展示会の様子

カレンダー情報&大盛況でした🍎

001

オガサワラユウダイさんのカレンダーが入荷しました。
2020年版はカラフル!
今回、テーマは「海外のことわざ」だそうです。
この短い一文を毎年楽しみにしているので、ほう、そう来たか!という感じです。
予定を書き込めて、使いやすいカレンダー。
こちらが定番の方も多いかと思います。
町分マルシェにも持っていく予定です~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

002 (2)

オープン直前、ギリギリセーフで準備完了。
今回もおいしいに違いない、ケーキやマフィン、スコーンがずらり。
ジャムもいろいろあって困る!
勝手に困っていろという感じですが(笑)、今回もひとつ、ヨーグルト用に「さんさ」のジャムを購入いたしました❤
下の段にはりんごジュースとアップルサイダー。
こちらもとてもおいしいです。

003

りんごの販売も🍎🍎🍎
今回はトキとジョナゴールドを持ってきてくださいました。

004

先日の台風被害から抱いた思いから、売上の一部を被災地域の義捐金に充てるという、「台風に負けない!つながる支援、応援リレーセット」も販売されました。

以下、ミズサキノートさんの投稿より。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「台風に負けない!つながる支援、 応援リレーセット」をご用意することにしました。
果汁100%オリジナルサイダー&りんご100%ゼリージュースの数量・期間限定、特別価格セットです。
商品を購入いただくことで、りんごを活かすことにつながります。
でも、私達だけがなんとかなればいい とは思えません。
この商品の売上の一部を台風で被害を受けた被災地域の義捐金に充てたいと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主旨を汲んで、購入してくださった方もいらっしゃいました。
ありがとうございました。

開店からあっという間に売り切れてしまったものもたくさんありましたが、午後からは比較的ゆったりと、ミズサキノートさんもお客さまとお話をしながら販売をされていました。
秋谷さんの展示にも、二度目のご来店の方もいらしたりして、にぎやかな一日でした。

 

007

こちらは秋谷さんの「輪花小鉢」。
このうつわにはりんごの木の灰で作られた釉薬が使われています。
及川りんご園をやりながらカフェを営業しているミズサキノートさんから、剪定したりんごの木を灰にして秋谷さんへバトンタッチすると、こんなふうに活かされていきます。
上の写真で、うつわの底の部分に釉薬が溜まって固まったところが、りんごの蜜のように見えてかわいらしく思えてきます。

りんごの釉薬は、すべてに使われているわけではありませんが、白いうつわに蜜みたいな溜まりが見えたら、それはりんご釉が使われているものだと思います。
こちらでも判別できますので、気になる方はお声がけくださいね。

初日から3日間、在店していただいた秋谷さん、ありがとうございました。
ミズサキノートさんも、りんご収穫期の超お忙しい中、ありがとうございました。
【秋谷茂郎展】はまだ続きます。
会期は10/29(火)まで。
皆さまのお越しをお待ちしております。

010

ミズサキノートさんが次に出店されるのは来週日曜日(10/27)に開催される【町分マルシェ】。
去年は自分の場所を離れらず、まったくお店をのぞくことができなかったけど、今年は行けたらいいなぁ。
かわいいりんごのハガキは、ミズサキノートさんで開催される【りんごのおまつり】のご案内です。
毎年開催されている人気のイベント。
今年は10回目で、11/23(土)、24(日)の二日間だそうです。
秋谷さんも参加されます。
こちらも楽しみですね。

 

 

 

新しいカレンダーと、【秋谷茂郎展】2日目。

002

新しいカレンダーが届きました。
遠く九州・福岡市にある猫本専門店の書肆 吾輩堂さんが、写真家・上野昌子さんと組んで作られたというオリジナルカレンダー「CAT THEATER」です。
坂本千明さんの『退屈をあげる』原画展がご縁で、こちらのカレンダーのご案内をいただきました。
モノクローム銀塩写真にこだわり、愛猫を撮り続けているという上野さんの写真は、どの月も嘘みたいにすてきな写真ばかりです。
贈りものにもいいかもしれません。
ぜひ、お手に取ってみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

020

【秋谷茂郎展】2日目。
あいにくの雨で、今日は皆さんお出かけにならない日かな~と思いましたが、開店からお客さまが続いてうれしかったです。
写真は粉引方形花器『流』。 内側に仕切りがあるので、ご覧のようにとてもすてきに花を飾ることができます(と言ってもこれは花屋さんに飾っていただきました。さすがです!)。

