ひめくり日記

再生のカタチ 工房イサドさんの場合。

036

異国情緒な雰囲気のある額ですが、こちらは農家で「筵(むしろ)」を編む道具に使われていたもので作られたそうです。
そのことを教えてもらう前は想像がつかなくて、「この穴はイサドさんが開けたものですか?」なんて質問をしてしまいました。
イサドさんが手を加えた穴や着色などはないそうです。

006

5年前に個展を開催した時は、カッティングボードやコースターなどの割合が多かった工房イサドさん。
ここ数年は、額や鏡、オブジェなどの制作を多く手掛けられているとか。
額には古材が多く使われていて、障子や欄間(らんま)、窓枠など、どんな建物だったのかなぁと想像してみたくなるようなものばかりです。
「これは病院に使われていたものでした」とか、「これはだいぶ古いもので300年ぐらい前のものかもしれないです」とか、在店してくださっていた時はいろんなお話をしてくださっていました。

044

左上の「フシギノクニノカガミ」は、昔から古いものが好きだったというイサドさんだからこそのおもしろい作品。
カーブミラーに使われているミラーのまわりを古い糸巻きなどが取り囲んでいます。
ちなみに右の2点は古材を使ったものではありません。

 

再生のカタチ
星耕硝子×工房イサド×宮本佳緒里

今日で前半終了です。
明日9/13(木)は定休日となっております。
三人展の会期は9/18(火)(※最終日は16時)までです。
明後日9/14(金)からの後半・週末も、皆さまのお越しをお待ちしております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

002

来月開催される【町分マルシェ】に出店します!
今日、フライヤーが届きました。
こういったイベントに出店する機会はなかなかないので楽しみです。
晴れるといいなぁ~☀☀☀

 

 

2018年9月12日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

再生のカタチ 星耕硝子さんの場合。

015

会期がスタートしてようやくの秋晴れ☀
雨の日の展示もしっとりめでよかったけど、やっぱり晴れてくれるとなおいいですね。

 

001

今回の展示のDMに載せた、青いガラスのコンポート。
かっこいいです。
撮影の際にはフルーツをのせました。それがまた良くて。

星耕硝子さんの【再生】は、この青いガラスです。
クリアや緑の作品は再生ガラスではありません。
特定のウィスキーボトルに使われている、黒っぽいガラスを溶かしたものを使って作られるのがこの青いガラス。
ここ数年は、材料になるウィスキーボトルが手に入りにくくなってきているそうです。
また、青いガラスを制作するにはほかのガラス制作を止めなければならず、頻繁には取りかかれない。
そんな状況もあり、今回ぐらいまとめて制作することは最近では機会が少ないとのことです。

016

美しい青いガラス、ぜひ多くの方にご覧いただければと思います。
青以外ももちろんおすすめなんですが、今日のところは青押しで(笑)。

2018年9月11日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

再生のカタチ 一緒に作られたもの。その3

朝から雨の月曜日。
まぁまぁ強めの雨だし今日はお客さん、来ないかもな…という予想に反して、お昼過ぎまでなかなかの忙しさ。
からのパタリ。というわけでブログの更新に励むことといたしました(笑)。

003

昨日、一昨日とご紹介した共同作業的な一緒に作られたものとはちょっと違いますが、宮本佳緒里さんのコースターと星耕硝子さんの八角そばちょこを工房イサドさんの杉材のお盆に合わせてのせてみると、これも“一緒に作られたもの”になるのではないかなぁと思うわけで。

宮本さんのコースターは残すところ3枚です。
差し色の青や黄色が星耕硝子さんのガラスの色ともぴったりで、さらに一枚一枚、布のつなぎ方が違うので、ちょっとしたところで選ぶのに悩みます。

イサドさんのこのお盆、まず軽い。そしてこちらも一枚一枚、木の表情があって、個人的にかなり気になっています。
写真は正方形で、朝食セット(トースト、コーヒー、ヨーグルト)をのせるのにぴったりだなぁとか、少し小さめの長方形もあり、コーヒーとかお茶とかのセットをテーブルに置いておくのにもいいかもとか、想像は広がります。
まずその前にテーブルの上を片づけようという話ですが(笑)。

