木工・漆・竹細工

kagocco pepinさんのところへ行ってきました。

027

先日、Rさんと一緒に遠野のkagocco pepin(かごっこ ぺぱん)さんのところへ行ってきました。

DSC_5018

猫に会いに。というのは冗談で。
ちなみにこの子はツナ君です。

028

ばっけを摘みに。というのも冗談で。と言いつつ摘ませていただきましたが(笑)

006

かごっこぺぱんさんの作られるくるみのバッグやいろいろは、どんなところで作られているのか、遠野に移住されてきたのはどんな経緯があったのか、などなどに興味があって、少しゆっくりお話しがしてみたかったのです。

DSC_5025

冬の間は、かごっこぺぱんさんも猫たちも、この薪ストーブのある台所で過ごすことがほとんどだとか。この子はダリ君。

010

テーブルの上にはカトラリーを入れたかご。
ここにもあそこにもという感じで、くるみのかごが使われています。

012

パスタの茹で時間が、くるみの皮の裏側にチョークで書かれています。
おしゃれなひと工夫…

020

ふと見上げると猫。この子は雨くん。
なんてしあわせ空間なんだ!笑

017

見せていただくものどれもこれもすてきで…
繰り返しますが、なんてしあわせ空間なんだ!笑

009

ほかにもいろいろ見せていただきました。
手前のポットマットもすてきだったので、ひとつお預かりしました。

024

帰りは雨くんが見送ってくれました。
なんてデキた子!というのは半分ウソで、外に出るスタンバイでした(笑)。

DSC_5037

その後、道の駅・風の丘でお昼ごはん。
遠野と言えばの「ジンギスカン丼」をいただきました。
この日の遠野物語はここまで。
かごっこぺぱんさん、お邪魔しました!

 

057

Rさんが気に入った花かご。
飾ったネコヤナギ、実は2月にかごっこぺぱんさんからいただいたもの。
ねこ展に合わせてネコヤナギを摘んで来てくださったやさしさがうれしかったです。

065

軽くて小さな手提げかご。
これからの季節、お財布とスマホぐらいの持ち物で、気軽に出かけたいものですね。

067

川沿いで毎年一番先に咲く、名前のわからない花が開き始めました。
水仙はまだもう少し先かなぁという感じ。
となると桜は?
あと2週間くらいで咲くでしょうか?咲いてほしいんですけど。
なぜなら紺スタが始まるから。
去年は桜の開花と紺スタの開幕がぴったり一緒でとても良かったんですよね~。
なかなかそううまくは行かないか…🌸🌸🌸

 

 

 

 

 

 

ミラクル。

039

開催中の【いわてのひつじ i-wool 展】は明後日3/12(火)まで。
最終日は17:00までとなっておりますので、時間にお気をつけください。

今日の午前中はoyam@kikoさん、午後からは澤村佳菜さん、そしてmää-mää homespunの木村加容子さんが在店してくださいました。

004

加容子さんが今朝完成したばかりというカーディガンを着ていらっしゃいました。
これはオールいわてのひつじの毛で作ったそうです。
今日はこのカーディガンがミラクルを起こしました(笑)

実は今日の夕方、『ほぼ日刊イトイ新聞』のWEBサイトの企画で、ニットデザイナーの三國万里子さんと料理家のなかしましほさん(ご姉妹)がひめくりに来てくださいました。
先ほどの、加容子さんのカーディガンはなんと三國さんの著書『冬の日の編みもの』の表紙になっているカーディガンを基に編まれたものだそうで。
今日、ほぼ日関係の皆さんがそろそろ来られるであろう時間が近づいてきたときに、三國さんたちがいらっしゃることを加容子さんにお伝えすると、そのことをまったく知らなかった加容子さんは激しく驚いていました(そりゃそうだ)。
WEBサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』で、行く先々での様子を写真と文章でupしてくださっているので、よかったら見てください。→ 

なかしましほさんにはお礼を伝えたいことがあって、今日はそれがかなって良かったです。
先日のブログにもチラッと書きましたが、数年前まで開催されていたブックイベント【モリブロ】に関連して、「東北ブックコンテナ」という企画展を東北各地のブックイベントに巡らせていました。
その時に、福島から届いたコンテナになかしまさんのクッキーが入っていたのです。
クッキーは大人気ですぐに完売。
その時のことを直接お話ができて、とてもうれしかったです。
お時間のない中、立ち寄っていただきありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

