本・紙もの

木村衣有子さんの新しいリトルプレス。

今日は久しぶりに本情報です。

文筆家の木村衣有子さんが先日、新しいリトルプレスを届けてくださいました。

P3015074_2『私的コーヒーAtoZ』
発行:はるあきクラブ(旧・木村半次郎商店)
文と編集:木村衣有子
装丁:木村敦子(kids)

新潟県のコーヒーショップ、ツバメコーヒーさんが開発した新しいドリッパー、「ワイスケドリッパー」をきっかけに発刊されたリトルプレス。

アルファベットAからZの順に掌篇小説に短歌、エッセイなど、コーヒーにまつわる26話がコンパクトな一冊に。

必ずしもAから順に読まなくても良い気もしますし、コーヒー時間のお供やちょっとした待ち時間などにも気軽に楽しめそうな一冊。

もし、ご自宅や喫茶店にコーヒー本のコーナーがあるとしたら、あったらうれしい一冊という気もします。

コーヒー好きの方にはもちろんのこと、コーヒーがお好きな方へ、コーヒー豆とお菓子と合わせて贈りものに、というのも良いかもしれません。

私の場合、円錐形のドリッパーを15~20年?(いつからなのか、はっきりした年を忘れ気味です)くらい使っているタイプなのですが、読んでいるうちに、発刊のきっかけになった「ワイスケドリッパー」にもちょっと興味が出てきました。

今日からご近所のBOOKNERDさんで、新潟のツバメコーヒーさんと木村衣有子さんによる企画展「コーヒーのマチエール」が開催されています。

ご興味のある方はこちらも是非。

R

2024年3月2日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

プリンだけどパン。

最近プリンに加えて、新たにパンがのっているものが増えてきているような…。

P2194949_2
真ん中のブローチは、パンダがパンを…笑

プリン同盟をご存知のお客さまの場合。

プリンだけどこっちかな?
やっぱりプリンか?!
あ、いや、でもパンダがパンってちょっと…。
んー、今日はパンにします!

この頃、こんな感じに心が揺れているお客さまがいらっしゃるのがおかしい、プリン同盟会長、三河さんが長年作り続けているプリンブローチとプリンバッジ。

P2194946_2ブログではご紹介したことがまだなかった気がしますが、このパンダプリンのバッジも気になる存在です。

パンダが眼鏡?!いやいやサングラス?!
どちらでしょう?

三河さんのお話によりますと「ただパンダに線引いただけだけど…」だそうです。

続いてこちら。

P2194945_2
ねこが飛んでる?
???

P2194944_2トランプリン!
👏👏👏

こういうタイプがお好きな方もいらっしゃるはずですので、今はこんな感じのものを届けてくださっています。
すでに旅立っているものもございますがお知らせしておきます。

お子様だけでなく、気付いてしまうと大人の方もハマる方はハマってしまってしまい、真剣に選んでいる姿が微笑ましい。

2月は猫の月ということで、cat!cat!cat!2024のコーナーには置いていませんが、三河さんのプリねこなどもいらっしゃいますので、こちらもお見逃しのないよう、よろしくお願いします。

P2194948_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

店主Mさんが、cat!cat!cat!2024の坂本さんと大柳暁さんの作品を22日(木)からオンラインストアに載せる予定と書いていましたので、詳細はまだですが、こちらも情報をお見逃しのないよう、よろしくお願いします。

明日21日(水)・明後日22日(木)は定休日です。
また週末にお待ちしております。

R

 

2024年2月20日 | ひめくり日記, 本・紙もの

 

cat!cat!cat!2024 オリジナルグッズを作りました◎

「cat!cat!cat!2024」に合わせて、オリジナルグッズを作りました。
ひとつめは、ラッピングペーパーです!

IMG_4510_3

2種類作りまして、左はブルーグレー、右はベージュピンク。
淡い色で、やわらかい印象です。

この色合い、実はある猫の種類をイメージして決めました。
左のブルーグレーは「ロシアンブルー」、右のベージュピンクは「シャム猫」をイメージしています。

2種類各3枚、計6枚入りのセットと、それぞれ1種類5枚入りで販売しています。

 

IMG_4521_2

サイズはA4です。
左は名刺サイズの箱を包んだもの、右は文庫本のカバーにしてみました。

これからの時期、ちょっと包んで渡したいものが多かったりしませんか?
バレンタインデー、ホワイトデー、卒業シーズン、引っ越しなど…。
ラッピングペーペーをお探しの際にはぜひ~。

 

IMG_4528_2

ぽち袋も作りました。
こちらも2種類ありまして、各5枚入りで販売しています。
サイズは109.5×65mm(ベロ部分含まず)。
一般的なぽち袋と同等のサイズだと思います。

 

おわかりになる方もいらっしゃるかと思いますが、今回作ったラッピングペーパーとぽち袋は、以前作ったポストカードの絵柄を流用して、色合いを変えてみました。
デザインはhomesickdesignさんにお願いしています。

近いうちにオンラインストアに載せようと思っていますので、遠方の方など、ぜひご利用くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日2/10(土)は、秋田市のmogunezu(モグネズ)さんのお菓子の詰め合わせを販売します!

