後日11/20(月)16時まで。
残すところ明日明後日の二日間のみとなりました。
明日も飯坂さんがお昼くらいから在店されます。
よろしければぜひ足をお運びください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PB184180(2)

6月に開催したヤンマ産業さんのお洋服の受注会でご注文いただいたものが、思っていたより少し早く届きました。
ご都合のいい時に、お受け取りをお願いいたします。
発送をご希望されているお客さまには、近日中に発送いたします。
少々お待ちくださいませ。

 

ほかにもいろいろ届いているのですが、紹介が追いつきませーん。
コツコツ載せていきますが、店頭にはすでに並んでいますので、気になるなぁとかヒマだなぁとかな時にはぜひ寄ってみてください。
明日もお待ちしております!

 

「飯坂真紀小品展」より。

PB174176_2「元神戸貿易」
市内の本町通の梅月堂さん近くにある建物。
通ったことがない道ではありませんが頻繁には通る道ではないので、こんな建物あったかな?という記憶。
同じように建物や風景の絵を描くことのあるというお客さまは、ここ気になっていました、というお話。

飯坂さん描かれる場所は、実際にある場所なのに、なぜか物語に登場しそうな世界になってしまうから不思議です。

PB174161_2「牛富し世」売約済み
こちらはリサイクル紙にアクリルと顔彩という技法で描かれた作品。
レンガ色のような茶系の色の組み合わせと、印象が強めの額との相性が絶妙なこちらの作品。

今年の作品なのに、飾る場所によっては古くから飾られているような雰囲気にもなりそうな気がしています。

明日18日(土)は午後から飯坂さん在店予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は久しぶりに朝から雨降り。
雪ではなくてひとまず良かったです。
明日も雨予報。
でも雪ではなくて良かったです。
R

2023年11月17日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

「飯坂真紀小品展」より。

PB114120

「ブドウの気持ち」

先日紹介したクロちゃん(「ピンクの首輪」)と同じく、ワックスペーパーにアクリル絵の具で描いた絵。
夏に食べたブドウがおいしかったので、とのこと。
絵が描けるっていいなぁ…。

飯坂さんのブログも、よろしければ。→ 

 

今日は飯坂さんが午後から在店してくださいました。
毎日いろいろな方とお話されている様子を見ていると、飯坂さんのお付き合いの幅の広さを感じます。

美術関係者はもちろん、飯坂さんのライフワークである岩手の伝統芸能や「べんじぇもの」、映画や音楽、本、あるいは社会情勢を憂う仲間など、年代性別は老若男女、話題は多岐にわたります。

11/17(金)は、午後から在店の予定です。
週末も在店予定ですので、よろしければお話ししてみてください。

「飯坂真紀 小品展」は11/20(月)16時まで。
来週は営業日がいつもと異なりますので、ご注意ください。
今月後半の予定をあらためて。

11/16(木)定休日
11/20(月)16時閉店
11/21(火)臨時休業
11/22(水)臨時休業

盛岡3

工房イサド展
木のかたち
-やまなし100周年&工房イサド20周年-

2023年11月23日(木・祝)~12月5日(火)
10:30~18:30 ※最終日は16:00まで

作家在店日:11/23(木・祝)
会期中の休み:11/30(木)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

HPの【お知らせ】ページを更新しました。

料理あり(正方形)

12月中旬は、白岩焼和兵衛窯・渡邊葵さんの個展を開催します。
詳しくはこちらをどうぞ。→ 

今回のDMは、写真撮影、デザインとも葵さんによるものです。
とてもおいしそう…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_0724

昨日の午後、外出先で見た空。

明日11/16(木)は定休日です。
週末の天気は…残念ながら傘マークありであんまり良くなさそうですが、また明後日11/17(金)から、皆さまのお越しをお待ちしております。