展示会の様子

【鉄瓶のある暮らし】終了しました。

002

【鉄瓶のある暮らし】
森のてつびん屋 鉄瓶工房髙橋 作品展

本日16時をもちまして終了しました。
会期中、多くの方に足をお運びいただき、ありがとうございました。

ご購入を決められた方は、会期終了後のお渡しというお願いをしましてお待たせしてしまい申し訳ありませんでしたが、10/5(金)以降、ご都合のよろしい時にご来店いただければと思います。
遠方からお越しいただき発送を承った皆さまには、週末に発送できるようにしたいと思っていますので、もう少々お待ちくださいませ。

「いつかは…」が今回だった皆さまには、末永くご愛用いただけたらうれしいです。
「やっぱりいつかは…」と思っている皆さまには、今後もじっくりご検討いただければと思います。

お越しいただいた皆さま、髙橋大益さん、告知にご協力いただいた皆さまなどなど、気にかけていただいた皆さまにお礼申し上げます。
ありがとうございました。

003

大益さんのペーパーウェイト「招き猫」。
毎日たくさんのお客さまがいらしてくださったのはこの子のおかげかなと(笑)。
このペーパーウェイトをはじめ、クルミやりんごなども常設で継続販売いたします。
鉄瓶もいくつか。なので、ご興味のある方は見にいらしていただければと思います。

005

閉店後、大益さんと搬出作業。積み込む時間帯にはきれいな夕焼け空でした。

明日10/3(水)と明後日10/4(木)は定休日です。
10月は都合により水木休みとなります。
企画展の予定はありませんが、常設時間をゆっくりご覧いただければと思います。

それでは週末も(また三連休!って今気がつきました💦)、お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 

 

2018年10月2日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

【鉄瓶のある暮らし】いよいよ明日まで。

010

【鉄瓶のある暮らし】
森のてつびん屋 鉄瓶工房髙橋 作品展

9/21(金)から始まった展示ですが、いよいよ明日10/2(火)が最終日となりました。
会期が終わっても大益さんの鉄瓶は扱いますので、今回は決められなかったけれどいつかは…と思われる方はじっくりご検討いただければと思います。

ただ、このぐらいの種類の大益さんの鉄瓶を実際に見ることができる機会はなかなかないと思いますので、お時間がありましたら見るだけでもぜひ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も鉄瓶をいくつかご紹介したいと思います。

003

「肩衝型鉄瓶桜紋」0.5リットル。
蓋のツマミがかわいいなぁと思いながら撮っていたら、肝心の桜紋が見えない写真になってしまった…
凛とした雰囲気。すてきな佇まいです。

010

鉄瓶「カエルのかーちゃん」1.0リットル。
蓋のツマミが蛇口!さらにカエルのかーちゃんは雨宿りしてる☂☂☂
気づいた方は思わず笑ってしまうようです。

会期始めのほうで写真と品名しか載せていなかったものが何点かあったのでそちらもあらためてご紹介したいと思います。

009

「あられ鉄瓶」こちらはサイズ展開があって、1.6リットルと1.0リットルの2種類。
南部鉄瓶といえば“あられ”という印象を持っている方も多いかもしれないですね。
伝統的な装飾でありつつも、軽やかさがあるような。これもいいですよね~。

006

南部鉄薬缶カンテラ型。こちらも1.6リットルと1.2リットルの2種類。
ちなみに写真は1.6リットルのほうです。
こちらは大益さんの作品の中では少し重さを感じるかもしれません。
だからの安定感。抜群です(笑)

これで常設以外の鉄瓶はだいたいご紹介できたかなと思います。
サイズの詳細までは書きませんでしたが、容量が大きいものは鉄瓶自体も大きめ、容量の小さいものは鉄瓶も小さめ。ざっくり。

「(店内が)半分、黒い」展示が明日で終了します。
最終日の明日は16時閉店となりますので時間にお気をつけください。
皆さまのお越しをお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週は、明日10/2(火)は16時閉店、10/3(水)・10/4(木)は定休日です。
10月の予定を別にアップしましたが、今月は都合により水木休みとなりますので、ご不便をおかけしますがよろしくお願いいたします。

 

 