 

024

写真は宮本佳緒里さんのハンコ入れ。
真ん中あたりにある変形の布が組み合わさっているのは、今回の「再生のカタチ」のために作られたものです。
ガマグチを仕上げる際に裁ち落としたハギレを合わせて一枚の布にした、宮本さんならではの再生。
いつもの布とは違った雰囲気で、でもやっぱり宮本さんの布のつなぎ方は色や柄の配置が絶妙で、「作っていて楽しかった」とお聞きしているだけに、多くの方に手に取っていただきたいなぁと思います。

 

今週は9/13(木)が定休日です。
開催中の三人展は9/18(火)まで。
明日からは少しお天気が回復しそうですね。
皆さまのお越しをお待ちしております。

2018年9月10日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

再生のカタチ 一緒に作られたもの。その2

015

一緒に作られたもの。
星耕硝子さんのシュガーポットと工房イサドさんのシュガースプーン。

イサドさんが作ったスプーンに合わせて、星耕硝子さんがふたを削ってスプーンが入るように作ってくれました。
昨日のイサドさん×宮本さんもそうですが、それぞれの制作の中で、無理なく作れるものがあったら作ってもらいたいという希望をお伝えした結果作ってくださったこれらは、今回ならではの作品ということで早めにご紹介したいもののひとつです。
明日は宮本さん×星耕硝子さんの一緒に作ったものをご紹介したいと思います。

010

こちらは壁いっぱいに展示した工房イサドさんの額のごく一部。
ご売約済みのものもありますが、たくさん作ってくださったので、まだまだいろんな額をお選びいただけます。

先月、坂本千明さんの作品展示もそれなりに壁いっぱいでしたが、今回、中に何も飾られていない大小さまざまの額だけを壁いっぱいに展示するというのはちょっとあこがれていたので、すごくしあわせな気分です。
イサドさんにすてきに展示していただいたからで、私は壁の展示にはノータッチなんですが(笑)

011

昨日、在店前に岩手公園などを散歩したというイサドさんの置土産。

 

再生のカタチ 一緒に作られたもの。その1

017

しとしと雨のちくもり。
そんなお天気だからかどうかはわかりませんが、お客さまのご来店はゆるやかで、皆さんゆっくりじっくり見て選んでいただいたような気がします。

写真手前は星耕硝子さんのシャンパングラスなど。
美しいですね~。
星耕硝子さんのグラスやお皿など、ほどほどの厚みがあって安心感があります。
私もグラスをいくつか愛用していますが、手に持った時のぽってり感みたいなのがあって、普段使いのお気に入りです。

031

こちらは工房イサドさんと宮本佳緒里さんのコラボ作品(部分)。
DMに載せた作品は、イサドさんが額を作って宮本さんがそれに合わせて布を作ったもの、そしてこちらの作品は、宮本さんの作った布に合わせてイサドさんが額を合わせたもの。

今回、イサドさんは宮本さんと何度かほかのお店の企画展などで一緒に参加したことはあるけれど会ったことはなかった、というところから、三人展をすることが決まってから偶然お会いする機会があって、それはよかった!なんて話があったり、明日までの会期で埼玉の温々(ぬくぬく)さんという場所で展示をしている星耕硝子の伊藤義輝さんが在廊の日に、イサドさんが足を運んでくださってお会いする機会があったり、昨日在店してくださった星耕硝子の亜紀さんはもともと宮本さんととても仲が良かったりと、それぞれの交流というかやり取りも気持ちよく楽しく進めていただくことができたことも、うれしく思っています。

明日の天気予報はくもりのち雨ですが、作品がいっぱいあるのを見たいという方は早めのご来店のほうがいいかなぁという感じです。

004

お待ちしております!(版画は非売品です。昨日に引き続き申し訳ありません…💦)