021

この仕切り、「花留め」というんですね。秋谷さんに教えていただきました。
剣山がなくても立体的に花を飾ることができますね。
今回は、ドライになってもいい感じの花でお願いしました。
会期中に少しずつドライ化していくと思うので、その変化も楽しみです。

012 (2)

さてさて明日10/20(日)はMizusaki Noteさんの1Day Cafeですよ~!(写真は去年の出張カフェの様子。)
明日はケーキやマフィン、スコーンなどが用意される予定です。
及川りんご園のりんごで作られたりんごジュースやジャム、そしてりんごそのものも販売します。

秋谷さんが作られている作品の中に、りんごの釉薬を使っているものがあります。
その釉薬は、及川りんご園の剪定木から作られています。
何年か前の個展の際、ミズサキノートさんに出張カフェで来てもらって、秋谷さんと及川さんがお話をしているうちに話がまとまって、そのきっかけになった気がしてとてもうれしかったのを覚えています。

明日まで、秋谷さんが在店してくださいます。
ミズサキノートさんも来ます。
皆さまのご来店をお待ちしております!

 

 

 

 

 

【秋谷茂郎展】始まりました。

013

本日より【秋谷茂郎展】が始まりました。
秋谷さんならではの落ち着いたブルーや、やわらかな白いうつわがたくさん並びました。
写真は青彩の大皿。直径は約30cm。
常設ではなかなか見られない、大きめのお皿や鉢、これからの季節にぴったりの土鍋もいろいろなサイズがございます。

今日、明日、明後日は秋谷さんが在店されます。
ぜひ、足をお運びくださいませ。

030

定位置からの眺めはこんな感じ。
やわらかな雰囲気に包まれております~。
明後日10/20(日)はミズサキノートさんの1Day Cafeもありますので、お楽しみに!

 

◎Mizusaki Noteの1Day Cafe
10月20日(日)10:30~17:00(なくなり次第終了)
奥州市のミズサキノートによる出張カフェ。
マフィンやスコーン、アップルパイなどが並ぶ予定です。
コーヒーやりんごジュースもご用意しております。
※テイクアウトが基本となります。

69716625_2528885747230372_6645972582115835904_n (6)

 

2019年10月18日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

【アキタノガラス】終了しました。

008

【アキタノガラス】は本日16時をもちまして終了しました。

11人のガラス作家によるグループ展ということで、それぞれの個性があふれ、とても楽しい展示でした。
参加いただいた11人の皆さまにも感謝いたします。

ひとくちに「ガラス」と言っても、その表現方法はさまざま。
今回、そのおもしろさをあらためて教えていただきました。
8名の方が所属されている<秋田市新屋ガラス工房>は、入館無料で開館時であればどなたでも入館できます。
企画展を催していることもありますし、週末は吹きガラスの制作体験も行われています。
カフェ併設のショップでは、所属作家をはじめ、多くのガラス作家の作品が購入可能ですし、ガラス越しにではありますが、作家さんたちの制作風景を見ることもできます。
秋田に行かれる際は、立ち寄ってみてはいかがですか?

秋田市新屋ガラス工房
秋田県秋田市新屋表町5番2号
TEL:018-853-4201
開館時間:午前9時~午後5時
入館料:無料
休館日:火曜日(当該日が休日に当たる時はその翌日)と年末年始
HPはこちらです。→ 

 

最後にあらためまして、会期中は多くの方に足をお運びいただき、ありがとうございました。
次の企画展は10/18(金)から【秋谷茂郎 展】となります。
それまでの間は常設展。
くじあさこさんのフェルトマフラーや、渡邊 葵さんのアクセサリーなどが並びます。
近々新しいうつわも並べられるかな?
というわけで、お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。

DSC_9332

ベランダの紫式部が色づいてきました。
昨夜、レジの複数税率設定というのを格闘しながらがんばって予約して帰ったのですが、今朝レジを動かしてみたところ、失敗に終わりました…。
そんなわけで今日はバタバタ💦
やれやれという感じです。
値札の貼り替えも一部済んでいないので、明日明後日の二日間でいろいろとスッキリ終わらせたいなぁと思ってはいるのですが、どうなりますか。

とりあえず、明日10/2(水)と明後日10/3(木)は定休日です。
諸々どうなっているか乞うご期待!の週末も、皆さまのお越しをお待ちしております!

 

 
2019年10月1日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

【アキタノガラス】は明日まで。そして、お待たせしました!