2018年10月1日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

新しいカレンダーのご紹介と、錆びて見えても大丈夫、な話など。

001

企画展などでお世話になっている画家の樋口佳絵さんを通じて、cat and dog and me事務局が制作した来年のカレンダーが届きました。
こちらは、表紙に<収益金は犬猫のボランティア活動や愛護団体にお届けし、犬と猫とひととの幸せな暮らしにお役立て頂きます。>と書かれている、チャリティーカレンダーです。

002

ひと月ごとにめくっていくタイプで、どこかに必ず犬や猫、もしくはそれを思わせる何かが描かれています。
最後に一枚、新しいページが加わったようです。
【知ってほしい 犬と猫と人のこと】と題して、一緒に考えてみませんか?という内容を5つの項目に分けて、わかりやすく書かれています。
こちらもぜひお読みいただければと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

006

4年前の大益さんの個展の後、我が家にやってきた「ぽっとっとB」。
蓋を置く部分のフチや、底の部分は茶色くなっています。
錆びて見えると言えば見えますが、このくらいの変化は普通のことで、何の影響もありません。

009

見えますかね~、内側に茶色い斑点みたいなのがあるの。
奥にピントを合わせられないのでぼんやりしていますが。
こういうのが中にいくつかありますが、これもまったく問題なしの状態です。
問題がないというのは、沸かしたお湯は透明で、味も匂いも鉄くさくない、まろやかな美味しいお湯だから、ということです。
使っていくうちにこのように変化してきても、内側をたわしでこすったり、「鉄が錆びたら油を塗るんだっけ?」などと自己判断をして塗ったりしないこと。
色、味、匂いに変化がなければ、気にせずに使い続けること。

この話を、私はこれまで何回したのか、もうわからないです(笑)
今回、展示を見に来てくださる方の中にはブログを読んできてくださる方が多くて、「お湯が熱いうちに鉄瓶から出し切って蓋を開けて乾かせばいいんですよね?」という感じに確認される、という場面が多くてとてもうれしいです。

011

さらに裏側、というか底のほうをお見せしちゃうとこんな感じです。
私はガスでお湯を沸かしているので、火力を小さめにしているとはいえ、多少本体に火が回り込んでこんなふうに変化しています。
IHの場合は熱が当たるのは底の部分だけなので、茶色くなるのは底部分だけだそうです。

錆びて見えても美味しいお湯が沸いているなら問題なし!
経年変化を楽しむぞ!というおおらかな気持ちで長く使っていただけたら幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もいくつかの鉄瓶をご紹介したいと思います。

006

鉄瓶「たまごもん」1.2リットル。
本体にはポコポコ“たまご”、蓋のツマミは“ひよこ”、反対側にはなんと割れたたまごの殻がひとつだけ混ざっていたりして、大益さんの遊び心が表れている作品です。

005

「肩衝型鉄瓶」1.5リットル。
写真ではまたまたサイズ感がわかりませんが、大益さんの鉄瓶の中ではまぁまぁ重量級です。
重さという意味でもですが、容量も大きいほうですね。

004

「丸富士型跳兎紋鉄瓶」0.7リットル。
写真では大きめに見えるかもしれませんが、小さめです。
正面には飛び跳ねる兎と満月、蓋のツマミはどんぐりでとてもかわいらしいですね。

鉄瓶屋さんでは、鉄瓶が右向きに並んでいるのをご存知でしょうか?
お茶を入れる際に、相手の方に正面が見えるように作られてきたのだそうです。
右利きを前提に考えてしまうと、使う時は注ぎ口が左に来るのになんで右向きに並べられているんだろうと思ったらそういう理由があったのを、店を始めてから知りました・・・。

【鉄瓶のある暮らし】
森のてつびん屋 鉄瓶工房髙橋 作品展

会期はいよいよ明後日10/2(火)までとなりました。
最終日は16時閉店となりますので、お気をつけください。
明日明後日も、皆さまのお越しをお待ちしております。

 

 

 

【鉄瓶のある暮らし】残すところあと3日です。

【鉄瓶のある暮らし】の会期は10/2(火)まで。
ということは、残すところあと3日となってしまいました。

012

初登場の「寸胴型鉄瓶」。こちらの容量は1.0リットルです。
和の雰囲気もありつつ、シンプルな形は多くの方が惹かれるようです。
このような細くて長めの注ぎ口は、コーヒーのドリップをするという方にはおすすめの形状。