003

とても久しぶりに鈴竹の手提げが届きました。
ぽっちゃり手提げの大・中・小。
一番右の小さいサイズでも、結構たくさん入りそうです。

これまで、高齢化などによる作り手の減少については何度か書いてきました。
その影響でなかなか入荷が少なくなっているということ。
それがここ最近は、別な理由に変わってきてしまいました。
鈴竹が採れない、花が咲いて枯れてしまったと言います。
最初は???とよくわからなかったのですが、そもそも竹に花が咲くことはとても珍しいことらしく、120年に一度とも言われているとか。
そして、花が咲いた竹は枯れてしまうのだそうです。
その時が今、いろいろな場所に訪れてしまっているようで、どこもかしこも枯れていると…

そうなると材料そのものが新しいものを用意することができないということになって、手元にある材料で作れるものを作っていくしかない、とのこと。
竹が育つまでには20年とか、かかるみたいです。
それを考えると、今後の入荷はこれまで以上に少なくなるだろうと思います。
自然が相手となると、手を打てないこともあります。
見守るのみ、という心境です。

 

026

今日も穏やかないい天気でした。
中津川沿いでのひとコマ。
ワンちゃんは3歳だそうで、現時点では男の子よりお兄さんっぽかったです(^_^)

 

 

 

 

【夏に間に合うリネン展】&かごっこぺぱんさんの手提げかご。

002

ヤンマ産業さんの【夏に間に合うリネン展】(受注会)が始まりました。
新作もいろいろ。即売品もいくつか。
普段はない試着室もございます(笑)
ぜひ、お越しくださいませ。

008

新しい作品が加わりました!
Kagocco Pepin(かごっこぺぱん)さんの手提げかごです。
遠野市で編み組をされている、かごっこぺぱんさん。
今回は透かし編みの手提げかごを何点か届けていただきました。

009

リネンのお洋服にもぴったりなのでは~ということで、店内に入るとすぐに目に留まる場所に並べてみました。
ふっくら丸みがあるところがかわいらしくて、透かし編みなので軽い!
ぜひお手に取ってみてください。

かごっこぺぱんさんのFbページ → 
かごっこぺぱんさんのInstagram → 

明日の予想最低気温はマイナス10℃❄❄❄
数日前のマイナス10℃予想からマイナス12℃予想になって、そこからまたマイナス10℃予想になったから、いくらかマシなのかなと思ってみたり…
とにかく出かける時はあたたかくして、体調に不安のある方は無理して出かけないで(懇願)、なんとかインフルエンザの大流行に巻き込むほうにも巻き込まれるほうにもなりませんよう、お過ごしください。

 

 

 

 

 

 

【お椀とお箸と箸置き展】あと3日です。

004

12/21(金)から始まった【お椀とお箸と箸置き展】ですが、いよいよ会期終了が近づいてきました。
最終日は1/15(火)16時までとなりますので、気になっている方はこの三連休を利用してぜひご覧くださいませ。
常設の滴生舎さんや鈴木健司さんのお椀も含め、いろいろなお椀の中からお気に入りが見つかるかもしれないし、今回決めかねたとしても、いつかはと思っている方が見ておく分には損はないと思います。

 

008

年末に、イタヤ細工のあれこれが届きました。
その中に「状差し」があるのですが、残念ながらこちらは今回の入荷分で製造終了とのことです。

006

店ではフック付きのマグネットで鉄製の柱に付けています。
お家では画びょうで壁に留めてもいいでしょうし、冷蔵庫にマグネットで付けようと話されていたお客さまもいらっしゃいました。
私も自宅にいつかいつかと思っていたので、いよいよ買わなければ。
今年届いた年賀状からお世話になろうかなと(笑)。

009

連休はお天気が良さそうです。
ありがたい…。でもこんなに雪が降らないのもだんだん不安になってきますね。
とはいえ、明日も明後日も晴れの予報ですので、よろしければぜひお出かけください!

 

 

明日から3日間はスペシャルデーです。

ブログのみでお知らせしておりますが、明日11/17(土)から11/19(月)までの3日間は【8周年スペシャルデー】です。

003

ひめくりは11/19(月)で8周年を迎えます。
そこで何かいつもとは違うスペシャルなことを…と思い立ったのが、来年は10%に上がってしまう消費税8%分の割引。
わずかかもしれないけれど、これまでやったことのないことを8に引っかけてやってみることにしました。
最近流行りの「平成最後の…」というか「平成最初で最後の8%割引」です。
一部除外品もあるかもしれませんが、今までもこれからも、こういった機会はなかなかおそらくずっとたぶんないと思いますので、以前から気になっていたものなどがありましたらぜひどうぞ。

割引対象は在庫品限り、お取り置きなどは対応しかねます。
また、お支払いは現金に限らせていただき、カードでお支払いの場合は申し訳ございませんが割引はいたしませんので、ご了承ください。

どんな3日間になるのか私もRさんも???な感じですが、皆さまのお越しをお待ちしております!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_2416