 

 

再生のカタチ 始まりました。

今日から新しい展示が始まりました。
開店から、楽しみにしてくださっていたお客さまのご来店が続き、うれしく思います。

014

星耕硝子さんのリンカモール小鉢と八角そばちょこ、工房イサドさんの杉古材の角盆、宮本佳緒里さんのコースター。
三人の作品を合わせての展示。とてもしっくりくるなぁと自己満足度高めです(笑)
お客さまからも今回の展示を喜んでくださっている声をたくさんいただいて、うれしいです。

012

右側はイサドさんのドライフラワーベース。
薪木になる予定だったものを、外側の樹皮から少しずつ色が変わっていくのを楽しみながら作られた作品。
今回初めて実物を見たのですが、おもしろいですね~。
星耕硝子さんの作品は片口と朝顔ぐいのみ、宮本さんの丸ガマグチ(大)と一緒に並べましたが、やっぱり三人の質感みたいなのが合うんだな~とこれまたニヤニヤ。

今日は星耕硝子の亜紀さんと、工房イサドさんが在店してくださって、お客さまといろいろお話されていました。
明日はお昼ぐらいまで、イサドさんが在店の予定です。

今回、三人ともたくさんの作品をご用意くださいました。
設営の時は並べきれるのか?!と思ったくらいです(笑)。
イサドさんは古材を使った額を40点近く作ってくださいました。
今日は先月展示した坂本千明さんの紙版画作品を購入されたお客さまが額をいろいろ選びに来てくださって、とてもうれしかったです。
※イサドさんの額につきまして、お近くの方には会期後のお渡しをお願いしています。
ご案内が遅くなりましたが、何卒よろしくお願い申し上げます。

009

坂本さんの作品をイサドさんの額に入れて飾ってみました(版画は非売品です)。
少しさみしそうかな?
でもやっぱりかわいいですね。

 

 

いよいよ始まります。

40016068_2318284921545694_8149221868839108608_n
再生のカタチ
星耕硝子×工房イサド×宮本佳緒里

2018年9月7日(金)~18日(火)
10:30~18:30 最終日は16:00まで
会期中の休み:9/13(木)
作家在店予定:
9/7(金)イサドさん、星耕硝子の亜紀さん
9/8(土)イサドさん(午後早目の時間まで)

 

明日9/5(水)と明後日9/6(木)の定休日をはさんで、明けの9/7(金)からは楽しみにしていた三人展がいよいよ始まります。

星耕硝子さんは秋田県大仙市に工房があるので、年に何度か行ったり来たりで常設でもお世話になっていますが、企画展に参加いただくのは4年ぶりです。
工房イサドさんはグループ展に何度か参加いただいていますが、2013年に開催した個展以来、久々に盛岡に来てくださることになり、とてもうれしいです。
宮本佳緒里さんはこれまでに個展を2回、昨年春には二人展で参加いただいて、京都から毎回来てくださっていました。今回も来盛予定でしたが、事情があってかなわず。残念ですが、作品はいろいろと届く予定ですのでどうぞお楽しみに。

企画展で季節やモチーフをテーマにすることは多いのですが、今回の【再生のカタチ】というのは、この三人だから浮かんだものだと思います。
組み合わせを考えながら今回の皆さんを思い浮かべた時に、相性の良さは想像できるけれど、何か共通するものがないかなって思いをめぐらせました。
「再生」という言葉が出てきたものの、考えすぎると重いような、言葉だけだとあまり伝わらないような、そもそも三人は「再生」がテーマの展示という話を受けてくださるかどうかとしばらくモジモジしていたのですが、2015年の終わりぐらいからお一人お一人と相談して、皆さん「それは楽しみ」と快く受けてくださって、まもなく開催に至ります。

星耕硝子さんはウィスキーボトルを使った青いガラスの作品を中心に、イサドさんは建具などの古材を額縁などに生まれ変わらせ、宮本さんはいろんな国の布を散りばめられてまたひとつの布にした作品などを届けてくださいます。