002

開催中の【アキタノガラス】は明日10/1(火)が最終日となります。
16時まで、皆さまのお越しをお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

71332948_1092691770928525_6333121696781828096_n

5月に開催した藤田美帆さんの作品展でオーダーいただいた皆さまのアクセサリーが届きました!(すてきな写真は藤田さんから拝借。)
楽しみにお待ちいただいていたかと思います。
明日以降、お渡し可能ですので、ご都合のいい時に受け取りをお願いいたします。

なお、大変申し訳ありませんが、10/2(水)・3(木)は定休日となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

2019年9月30日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

噂をすれば…

001

昨日、近日中に入荷予定と書いた、こちらのカレンダーが届きました!

nowaki&Shiraki チャリティーカレンダー2020
京都のうつわや雑貨のお店「nowaki」さんと、画家の町田尚子さんが一緒に作られているこのカレンダーは、売上の一部が動物愛護活動の寄付となります。
町田さんの愛猫「白木(しらき)」と「さくら」、nowakiさんのお家の「ゆきちゃん」が、往年のロックスター姿だったり、ピアノやギターを弾いたりしています。
2019年版は映画がテーマでしたが、2020年は音楽。
見るたびにクスッと笑ってしまうカレンダーで、楽しい一年を過ごしたいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_9305

今朝は小岩井のクラフト市へ。
あいにくの雨でしたが、しっかり長靴をはいて、久しぶりにゆっくりと満喫しました。
いつもは駆け足でお世話になっている作り手の皆さんに挨拶するだけで終わってしまうのですが、こんなにゆっくり回ったのは店を始めてからは初めて。
初めましての作り手さんともお話しすることができて、収穫アリでした。
会場では、店に来てくださるお客さまや、出店者ではない作家さんにも何人もお会いしたりして。
楽しかった!
これからはどんどん出会いを広げていきたいぞ!と、めずらしく前向きな気持ちに(別に後ろ向きなわけではないのですが、グイグイ系でもないので…笑)。
増税は憎たらしいけど、気持ちは暗くなりたくないですね。
暮らしの中で、少し豊かな気持ちになるようなものをこれからもご紹介したいなと気持ちを新たにいたしました!(単純…)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

010

開催中の【アキタノガラス】は明後日10/1(火)まで。
最終日は16時までとなりますので、時間にお気をつけください。
明日明後日も、皆さまのお越しをお待ちしております。

2019年9月29日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

【アキタノガラス】後半です。

9/20(金)から始まった【アキタノガラス】。
昨日の定休日をはさみ、今日から後半がスタートです。
今日は、秋田市新屋ガラス工房の所属ではない、3名の作家をご紹介します。
写真は初日に撮ったものが多いので、すでに販売済みのものも含まれます。ご了承ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

026

硝子工房窯硝(かましょう)の鎌田祥子さんの作品。
鎌田さんはキルンワークという作り方で、ガラスとガラスの間に銅線を入れたり、金属箔のシート(という言い方で合っているかな)をはさむなどをして、個性のある作品を作られています。

005

大きいほうは約22cm、小さいほうは約14.5cm。
こんなお皿がテーブルに並んだら、華やぐし楽しいですね。

 

硝子工房 窯硝/鎌田 祥子 Kamada Shoko

●略歴
秋田県出身
秋田公立美術工芸短期大学(現、秋田公立美術大学)卒業

2001 日本クラフト展 入選
2001 高岡クラフト展 入選
2004 現代ガラス展 IN おのだ 入選
2005 「 硝子工房 窯硝」設立
2005 秋田県工芸家協会公募展 優秀賞
2006 KOGANEZAKI 器の形・現代ガラス展 入選
2006 現代ガラス展 in 山陽小野田 入選
2009 秋田工芸展 入賞
2016 LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2016 年度匠に選出

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

023

こむれみほさんからは、バーナーワークで作った色とりどりのアクセサリー。
みほさんのアクセサリーを見ると、いつもキャンディみたいだなと思ってしまいます(笑)

002

こちらは新作の糸巻きのネックレス。
やっぱりちょっとおいしそう…🍬

 

Glass Studio Pronto/こむれ みほ Komure Miho

●プロフィール
東京都生まれ
独学でバーナーワークを学ぶ
1999 富山市にGlass Studio Pronto を開く
2001 秋田市に移る

●展覧会2015~
2015 暮らしのカタチプロジェクト(ココラボラトリー / 秋田市)/陶とガラスの二人展 Cereal(Café Pecoli / 秋田市)
2016 立山Craft 2016(富山県立山市)/K ’ s Collectables(エムズコレクタブルズ / 秋田県潟上市)
2017 ブロウチな夏(和装はきもの加藤 / 大仙市)/よこてお城山クラフトフェア(横手市)
2018 みちのくガラス作家展(白神ガラス工房 / 青森県深浦町)/ボタン研究所(blank + / 秋田県秋田市)
2019 CRAFT 市2019 春(岩手県雫石町)/津軽森2019(青森県弘前市)/みちのくガラス作家展(創芸工房 / 福島県いわき市)/Button part V・・・花の蕾(もえぎ本店 / 栃木県益子町)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

025

吉岡星(せい)さんは、いろんなタイプの作品があります。
クリアのガラスもあれば、ザラッとした質感のものもあったり、色もいろいろ。
酒器が多いところを見ると、お酒がお好きなのでしょうか?