内容は、
マドレーヌ(プレーン)
マドレーヌ(チョコ&ココア)
スコーン(プレーン)
スコーン(クランベリーとホワイトチョコ)
珈琲ビスコッティ(チョコかけ)
チョコチップクッキー

数量限定、なくなり次第終了となりますのでご了承ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

GFshf4cboAA-Dxl

新しい一週間も、よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

セツローさんのかんざしとzoetropeさんのラッピングペーパーのこと。

「セツローさんの小さな展覧会」4日目。

今日はご自身も絵を描くことがあるというお客様や、情報をご覧いただいて、なんとなく好きな気がする!と思って観にきましたというお客さまがいらしてくださったりと、うれしく思います。

セツローさんは油彩や水彩スケッチの他、自ら木を削り、匙やかんざしなども作られていたそうです。

この匙やかんざしも素朴で味があり、今日はかんざしを少しご紹介したいと思います。

P1224776_2
左から
イスラム10世紀重貼り目玉
ベネチア1700年代クリア多面体ビーズ
ジャワ5世紀ビーズブランギ
(すべて非売品)

かんざしはセツローさんが選んだ様々な国の古代ビーズとの組み合わせがたのしく、このひとつひとつのかんざしはもちろんのこと、ひとつひとつのかんざしの絵もまた愛らしいのです。

なんといいますか、それぞれの作品に対する愛情が伝わってくるような、ずっとみていたくなるようなかんざしです。

会期初日のブログにも店主Mさんから少し説明がありましたが、今日ご紹介したかんざしは非売品ですが、販売しているものもございます。

信陽堂さんから出版された『セツローさんの随筆』。
今回の展覧会はこちらの本にも掲載されている作品を実際にご覧いただける貴重な機会だと思いますので、ご興味のある方はぜひご覧いただきたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はもうひとつ。
zoetropeさんから、長らく品切れだったA4サイズのラッピングペーパーremen(冷麺)など、いろいろな種類を補充していただきました。

P1224783_2たくさん種類がある中、remen(冷麺)は、いつも入荷して間もないうちに旅立ってしまうことが多いのでお知らせしておきたいと思います。

P1224779_2

全種類紹介するとすごい量になってしまいますので、今回は岩手・盛岡っぽいものを撮ってみましたが、本当に種類がありますので、ぜひ、店頭でどの柄にしようかお悩みください。

使い方は様々。
ぽち袋にしてみたり、便箋のように使ってみたり、あとは文庫本のカバーとしてもちょうど良いサイズです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はまた、雪ではなく雨なのですね。

R

 

ご提案。

_n7a9074-2

当店のオリジナルポストカード「モリオカヒメクリナカツガワ」シリーズの「ハクチョウ」。

寒中見舞いにいかがでしょうか?

こちらは定番商品のひとつなのですが、しばらく欠品していました。
昨年秋に久しぶりに増刷したので、今日はこちらをご紹介。

寒中見舞いにいかがでしょうか?(二度目)

 

009

宛名面の切手を貼る部分。

切手を貼ると見えなくなってしまいますが…。
あえてズラしていただいてもよろしいかと…。

 

白鳥と言えば“冬の使者”。
盛岡にもたくさん飛来してきていると思いますが、残念ながら中津川(店の前)ではまだ目撃していません。
例年の1月より寒くないので、なんとなくあまり期待できない気がしますが、もし来たら報告します!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1094649

白鳥は来ませんが「圭輔」が来ました。

 

P1094650

いい横顔です。顔まわりがふっくら…。

 

P1094651

あ、全体的にふっくらでした。
そして相変わらず、私とはあまり目を合わせたくないようです。笑

 

1/10(水)定休日
1/11(木)定休日
1/12(金)展示替えのため、14時閉店となりますのでお気をつけください。

 

 

 

今日からヤンマさんの受注会、そしてカレンダー情報。

PC224587

今日からヤンマ産業さんの「夏に間に合うリネン展」が始まりました。
それに合わせて店内もプチ模様替え。

年内最後の企画展。
こちらは12/27(水)までの開催となります。
年内の営業は12/28(木)まで。木曜ですが営業します。

12/29(金)~1/4(木)までが年末年始のお休みとなります。
そして、何度かご案内していますが、来年からは水曜・木曜が定休日となりますので、こちらもよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年末押し迫る中、新たなカレンダーが到着しました!