009

「鈴形鉄瓶」。容量は1.0リットル。
ぽってり丸みがあって少し和の雰囲気もありつつ、シンプルなのでそこまで和風すぎない、なんともかわいらしい鉄瓶です。
そして、実は蓋を振るとチリチリチリッと鈴が鳴ります(≧▽≦)
注ぎ口は短め&太めなので、先にご紹介した寸胴型のツーッと細くお湯が出るのとは異なり、トポトポトポッと太めに出ます。

005

容量1.2リットルの「丸型鉄瓶 とりっこツマミ」。
とりっこのツマミが基本の組み合わせですが、今回は招き猫のツマミなど、選んでいただける用意をしてくださいました。
今日、ご購入を決めてくださったお客さまは招き猫バージョンでのご予約をいただき、なんだかこちらもうれしくなりました。

申し訳ありませんが、今日ご紹介した3点はすべてご売約済みとなっております。
納期をいただくとにはなりますが、ご注文は可能です。
ご注文から納品まで、半年ほどのお時間をちょうだいしますが、どうしてもこの鉄瓶がいい!ということであれば、お待ちいただけたらありがたいです。

今日は、前半に見に来られて、いっぱい悩んでこの週末に再度ご来店なさるお客さまが多くいらっしゃいました。
あるいは今日見て、ひと晩悩んで明日また来ますとおっしゃっていた方も。
皆さん、じっくり考えてくださって、鉄瓶を使いたいと思っているのが伝わってきて、本当にうれしいです。
ご売約済みの鉄瓶がだいぶ多くなってきましたが、いろいろな鉄瓶を見ていただける機会ですので、見るだけでもどうぞ足を運んでみてください。
明日は雨の予報ですが、控えめにお待ちしております(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

42619372_2384261401614712_8022500791505911808_n

暑い期間、お休みしていたコトブキファームさんの「くるみのフロランタン」。
だいぶ涼しくなってきたので、今日から販売を再開しました。
あたたかいお飲みものと一緒にぜひ~。

 

【鉄瓶のある暮らし】後半スタートです。

004

定休日明け、今日から【鉄瓶のある暮らし】の後半がスタートです。
今日からは並んでいる鉄瓶を少しずつアップでお見せしたいと思います。

 

004

鉄瓶「キノコで一休み」。
写真はどアップなので大きく見えてしましますが、容量は0.5リットルのかわいらしいサイズです。
キノコの上で休んでいるのはカタツムリ。クスッと楽しい、大益さんらしい作品です。

008

肩丸鉄瓶「ふぐ」。
こちら容量は1.0リットル。表記している容量はいっぱいいっぱい入れての容量なので、実際は満杯に入れることはないので7割ぐらいと考えていただければと思います。
なんともいえない愛嬌のある「ふぐ」はご売約済みとなっております。

007

鉄瓶「雫」(小)ネコ親子

容量は1.0リットル。
常設の「雫」にネコの親子が加わったバージョンです。
実は裏側にももう一匹…。猫好きの方、いかがですか?

こんな感じで普段の常設では見ることのできない鉄瓶をご紹介していきたいと思います。
ブログで見ていただけるだけでもうれしいのですが、できればやっぱり実物を見ていただきたい…。
今回、鉄瓶のお渡しは会期終了後と事前にお願いをしておりまして、ご購入を決めてくださった皆さまには少々お待たせしてしまい申し訳ないのですが、多くの方に多くの鉄瓶を見ていただきたいと考えています。

会期は10/2(火)まで。
皆さまのお越しをお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お知らせです。
6月に開催した【〇△☐なTシャツ展】。
6jumbopinsさんのWEBショップで12月までの限定でTシャツとトートバッグの販売を継続していますが、そろそろ半そでの出番は減ってくる時期ですよね…。

6f2933cd043310c6ea80

ということで、長袖のトレーナーの販売が昨日からスタートしました!
昨日あたりは気温がグッと下がったので、あったかそうでホッとします…笑。

5c361a167d0be1b04755

先にご紹介したのは生地の色がオートミール。
こちらはブラック。生地の色は2色から選ぶことができます。
インクの色はTシャツ同様、16色の中から選べます。
サイズ展開もありますので、6jumbopinsさんのWEBショップをのぞいてみてください。→ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_1465