今朝は30分ほどRさんに一人店番を任せて、けたるさんに行ってきました。

DSC_2410

奥州市でうつわを作られている磁器工房タカハシさんの展示へ。
染付のうつわが並んでいます。

DSC_2412

お店の2階スペースで開催されていて、窓からは色づいた紅葉。
残念ながら葉はだいぶ落ちてしまいましたが、雰囲気は楽しめるかと。

個人的に好きで集めているものがマグカップ以外に蕎麦猪口や一輪挿しがあって、高橋さんの蕎麦猪口もいくつか持っています。
これまでも何度か展示を見て、家で日本酒を呑むなら絶対お猪口を買うんだけどな~なんて思いながら、今回はまた別なお気に入りを見つけました。

こちらの展示は明日11/17(土)までですが、こういった感じのうつわがお好きな方はぜひのぞいてみてはいかがでしょうか?

DSC_2414

磁器工房タカハシ/たかはしひろあき2018秋
11/15(木)~17(土)10:30~17:00 最終日は16:00まで
COFFEE&CRAFTけたる(盛岡市下太田榊48-2)

けたるさんにはいつも企画展のDMやフライヤーを置いていただいています。
コーヒーはもちろん、お食事も楽しむことができるので、時間に余裕があればエビピラフを食べたいといつも思っているのですが、なかなかかなわず…
次こそは!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなわけで今朝は初めてRさん一人のお店番デビューでした。
今日のところは短い時間でしたが、お店はオープンしているのに自分は外にいるという不思議な感覚は私にとっても初。
Rさんのお店番は問題なく大丈夫だったんですが、私のほうが打ち合わせの予定時間をうっかり少し遅刻してしまい大丈夫じゃなかった…しっかり~自分!

012

川向こうの大イチョウさん。
もう少しで全部まっ黄色に…というところですが、頭頂部は少しずつ寂しくなり始めています。
お天気なのか気温なのかはわかりませんが、ある日突然ドサッと散ってしまうこともあるので、日々観察を続けたいと思います(`・ω・´)ゞ

 

 

 

オズさんのかごバッグが届きました。

001

オズさんから新しいかごバッグが届きました。

くるみの皮の表と裏を組み合わせて作られたかごバッグ。
縦と横で幅が違うので、あまり見かけない編み目に見えますね。
これまでの中では大きめなタイプで、A4サイズのものがすっぽり入ります。
ほかにもちょっと小ぶりで横長っぽいものなど何点か届いています。
ぜひ、お手に取ってみていただければと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と言いつつ…
何度かお知らせをしていますが、今月はすべての水曜木曜をお休みとさせていただきますので、明日10/10(水)と10/11(木)は連休をいただきます。
よろしくお願いいたします。

 

東北巧芸舎さんのお盆。

002

東北巧芸舎さんからお盆がいくつか届きました。
今回、今までのお盆よりも縁の高さがない「春日盆」が初めて納品になりました。
左はクルミで直径が約32cm。亜麻仁油で仕上げています。
クルミは漆とは相性があまり良くないそうなのですが、白木っぽいお盆が欲しいという声があったそうで作ってみたと。
このサイズ感、個人的には使いやすそうだなぁと思います。
右は栗で、直径は約25cm。ひとまわり大きい28cmもあります。こちらは拭き漆。

004

こちらはこれまでの東北巧芸舎さんのお盆で約24cm。
ほかに、22cm、32cmのものがあります。すべて拭き漆。

007

いつものお盆と春日盆の違い、おわかりいただけますでしょうか。
下がいつもの、上が春日盆です。
縁に高さがある、立ちがあるっていうんでしょうか。
あとは実物を見ていただければ・・・

 

DSC_0404

ご近所さんの朝顔。鮮やか~。
我が家の朝顔は相変わらず伸びていくだけでつぼみもまだ。
そうこうしているうちに秋が来てしまうんではないだろうか…

明日8/4(土)は都合により17:00閉店となります。
よろしくお願いいたします。

 

 

◯△☐と三人展と梅里さんの木のお家。

004

◯△☐なTシャツ展、いよいよ残すところ数日となってまいりました。
行けたら行こうかな~ぐらいに思っていた方は今週末にでもぜひ!
会期は6/19(火)まで、最終日は16時閉店となりますのでご注意ください。
皆さまのお越しをお待ちしております!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Tシャツ展を絶賛開催中ではありますが、来週の今日、6/22(金)からは新しい展示が始まります。
一週間前ということでこちらもお知らせしておきたいわけであります。

三人展

初夏をいろどる三人展

斉藤幸代
×
伊藤由美子
×
ハリノヲト植木友子

2018年6月22(金)~7月3日(火)
10:30~18:30 最終日は16:00まで
会期中の休み:6/28(火)
【作家在店予定:6/22・23 斉藤幸代】