011 (2)

この質感はとても不思議で、外側はザラッとしつつも複雑な色の光を鈍く放ち、内側はメタリック。
こちらもぐい吞みです。

 

吉岡 星 Yoshioka Sei

●プロフィール
1982 大阪府生まれ
2004 株式会社夢番地(~2012)
コンサートプロモーターとして関西の音楽業界に棲みつく
2015 富山ガラス造形研究所 造形科 卒業
2017 瀬戸市新世紀工芸館 ガラス工芸コース 修了
2017 秋田市新屋ガラス工房 勤務(~2019)
2020 遠野にて独立予定

●展示歴
2014 oasis 展『CHASING THE SUN :OASIS 1993-1997』(ラフォーレ原宿)
2016 個展(愛知/ 名古屋栄三越)
2017 「ぐい呑み100 撰」展(巷談舎/ 大阪)
2018 横山翔平・佐々木俊仁・吉岡星作品展「 風の人の硝子展 2018」(秋田市新屋ガラス工房)/個展( JR 名古屋タカシマヤ/ 愛知)/個展( NAKAO 富谷店/ 宮城)/個展( blank+ / 秋田)

●受賞歴
2015 第4 回 そば猪口アート公募展 入選
2018 第7 回 そば猪口アート公募展 入選
第1 回 北近江サケグラス公募展 入選

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週末は、小岩井のCRAFT秋市、もうひとつはチャグチャグ馬コの里 工房フェスタも開催されますので、クラフト好きな方は楽しみにされているのではないでしょうか?
それぞれのイベントに、お世話になっている方々が参加をされているので、できれば見に行きたいなぁと思いますが、どうなるかな?

とありあえず、明日は2020年版カレンダーのことをお知らせできればなぁと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_20190927_143548_993

昨日の定休日、増税前に買おうかなと思っていたものがいくつかありましたが、コレがナニしてアレなんで、全部やめました(笑)。
猫たちのごはんとトイレの砂のみ、少し買い貯め。
そして特にそんなに意味はありませんが、数日分のカレーを作りました。
お金の使い方を考えさせられる月末(笑)。
そんな増税前の最後の週末ですが、皆さまのお越しをお待ちしております!

2019年9月27日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

【アキタノガラス】前半終了。

009

【アキタノガラス】は今日で前半が終了。
写真は熊谷俊さんの「おじぞうちゃん」。

明日9/26(木)は定休日です。
参加作家のご紹介はあと3名。
定休日明けにご紹介したいと思います。
後半も、皆さまのお越しをお待ちしております。

2019年9月25日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

田中里姫さんと米山佳菜子さんの作品。

022

田中里姫さんの作品です。
上段左はワイングラスで、下段右の小さめなのはぐい吞みとのこと。写真では見えませんが、細やかな気泡が入っています。
左側のボウルもすてきです。大きいほうは花器にもできそうな。

 

012

箸置きたちは、ピータン、ゴーヤ、ゆでたまご、生たまご、ラッキーゴーヤ。
食卓が楽しくなりますね。

 

田中 里姫 Tanaka Saki

●プロフィール
青森県生まれ
2018 秋田公立美術大学美術学部美術学科
ものづくりデザイン専攻ガラスコース 卒業
現在  秋田市新屋ガラス工房 勤務(2018 ~)

●受賞
2018 秋田公立美術大学卒業研究作品展2018
学長奨励賞受賞

●展示
2017 小林利華・田中里姫・川西菜月「GIRLS GLASS POWER」
(秋田市/ 新屋ガラス工房)
2018 田中里姫・柴田有紀2人展「現象」(秋田市/ 新屋ガラス工房)

○メッセージ
ガラスのいろんな表情に触れたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

003

米山佳奈子さんはキルンワークで、雪のような静かな表情のガラス作品は、オブジェやうつわ、アクセサリーなど。
板皿は和菓子とか、お刺身をちょっとだけどか、想像すると美しいなぁと思います。