PC224593

2年に一度のペースで、西荻イトチさん&もりのことさんから発行される、出口かずみさんのカレンダーです。
2024年版は「TODOFUKEN(都道府県)」がテーマになっています(表紙を見た瞬間は「TO DO~」に見えて“??”となりましたが、日本語のアルファベット表記とか、ちょっとした文字におかしさがあったりするのが出口さんの得意技のひとつとお見受けいたします)。

 

PC224595

前回までは2週間で一枚、バラでしたが、今回は1週間で一枚、中綴じ仕様になりました。
一枚につき47都道府県のどこかが描かれ、クスッと笑えるキャプションが添えられています。

発行元のもりのことさんのSNSで見た記憶ですが、出口さんの絵をいっぱい見たくて2週間で一枚仕様から、1週間で一枚仕様に変更したとのこと。
私たちも出口さんの絵と言葉のセンスが大好きなので、多くなる分には大歓迎というか、倍楽しませていただけるなんて光栄です!

サイズは左右が128mm、広げた際の天地は340mm。

2年に一度の発行で、だからといって2年分のカレンダーではなく2024年だけのカレンダーです。
最初は不思議に思ったそのペースですが、私たちも出口さんのカレンダーのファンのお客さまも慣れてきました。笑
今年は来るのか来ないのかと思っていた皆さま、ご来店をお待ちしております!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PC164552

オンラインストア(BASE)に、東北巧芸舎さんの「鏡餅」を載せました。
数に限りがありますが、遠方の方など、よろしければご利用ください。→ 

それでは、年内最後の週末営業も、皆さまのお越しをお待ちしております。

 

 

葵さんの展示より。

PC084463(2)

一昨日12/8(金)から始まった「白岩焼和兵衛窯 渡邊葵展」。
怒涛の三日間でした…。

葵さんの美しいピッチャー。
先日行ったBar わたなべさんでも使われていました。

 

PC084464

シカク鉢。
サイズは2種類あって、大きめのほうはお浸しとか煮物とか、小さいほうは漬物とか珍味っぽいものとか…。

最初の週末でいろいろと動きましたが、今回はわりと小さめのお皿やマグカップなどを多めにご用意くださっているので、この後もぜひ足を運んでいただけたらと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2024_h1

当店のオリジナルカレンダー「モリオカノオト」。

考えてみたら、10月末に町分マルシェに持って行けるように準備を進めて、届きました!という速報しかお伝えしていませんでした。
すでに多くの皆さまにお買い求めいただいておりますが、まだまだ絶賛販売中ですのであらためての紹介を。

オンラインストア(BASE)での販売も始めてみました。
遠方の方はよかったらそちらからポチッとお願いします。→ 

 

ポチッとつながりの話としては、5月に開催したTシャツ展のデザインによるTシャツ&トートバッグ&トレーナーの通販対応は残すところあと一週間。
かっわいい2匹の子猫の里親探しにも励む6JUMBOPINSさんのオンラインストアからぜひどうぞ。→ 

P5032641

 

 

いろいろ届いています。

PB254274_2

絵と活版印刷のフウケイさんから、「2024年 石ころカレンダー」が届きました。

 

PB254285_2

今回もすてきです。
薄めの紙にシンプルな文字、そして、石ころの部分が毎月違う石ころで、色も位置も変わるので月ごとに楽しめます。

 

PB254288_2

石ころの部分が活版印刷なので、少し紙に圧がかかっているのがおわかりいただけたらいいのですが…

 

カレンダーの入荷もそろそろ終盤。
あとは、ますこえりさんの日めくりカレンダーを残すのみ、かな。
カレンダーと言えば、年賀状っぽいものも少し前から販売はしているのですが、こちらを紹介していませんでした!

PB254293_2

さいとうゆきこさんのポストカード「タツ」。
正式には「タツノオトシゴ・竜牙草とギンリョウソウ(銀竜草)」です。

ゆきこさんはここ数年、干支と、それにちなんだ植物を描いたポストカードを作っています。
今回描かれた植物は、黄色いほうが竜牙草(キンミズヒキ)、白っぽいほうがギンリョウソウ。
いずれも知らない植物でしたので、勉強になりました。

 

わざわざ書くことでもないのですが、ここまで写真はRさん、文章はMで、めずらしく分担しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

PB2342498(2)

工房イサド展「木のかたち」より、古時計リメイク。

気に入った昔の時計の文字盤を見つけては収集し、古材を使いリメイクしています。
時計を動かすための装置?は今のものを使っているので、単3電池を入れればちゃんと時を刻んでくれますよ(しかも今どきは秒針の音がしないんですね。驚き)。

今日もたくさんの方が展示を観に来てくださいました。
明日もお待ちしております!

 

いろいろ届いています。

PB184183

堀口尚子さんから「ie カレンダー2024」が届きました。

昨年の今頃、2023年版で最後にするとのことだったんですが、今年になって「やっぱり作りたい…」と思ったそうで、こちらとしては大歓迎でした!