 

型打ちが特長的な斉藤さんのうつわは2年ぶり、
初めての展示となる伊藤さんは美しい木版画、
植木さんは常設では並ばないこぎん刺しの作品を。
初夏をいろどるそれぞれの作品を、ぜひご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

010

梅里 進さんから木のお家がいっぱい届きました。
ひとつひとつ、木と色ガラスの組み合わせが違うので選ぶのに迷う方が多いです。

002

一番小さいお家は四方約2cm、高さが3cm弱とかわいいかわいいサイズ。
そんなわけで2、3軒(個)買っていかれる方も多いです。
上の写真でお家を飾っている棚も梅里さんの作品で販売可能です。
小さなものを並べて飾るのにぴったりだと思います!

 

 

オズさんのかごバッグ。

001

オズさんのかごバッグ。
左は新作で、くるみの皮の裏側を表にして編んだもの。
皮の幅が広めなので、あまり見かけないデザインかもしれません。
右は同じくくるみで皮の表と裏を組み合わせて編まれています。

 

今日で連休が終わる方が多いのでしょうか、お出かけの方も昨日までより少なめです。
そんなわけで、ようやく4月に決着をつけつつあります(おそっ…)。

それはさておき、一週間後はヤンマさんのお洋服の受注会です。
どうぞお忘れなく!

_A5A9784

会津木綿のお洋服も。
いろんなサンプルを見て、試着して、生地を選んでみてください。
長く大事に着られる一枚をぜひ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

004

私の紺スタは46個。
あ、紺スタは今日から後半戦とのこと。
5/20(日)の最終日まであと半月ほど。がんばれ私。

 

滴生舎さんから届いたご案内。

二戸市浄法寺町の滴生舎さんから、お椀などの追加と一緒にあるご案内が同封されていました。
そのご案内とは・・・

005

期間限定!体験工房 滴生舎 漆にかぶれる8日間

漆にかぶれるって…すごいタイトルをつけましたね(笑)。
4月1日にリニューアルオープンした滴生舎さん、攻めてます!

4/28(土)~5/5(土)の8日間、毎日体験工房を行なうそうです。
漆を塗る、漆で絵を描く、漆を掻く(かく)、漆を磨いてキーホルダー作り、
スプーンや箸を削る、漆でアクセサリー作り、そして金継ぎ入門。
毎日開催するものと、日にちが限定されるものがあります。

講師陣が豪華すぎて笑ってしまいます。
さすが漆の國・浄法寺(音が出ます)。
塗りでは岩舘 隆さん・巧さん、当店でもお世話になっている玉山保男さんなどが日替わり講師陣。
漆掻きの講師は「日替わり漆掻き職人」とあります。
金継ぎ入門は、こちらも普段からお世話になっている田代 淳さん(じゅんさん、女性です)。

店内では漆が学べる資料の展示や定番商品・新作の販売なども。
4/28・29・30の3日間は漆器の使い心地を楽しめる屋台&野外カフェもあるそうです。
詳細はこちらから。
滴生舎さんのブログ→  もしくはFb→ 
届いたイベントのご案内も、とても見やすくまとまっていますのでご興味のある方はぜひどうぞ。

 

せっかく田代さんのお名前が出たので。
以前、田代さんの金継ぎ教室をひめくりで何度か開催したことがあるので、
今でも時々、店で教室をやることはないんですか?と聞かれることがあります。
以前と比べて、店の都合と田代さんのスケジュールを合わせるのがなかなか難しくなってしまい、
残念ながら今は店で教室を行なう予定はありません。
金継ぎを習いたい!という方は田代さんのブログの教室のご案内を見てみてください。

012-2

欠けたり割れたりした大事なうつわを、田代さんに金継ぎで直してもらいたいという方は、
当店が窓口となりますのお持ち込みください。
金継ぎと呼んではいますが、仕上げには金・銀・錫(すず)・漆とあります。
漆が基本料金で、次が銀・錫、一番お高いのが金となります。
修理の状況によってお値段は変わるので、まずは修理したいうつわを見せていただきます。
見積もりをしてみると、うつわ本体のお値段よりも高くなってしまうこともあります。
それでも直すかどうかはお客さまの選択です。
口頭での説明によるお見積もりはご遠慮させていただきます。
修理を請け負えない場合もございますのでご了承ください。
また、長くお預かりする場合がほとんどですので、急ぎのご依頼も受けかねます。
修理段階で見つかるヒビなどがあったりするので、
料金の追加が必要な時は、作業に取り掛かる前にご連絡をします。
そんなこんなのやり取りが必要ですが、大切なものだから何とかしたい!という場合はご相談ください。

004-2

こちらは銀仕上げ。ミャンマーのうつわだそうです。