037

なぜか心惹かれる「Bottle」。
ちょっとアップで撮りすぎましたが…💦
実物は高さが6cmくらい。すてきです。

 

米山 佳菜子 Yoneyama Kanako

●プロフィール
富山県生まれ
2013 女子美術大学芸術学部工芸学科 卒業
2013 調布グラススタジオ
2014 HALI’ S Glass Art Studi o(~ 2017)
現在  秋田市新屋ガラス工房 勤務(2017 ~)

●受賞
2016 第71 回富山県美術展工芸部門 入選
2017 テーブルウェア・フェスティバル2017 ~暮らしを彩る器展~ 入選

●展示
2017 新屋ガラス工房所属作家作品展「Glass talk」(秋田市/ 新屋ガラス工房)/ みちのくガラス作家展(秋田市/ 新屋ガラス工房)/ 玻璃展2017(神奈川県鎌倉市/ space kaj )
2018 個展 米山佳菜子ガラス展(秋田市/ 新屋ガラス工房)/「 マドベのガラス」展(秋田県潟上市 /m’ s collectables)
2019 ガラスと布と夏の風(東京都板橋区/A*ka atelier shop)/パート・ド・ヴェール~硝子三人展~ (新宿区/ 京王百貨店 新宿店 6 階茶室「京翔」)

○メッセージ
日常の中に、ほんの少しの彩りを。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

009

夕方4時ぐらいのキラキラタイム。
より一層のキラキラを求めて、また撮りたいと思います✨
今日はお昼ぐらいから2時間ほど、佐々木ちえ子さんと吉岡星さんが在店してくださいました。
ありがとうございました!

 

2019年9月24日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

佐藤裕実さんと柴田有紀さんの作品。

024

佐藤裕実さんの作品。
雪を思わせるようなドットが印象的です。
写真は初日に撮ったもので、上の段の鳥のようなオブジェやボウルは旅立ちました。

013

右下の一輪挿しは実は凹凸があって、凹のほうが曇りガラスになっています。
写真ではサイズがわからないと思いますが、高さは7cmくらいです。
小さいのですが、下のほうに重さがあるので安定感はしっかりしています。

 

佐藤 裕実 Sato Yumi

●プロフィール
1993 岩手県生まれ
2014 秋田公立美術工芸短期大学工芸美術学科 卒業
2014 ガラス工房 SILICA( ~2017)
現在  秋田市新屋ガラス工房 勤務(2017~)

●展示
2017 新屋ガラス工房所属作家作品展「Glass talk」(秋田市/ 新屋ガラス工房)/ みちのくガラス作家展(秋田市/ 新屋ガラス工房)
2018 門馬寛子・佐藤裕実「 ふゆのおわり ふたりてん」(秋田市 / 新屋ガラス工房)/ みちのくガラス作家展(青森/ 白神ガラス工房)/「 マドベのガラス」展(秋田県潟上市 /m’ s collectables)
2019 「 硝子雛展 III」(三重 / 武家屋敷赤井家住宅)

○メッセージ
ガラスのやわらかい表情が好きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

005

柴田有紀さんはアクセサリーとオブジェを出品されています。
オブジェは折り紙で作った風船(右)や、ミカン(風船のとなり)、ビスケット(左上)で、どれも実物から型を取っているらしく、それぞれ形がリアルです。

009

アクセサリーは、イヤリングやピアス、ブローチがあります。
いずれも曇りガラス(キルンワーク)でちょっとムーンストーンぽくも見えるような…。

 

柴田 有紀 Shibata Yuki

●プロフィール
1993 神奈川県生まれ
2017 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科ガラス専攻 卒業
2017 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科ガラス専攻 教務補助員(~ 2018)
現在  秋田市新屋ガラス工房 勤務(2018 ~)

●展示
2016 素材のここち展(東京都目黒区/ hygge)
2017 UMARTs2017(神奈川県横浜市/ 馬の博物館)
2018 UMARTs2018(東京都府中市/ 競馬博物館)
2019 柴田有紀・田中里姫2人展「現象」(秋田市/ 新屋ガラス工房)

○メッセージ
触れて、感じて、向き合う。
ガラスという媒体を通して想いを伝えていきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日は、佐々木ちえ子さんと吉岡星さんが午後に少し在店してくださる予定です。
また少し、ガラスのことを教えてもらいたいと思います。

IMG_20190920_172124_331

三連休終了。
お疲れさまでした!

 

2019年9月23日 | ひめくり日記, 展示会の様子