三人展のために、作家同士が相談して作った作品もいくつか並びます。
たとえば、DMの写真に使用したものはイサドさんの額と宮本さんの布を組み合わせた作品です。
星耕硝子さんのシュガーポットとイサドさんのスプーン、というコラボ的な作品も並ぶ予定です。
宮本さんは、いつかは生かしたいと思っていたガマグチを切った時に出る端っこの三角布をたくさん使ってみたそうです。前からやってみたかったことだったから、とても楽しかったとメッセージをいただきました。

そんな、 再生がテーマの作品を中心にした三人展です。
ぜひ足をお運びください。

台風の影響が気になります。
どうか各地に被害が出ませんように(祈)。
そして、どうか作品が無事に届きますように(念)。

 

※写真はDM用に下平桃子さんに撮影していただいた一枚です。
DMには縦位置の写真を使用しましたが、こちらの写真も素敵なので。

 

 

坂本千明さんの新作ポストカードが届きました。

003

坂本千明さんから、新しいポストカードが届きました。
左のキジシロ猫が初登場。
右の煤ちゃんは先日の展示会期後半に加わったポストカードです。

展示の際、ポストカードをお買い上げのお客さまも多く、会期中に追加したにもかかわらず最終日には欠品してしまったものもいくつかありました。

002

ですが、あらためて追加をしていただきましたので、今はこのとおり。

坂本さんの著書『退屈をあげる』(青土社)のサイン本も届いています。
読んでみたいなぁという方はぜひお手に取ってみてください。
本の原画展が昨日から名古屋のカフェ・シャトンルージュというところで開催されています。
その後は札幌での展示を予定しているとか。
このブログを読んでくださっている方にはお近くの方はいらっしゃらないかもしれませんが、猫好きの知り合いが近くにいる!なんてことがありましたらぜひご案内ください。

展示終了後に額装作品のお渡しを約束させていただいた遠方の方や、最後にシート作品の通販を承った皆さまのお手元にも無事に作品をお届けできました。
シート作品が届いた方からは「版画に合う額縁を探すのが楽しみです」といったようなメッセージを多数いただき、喜んでいただけてよかったなぁとしみじみ感じています。
いろいろな方に、そして猫たちにも、ありがとうございました。

2018年9月2日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

9月の予定。

昨日と似たような内容になってしまいますが…
今日から9月。
ということで今月の予定をご案内したいと思います。

9/5(水)定休日
9/6(木)定休日

再生三人展

9/7(金)~18(火)再生のカタチ 星耕硝子×工房イサド×宮本佳緒里

9/7(金)星耕硝子の亜紀さんと工房イサドさんが在店
9/8(土)工房イサドさんが在店(午後早目の時間まで)

9/13(木)定休日
9/18(火)展示最終日。16時閉店
9/19(水)定休日
9/20(木)定休日

てつびん

9/21(金)~10/2(火) 鉄瓶のある暮らし 鉄瓶工房髙橋 作品展

9/22(土)・23(日)鉄瓶工房髙橋・髙橋大益さん在店 ※てつびん相談所開催

9/27(木)定休日
10/2(火)展示最終日。16時閉店
10/3(水)定休日
10/4(木)定休日

 

DSC_0790

姫と栗は9月生まれ。なので今月は健康診断に行きたいところ。
あぁ、人間の健康診断もぼちぼち申し込まないとなぁ…(毎年ぎりぎり💦)

 

今週末と来週末と来月下旬と。

明日から9月。
なんだか今年の夏はあっという間だったなぁ…。

今日はお世話になっている作り手の方々に関連する展示などのご案内をしたいと思います。
明日9/1(土)一日限りのものと、明日からスタートするものと。

001

まずは右上の、安比塗漆器工房【工房祭り】。
明日限定、年に一度のアウトレットセールだそうですよ。
以下は安比塗漆器工房さんのFbページより。

使用するには問題のない漆器を、あれやこれや大放出です。
数に限りがありますし、一点ものも多くあります。
ご了承下さいませ。

また、店頭にお越し頂いた方のみの販売となりますので、通販での販売やお取置きはしておりません。
アウトレット商品ですので、箱のない物も多く、簡易包装でのお渡しとなります。
合わせてご了承下さい。

