木工・漆・竹細工

滴生舎さんから届いたご案内。

二戸市浄法寺町の滴生舎さんから、お椀などの追加と一緒にあるご案内が同封されていました。
そのご案内とは・・・

005

期間限定!体験工房 滴生舎 漆にかぶれる8日間

漆にかぶれるって…すごいタイトルをつけましたね(笑)。
4月1日にリニューアルオープンした滴生舎さん、攻めてます!

4/28(土)~5/5(土)の8日間、毎日体験工房を行なうそうです。
漆を塗る、漆で絵を描く、漆を掻く(かく)、漆を磨いてキーホルダー作り、
スプーンや箸を削る、漆でアクセサリー作り、そして金継ぎ入門。
毎日開催するものと、日にちが限定されるものがあります。

講師陣が豪華すぎて笑ってしまいます。
さすが漆の國・浄法寺(音が出ます)。
塗りでは岩舘 隆さん・巧さん、当店でもお世話になっている玉山保男さんなどが日替わり講師陣。
漆掻きの講師は「日替わり漆掻き職人」とあります。
金継ぎ入門は、こちらも普段からお世話になっている田代 淳さん(じゅんさん、女性です)。

店内では漆が学べる資料の展示や定番商品・新作の販売なども。
4/28・29・30の3日間は漆器の使い心地を楽しめる屋台&野外カフェもあるそうです。
詳細はこちらから。
滴生舎さんのブログ→  もしくはFb→ 
届いたイベントのご案内も、とても見やすくまとまっていますのでご興味のある方はぜひどうぞ。

 

せっかく田代さんのお名前が出たので。
以前、田代さんの金継ぎ教室をひめくりで何度か開催したことがあるので、
今でも時々、店で教室をやることはないんですか?と聞かれることがあります。
以前と比べて、店の都合と田代さんのスケジュールを合わせるのがなかなか難しくなってしまい、
残念ながら今は店で教室を行なう予定はありません。
金継ぎを習いたい!という方は田代さんのブログの教室のご案内を見てみてください。

012-2

欠けたり割れたりした大事なうつわを、田代さんに金継ぎで直してもらいたいという方は、
当店が窓口となりますのお持ち込みください。
金継ぎと呼んではいますが、仕上げには金・銀・錫(すず)・漆とあります。
漆が基本料金で、次が銀・錫、一番お高いのが金となります。
修理の状況によってお値段は変わるので、まずは修理したいうつわを見せていただきます。
見積もりをしてみると、うつわ本体のお値段よりも高くなってしまうこともあります。
それでも直すかどうかはお客さまの選択です。
口頭での説明によるお見積もりはご遠慮させていただきます。
修理を請け負えない場合もございますのでご了承ください。
また、長くお預かりする場合がほとんどですので、急ぎのご依頼も受けかねます。
修理段階で見つかるヒビなどがあったりするので、
料金の追加が必要な時は、作業に取り掛かる前にご連絡をします。
そんなこんなのやり取りが必要ですが、大切なものだから何とかしたい!という場合はご相談ください。

004-2

こちらは銀仕上げ。ミャンマーのうつわだそうです。

 

 

鈴木健司さんの掻き子椀が届きました。

006

日本で一番の漆の生産量を誇る二戸市浄法寺(じょうぼうじ)町から、
鈴木健司さんの「掻き子椀」が届きました。

鈴木さんは、一年の約半分を山に入って漆を採る「漆掻き」、
残りの半分は工房で自ら採った漆を木地に塗る「塗師」となります。
漆掻きと塗師という二刀流の職人は全国的に見て数少ない存在とのこと。

鈴木さんの漆器をご紹介するのは実は初めてではありません。
2012年にまちの編集室から『いわてのうるし』という本が発行された際、
発行記念イベントとして「いわてのうるしとめし碗展」という企画展を開催しまして、
その時に、本の中で紹介されている鈴木さんの漆器を展示販売をしました。
少し間はあきましたが、またご紹介できてうれしいです。

010

今回は「掻き子椀」の大・中・小が届きました。
大・中は黒と朱、小は黒のみとなります。

写真ではわかりにくいと思いますが、深い黒とワインレッドに近い色合いの朱です。
いずれも使うほどに艶が出てきますので、ぜひ普段使いを。

 