昨日は日帰りで東京に行ってきました。
紀行文はまた後日…(たいした内容ではありませんが、ネタとして。笑)

 

 

 

2018年9月28日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

【鉄瓶のある暮らし】前半終了。と、来月のお楽しみ企画。

【鉄瓶のある暮らし】は今日で前半終了です。
明日9/27(木)の定休日をはさんで、会期は10/2(火)まで。
最終日は16:00閉店となりますのでご注意ください。

013

こちらは鉄の焙烙(ほうろく)。
作者の髙橋大益さんによると、豆を自分で焙煎して飲むコーヒーは格別だとか。
こだわりのある方は試してみてはいかがでしょうか?
鉄製で重さがあるため、ガス火での焙煎は腕の筋力的にツライらしいです。
これに関してはIHがおすすめとのこと。
置いてフリフリし続けること10分ほどで焙煎できるそうです。

IHといえば、鉄瓶はIHでも使えますかとよく聞かれます。
使えます。
私はIHではないのでしっかり詳しくはわかっていなくて申し訳ないのですが、熱の伝導範囲?というのが決まっているようなので、それに合うようであれば大丈夫とのことです。

002

今回並んでいる鉄瓶の中で一番小さいのがこちらの小鉄瓶「んだなっす」。
ふざけていませんよ、正式名称です。
写真ではでっかく見えるかもしれませんが、本物の米なすみたいなサイズ感で、これの底部分は7cm弱で、IHは✖だそうです。

今日は、いつもやかんで沸かしたお湯を白湯で飲んでいるという方がいらっしゃいました。
鉄瓶で沸かしたお湯で用意した白湯を飲んでいただいたら、「いつも飲んでいる白湯と全然違う!」と驚いて、即、購入を決めてくださいました。
うれしかったですね~~。
よく聞かれる「お手入れは?」という質問もいただきましたが、いつもどおり「特に必要ないんです」というお話をしました。
とにかく水を入れっぱなしにしない、それだけなんです。
鉄ですから、長時間水が入っていたら当然錆びます。
だから、お湯を沸かしたら熱いうちに使い切るかポットなどに移すかして、中のお湯を出し切って蓋を開けておくと、鉄瓶は余熱で乾きます。
完全に乾いたら蓋をして定位置に置く、というのを習慣づける。
お湯を沸かすのに使っているだけなので、内側は汚れることもないから洗う必要はナシ。
外側も内側も、買った時が最高潮にきれいな状態で、時間とともに変化するもの、その変化も沸かしたお湯の色、味、匂いに鉄っぽさがなければ気にしないこと。
などなどをまたもや熱く語ったところ、「自分にも使えそう」、さらには「これからの何十年、毎日のように使って鉄分も取れるって考えたら高い買い物じゃないかも」とまで言ってくださったのでなんだかもう本当にうれしかったです。

は~、明日はいい休日になりそうです(笑)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、10月は水木休みにする予定ということを書きました。
開催中の【鉄瓶のある暮らし】が終了すると、10月中は常設展示となります。
企画展の予定はありませんが、お店の前で何か楽しいことができたらなぁと考えました。
それは【芋の子会】です!
ご近所のCafunē(カフネ)さんに相談したところ、「やりましょやりましょ!」とご快諾いただき決定しました。
そんなわけで、今回は店の前にテントを出します。
Cafunē店主・ちえみさんによる、3回目の【ちえみ食堂】は外で。
芋の子汁とおむすびなどをご提供いただく予定です。

芋の子会は10月13日(土)に開催します。
時間など詳細は…すみませんが後日ご案内いたします!
今日のところは<芋の子会やります宣言>ということで…💦

033

写真は初めての【ちえみ食堂】の際の一枚。
2015年10月、陶來さんの個展の時が最初でした。

019

こちらは今年2月の【ちえみ食堂】。猫まんまを作っていただきました。
こんなおいしい猫まんま、そうは食べられないと思います。本当においしかった。

どちらも写真では伝えきれませんが、出汁や食材のおいしさが口の中に広がって、なんともしあわせな気持ちになるちえみさんの料理。
今回は季節に合わせた芋の子汁を中津川沿いで!
お天気が良ければすごーく気持ちいいだろうと思います。晴れますように☀

 

ほかにも何かできるかもしれないし、もしかしたらないかもしれませんが、決まった時はお知らせします!
ちょっとだけ楽しみにしていただければと思います。

それでは、明日は定休日となりますのでまた明後日。
【鉄瓶のある暮らし】後半も皆さまのお越しをお待ちしております!