 

【工房祭り】
安比塗漆器工房(八幡平市叺田230-1)
9/1(土)9:30~17:00

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次に右下と左のご案内へ。
こちらは渡邊 葵さんとお父様の敏明さんの二人展と、同時開催される白岩焼関連の展示のご案内です。
地元・角館での展示ということで、楽しみにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

【渡邊敏明・渡邊葵作陶展】
9/1(土)~9/4(火) 9:00~17:00(入場は16:30まで)
仙北市立角館樺細工伝承館 一階研修室にて
秋田県仙北市角館町表町下丁10-1 TEL:0187-54-1700
入場無料

同時開催【古白岩焼と和兵衛窯展】
9/1(土)~10/28(日) 9:00~17:00(入場は16:30まで)
仙北市立樺細工伝承館二階展示室にて
観覧料・大人300円、子供150円

うつわもアクセサリーも新作をたくさん用意されているようです。
敏明さんとの二人展は3度目とか。
それぞれの白岩焼を見ることのできる機会だと思いますので、ご興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一週間後の9/7(金)からは、当店でも企画展が始まります。
すでに何度かご案内していますので、楽しみにしてくださっている方も多いかと思います。

再生三人展

再生のカタチ
星耕硝子×工房イサド×宮本佳緒里

9/7(金)~18(火)
10:30~18:30 最終日は16:00まで
会期中の休み:9/13(木)

 

ウィスキーボトルは青いガラスに、古材は額縁などに、いろんな国の布は散りばめられてまたひとつの布に。
再生がテーマの作品を中心にした三人展です。
ぜひ足をお運びください。

作家在店予定:
9/7(金)イサドさん、星耕硝子の亜紀さん
9/8(土)イサドさん(午後早目の時間まで)
※宮本さんの在店は、都合によりかなわなくなりました。
宮本さんも残念がっていましたが、楽しみにしていた方には申し訳ございません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三人展が終わったら、休みをはさんで今度は鉄瓶工房髙橋(髙橋大益)さんの個展です。

てつびん

鉄瓶のある暮らし
森のてつびん屋 鉄瓶工房 髙橋 作品展

9/21(金)~10/2(火)
10:30~18:30 ※最終日は16:00まで
作家在店日:9/22・23
会期中の休み:9/27(木)

 

愛着を持って長く使っていただける鉄瓶づくりをされている、
鉄瓶工房 髙橋(髙橋 大益)の4年ぶりの個展です。
常設の鉄瓶を含め、20種類以上の鉄瓶が並びます。
ぜひ足をお運びください。

※鉄瓶のお渡しは会期終了後となります。
※ご希望の鉄瓶がご売約済みの場合はご注文を承ります(お渡しまでお時間をいただきます)。

 

◎てつびん相談所(9/22・23)
南部鉄瓶に関わるご相談を承ります。
これから購入したいという方のご相談はもちろん、家で眠っている鉄瓶の状態を見てもらうなど、いつか誰かに聞きたいと思っていたことを聞くチャンスですよ!
(お手入れや修理のアドバイスはいたしますが、ほかの工房の鉄瓶につきましては購入先や製造元へ依頼していただくことになります。ご了承ください。)

◎白湯、あります(会期中)
会期中は大益さんの使いこまれた鉄瓶で沸かした白湯をご用意いたします。
そのまろやかさを実感してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで、9月は展示が続きます。
それに備えて?昨日、一昨日はしっかり休みをいただきました。

DSC_0922

気がかりだったお墓参りもして、マッサージやらちょっぴり勉強会やらと充実した二日間でした。
明日から9月。
その前に8月を終わらせないと…。
それではまた明日。

 

2018年8月31日 | ひめくり日記, 日々のこと