 

PB184182

だって毎月かわいいんですよー。

ニュースを見ているとあんまり明るい気持ちになれないことも多い今日この頃ですが、毎日眺めるカレンダーとかはお気に入りのものを飾って、少しでも気分良く過ごしたいものです。

気分良くと言えば…

PB184189(3)

「ムーンドッグの宝船」

飯坂真紀さんの小品展より。
この作品は、見たことがある人もいらっしゃるかもしれません。
こちらは昨年12月、不思議な盛り上がりを見せた「金の板展」(会場/彩画堂)に飯坂さんが出品された作品を額装したものです。

「ムーンドッグ」とは、アメリカの盲目の作曲家&ミュージシャン(1916 – 1999年)で、暗くも明るくもなく肩の力が抜けたミニマルミュージックみたいな、少し明るい、そんな彼の音楽が好きだと飯坂さんのSNSに書かれていました。

ムーンドッグとネコ、トリ、キツネ、ユニコーンのようだけど角が2本あるいきもの、カメ、イノシシ、そして鯛を釣る人で、七福神風(ふう)。
金の板でちょっとおめでたい感じ、さらにはダイヤ(イミテーション)付き!

というこちらの作品は、ご売約済みとなっております。
ご商売をされている方が「縁起が良さそう」という感じで決めてくださいました。

飯坂さんの小品展は明後日11/20(月)16時まで。
残すところ明日明後日の二日間のみとなりました。
明日も飯坂さんがお昼くらいから在店されます。
よろしければぜひ足をお運びください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PB184180(2)

6月に開催したヤンマ産業さんのお洋服の受注会でご注文いただいたものが、思っていたより少し早く届きました。
ご都合のいい時に、お受け取りをお願いいたします。
発送をご希望されているお客さまには、近日中に発送いたします。
少々お待ちくださいませ。

 

ほかにもいろいろ届いているのですが、紹介が追いつきませーん。
コツコツ載せていきますが、店頭にはすでに並んでいますので、気になるなぁとかヒマだなぁとかな時にはぜひ寄ってみてください。
明日もお待ちしております!

 

「岩手ADC年鑑2022」と「飯坂真紀小品展」より。

少し前に岩手アートディレクターズクラブから『岩手ADC年鑑2022』が届きました。

PB144155_2

岩手県内のクリエイターの作品を年に1度、公募して展示、審査するというイベント、「岩手ADCコンペティション&アワード」が毎年開催されています。今年で7年目という審査会。

届けていただいたものは、2022年の岩手ADC賞のグランプリなど受賞作品・入選作品を1冊にまとめたものです。

2016年版から2022年版を見比べてみると、審査員の方も毎年同じ方ではないですが、受賞されている作品の雰囲気も年々少しずつ変化しているような気もしてきました。

岩手県内のクリエイターの皆さまはもちろんですが、どこかの企業にお勤めの方でも商品開発の参考書のような感覚でも楽しめると思いますし、最近は県外からお越しいただいたお客様かな?と思う方が岩手ADC年鑑をお手に取ってご覧いただいていることが前より多いような気がしています。

昨年も書いていましたが、クリエイター以外の皆さまも、デザインをきっかけに岩手のことを知ることができる一冊だと思います。
ちなみに当店では、2016年版からのバックナンバーもございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「飯坂真紀小品展」より。

IMG_3862_2
「ノッポの納屋」

こちらの作品は今回の展示DMの作品でもあります。

ここはどこなのかな?と考えてもどうも浮かんでこない場所。
それなのになぜか懐かしさを感じてしまいます。

飯坂さんのお話によりますと、盛岡市茶畑のさがみ典礼盛岡迎賓館の四号線の道路を挟んで向かい側にある場所だそうです(今は盛岡迎賓館ですが、どうも私も未だに南部会館といってしまいます。)。

場所を教えていただいて、通ったことがあるはずの場所なのに残念ながらピンときませんでした。

車でしか通らない所って、毎日通っていてもそんなところありましたっけ?、と思う場所もあったりしますが、飯坂さんの作品を観にいらっしゃるお客さまは、作品を観てから、あらためて実際の場所をまわりたくなるとお話しされるお客さまがとても多いなぁと感じます。

そして飯坂さんの描かれる建物がお好きな方は多いという印象は強くありますが、その周りの草木がなんとも良い雰囲気だったりで、そういうところが実は好きですとお話しされる方も実はいらっしゃるような印象があります。

こちらの作品は麻布にアクリルという技法で描かれていて、紙とはまた違った質感ですので、紙の作品と比較してご覧いただくのも面白いと思います。

明日15日(水)は第3水曜日ですが、営業いたします。
飯坂さんは午後から在店予定です。

R