2018年9月26日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

【鉄瓶のある暮らし】前半は明日まで。

連休明けは、しっとり雨模様。
そんな中、「この冬こそは鉄瓶デビューしたい!」というお客さまがいらしてくださり、いろんなお話ができて楽しかったです。

001

こちらのテーブルには、当店では定番商品となっている鉄瓶を並べました。
これらの鉄瓶+DMモデルの「鉄薬缶 黒丸」が普段から扱いのある鉄瓶なのですが、全部がそろっていることはまずありません。
基本的に在庫はひとつなので、そのひとつを販売したら注文をして、納品までの間はその鉄瓶の在庫はない状況となります。
納品までの時間は、ここのところは半年ぐらいとお話をさせていただいています。
これは大益さんに限ったことではなく、おそらくほかの工房でも半年から一年ぐらいというお話をされることが多いと思います。
工程が多いことや量産ができないことなどから致し方ないことなのですが、「楽しみに待ちます」と言っていただけるとうれしというかありがたいというか、その言葉を作り手に伝えると「なるべく早く納品できるようにがんばります」と、どちらからもやさしい気持ちが伝わってきます。

やさしい気持ちといえば、大益さんのやさしさが表れているオプションについて、今日はご紹介したいと思います。

004

こちらは「棗(なつめ)型鉄瓶 わっか」。当店では人気のある鉄瓶です。
蓋のツマミがどんぐりで、しかも虫食いだったりするところがクスッと楽しませてくれるところ。
ではあるのですが…
手前には違うツマミのついた蓋がありまして、右は猫、左はとりっこ(たぶん文鳥)、こんなふうにツマミを変えることも可能ですという大益さんのやさしさにより、これまでもいくつかご相談を受けてツマミを変更した鉄瓶を作っていただいたことがあります。

たとえば、「黒丸」のふたのツマミをりすにしたもの。→ 

「まるっこ鉄瓶」のツマミをどんぐりにしたもの。→ 

など、ほかにもいろいろあるはずなんですが見つけきれないのでひとまず2種類。
お値段は少し上がってしまいますが、ほかの鉄瓶に使われているツマミや、ペーパーウェイトで作っているものから選んで作っていただくことができます。
ただし、蓋の大きさや鉄瓶全体のバランスから考えて、変更をお断りする場合もありますのでご了承ください。

もうひとつ、最初の写真を見ていただきたいのですが、一番右と一番左の鉄瓶の鉉(ツル)に藍色の紐が巻かれているのですがわかりますでしょうか?
火にかけると弦の部分は熱くなってしまうので、鍋つかみやふきんなどでつかんでいただくことになるのですが、このように弦に紐を巻くと素手で持てるわけです。
これも別料金ではありますが、ご希望の方には対応いたします。
綿の糸を藍染したものなので、少しずつ色落ちしていくかと思いますが、鉄瓶の経年変化と同様に「これも味わい」と楽しんでいただければと思います。

9/21(金)から始まった【鉄瓶のある暮らし】。
明日9/26(水)でひとまず前半終了です。
明後日9/27(木)は定休日となっております。
今週末を含め、10/2(火)までの会期となっていますので、見るだけでも、ぜひお気軽にお越しください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日9/24(日)の夕方4時半ぐらいにお会計をした、名古屋からいらしたというお客さま。
袋を入れ替えた際に渡しそびれてしまったものがありました。
お気づきになりましたらご連絡いただければと思います。
大変申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

 

2018年9月25日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

早いもので…

早いもので、来年のカレンダーが届き始めました。
トップバッターは…

001

京都のnowakiさんと画家の町田尚子さんが制作したチャリティーカレンダーです。

町田さんの猫であり、昨年、原画展を開催した町田さんの著書『ネコヅメの夜』の主役でもある“白木ピッピ”と、同じく同居猫の“さくら”、そしてnowakiさんのところの“ゆきちゃん”が登場するカレンダーは、2019年版もおもしろかわいいイラストばかり。
昨年、2018年版を販売した際は大人気でほどなく完売してしまったので、今回はそれを踏まえて少し多めに納品していただきましたので、お早めにどうぞ~。

002

もう一点は、手仕事フォーラム・カレンダー。

毎年好評のこちらのカレンダーも、早めに多めに届いております。
企画・製作は手仕事フォーラムさんで、デザイン・型染めは、紫波町に工房を構える小田中耕一さん。
月ごとに、全国の手仕事を小田中さんが型染めで描いたものが印刷されています。
毎年欠かさず購入される方や、卓上タイプで価格もお手頃なので、ちょっとした贈りものにされる方も多いように思います。

まだ9月なのに、もう来年のカレンダーをご紹介するのは、自分自身なんだか焦ります。
この後、カレンダーのご紹介が少しずつ増えていくと思いますので、決めているものがある方はお見逃しなく。
ちなみに当店オリジナルの2019年カレンダーは、10月末発売をめざして現在さいとうゆきこさんがガンバリ中ですのでもう少々お待ちください…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

012

【鉄瓶のある暮らし】4日目。
今日も東京からのお客さまなど、今回の展示には県外からのお客さまも多くてうれしく思います。
考えてみれば、盛岡にいるから鉄瓶を見たい時に見ることもできますが、よその地域ではそうではないんですよね…って今さら気がつきました(^_^;)

とはいえ、ですよ。
これだけの種類の鉄瓶を当店で見ることができるのは、今回の展示期間中だけですので、いろいろな鉄瓶を見てみたいなぁと思っている方にはぜひいらしていただきたいと思います。
たくさんの工程を踏んで手間暇かかったものゆえに、お値段はそれなりにしてしまいますけれども、大事に使えば本当に長く使える鉄瓶。
簡単に決められないものだからこそ、まずはいろんな鉄瓶を見てみるところから始まると思いますので、形や色、重さや価格など、たくさん見てこそわかってくることもあると思いますのでぜひ!

DSC_1359

先日もお知らせしましたが、明日9/25(火)の「てくりプレゼンツ ほにほにラヂオ」(ラヂオもりおか76.9MHz)に、大益さんと一緒に出演させていただきます!
司会はまちの編集室のライター・水野さん。
お時間が合いましたらぜひ聴いてくださ~い📻

 

2018年9月24日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

【鉄瓶のある暮らし】3日目。

002

本日も晴天なり。
なんて気持ちのいい日なんだろうってぐらいさわやかな秋晴れの一日でした。

【鉄瓶のある暮らし】3日目。
今日も多くのお客さまが足を運んでくださいました。
以前から購入を検討されている方や、今使っている鉄瓶のほかに、サイズの違うものを検討してみたいという方、ご旅行で立ち寄られて一目惚れで購入を決められた方などなど、いろんな『てつびん物語』が垣間見えました。

009

写真は「あられ鉄瓶」。
常設ではシンプルなデザインの鉄瓶を扱っていますが、こういった作品を見ることができるのが今回の展示ならでは。
ぜひ、いろいろとご覧いただければと思います。

003

DMのモデルになった「黒丸」(上段)。
そしてデザインに使用した、紙町銅版画工房・岩渕俊彦さんの銅版画作品を、先日まで展示していた工房イサドさんの額に入れて飾ってみました。
いい感じです!

大益さんが在店するのは今日までですが、明日明後日も皆さまのお越しをお待ちしております。

2018年9月23日 | ひめくり日記, 展示会の様子

 

今日と明日は「てつびん相談所」やってます。

004

久々にずらりと並んだペーパーウェイト。
人気のくるみやりんごもありますよ~。

鉄瓶のふたのツマミを変えることも有料ではありますが対応いたします。
これらの小物をツマミにすることも可能ですので、ご相談ください。

002

今日と明日は鉄瓶工房髙橋の髙橋大益さんが在店されています。
そんなわけで、この二日間は「てつびん相談所」をやっておりますので、南部鉄瓶のことで何か教えてもらいたいことなどありましたらぜひ聞いてみてください。

雨男の大益さんは初日、在店日のお天気を気にしていましたが、まぁなんとか今日の午前中に少し降ったぐらいで大丈夫そうで良かったです。
今気づきましたが、世の中、三連休ですね?
月曜まで、お天気は良さそうですので、よろしければぜひお出かけください。
お待ちしております!

 

2018年9月22日 | ひめくり日記, 展示会の様子