鈴木健司さんのHPです。→ 
鈴木さんのこと、漆掻きのことなど、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

イタヤの状差しなど、届きました。

113

久々に、イタヤの状差し(ハガキ入れ)が届きました。

秋田県角館で作られているイタヤ細工。
届いたばかりの状態はこのとおり白っぽい印象ですが、
月日とともに木肌の色が飴色のように変化していきます。

114

こちらもしばらく在庫を切らしていた四ツ目弁当。
次回入荷の際には価格が上がることになりました。
いつかは買おうと思っていた方がいらっしゃいましたら、よろしければお早めにどうぞ。

 

110

お風呂のふたの上でくつろぐナマコのような姫と栗。

小さなねこネコ猫集会まであと一週間。
どうぞお楽しみに!

 

 

山ぶどうのブローチと書初めWSの追加情報。

002

くるみのバッグやブローチを作られているオズさんから、
山ぶどうのブローチが届きました。
写真は一部で、載せていないものもいろいろあります。
普段見かける山ぶどうの色味よりも明るい印象。
ひとつひとつ、全部形が違うので迷ってしまいますね~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日ご案内した2/3(土)に開催する書家・伊藤康子さんによる「旧暦書初めのワークショップ」について、
13時からの4名様が定員となりまして、康子さんと相談した結果、16時の回を設けることにしました。
ご検討されていた方、夕方なら都合がつくという方がいらっしゃいましたら、ぜひお申し込みください。

018

 

鈴竹の楕円手付ざるなど。

005

昨日に引き続き、こちらも久しぶりに届いた鈴竹の楕円手付ざる。
大、中、小、豆の4サイズ、各1点ずつです。

006

玉子ざるも。写真のサイズは中で、ほかに大があります。
小はご紹介する前に売れました。

何度か書いておりますが、作り手さんの減少で定期的な入荷はまったく見込めません。
信頼できる方を通じて、きれいな仕上げをされたものを、用意ができた時に納品いただいています。
ですから、在庫がある時はあるけれどもない時はないということになります。
ご了承いただければと思います。

 

007

梅がずいぶん咲きました。
盛岡市では今日、成人のつどいが行われるようですね。
新成人の皆さま、おめでとうございます。
今年は会場が県民会館ではないので、このあたりは静かなものです(笑)。

明日もお休みの方が多いかと思います。
お近くまでお越しの際はよろしければお立ち寄りくださいませ。

 

 

田代さんのお箸など。

年末にカメラが壊れてご紹介できていなかったものを少しずつ…。
今日は田代 淳さんの作品をご紹介します。

003

新年を新しいお箸でスタートさせてはいかがでしょうか?
って紹介したかったんですけれどもね…

こちらは拭き漆のお箸で左は23cm、右は21cmです。
拭き漆なので、木目がうっすらと見えます。絵柄はキリン。

004

シカもあります。
2本とも同じ絵柄なんですが、置く時に出す面をずらすと写真のように絵がつながって見えます。

006

塗り箸もあります。こちらは朱でオオカミが描かれています。
今回は大人用のお箸のみです。
田代さんのお箸が並ぶのは本当に久しぶり。ぜひご覧ください。

 

008

田代さんからは新しいタイプのブローチも届きました。
素材はこれまでと同じ朴(ホウ)の木で軽い仕上がり。
和紙と漆、そして錫粉(スズフン)を使って、落ち着いた質感になっています。
サイズは大小2種類(奥が大、手前が小)、写真以外にも色の組み合わせがいろいろあって迷います。
こちらもぜひご覧ください。

 

018

昨日、ブログの更新はお休みしてしまいましたが【お知らせ】のページを更新しました。
毎年旧暦のお正月頃に開催している、書家・伊藤康子さんによる書初めのワークショップのご案内です。
ご興味のある方はぜひどうぞ。→ 

 

 

オズさんのかごバッグとブローチ。

008

この秋からお取り扱いが始まったオズさんから、新しいかごバッグが届きました。
沢胡桃の樹皮で編まれたかごバッグ。
樹皮の内側(こげ茶)を表にして、部分的に外側を表に。
高さが約19cm、横が約28cmの小ぶりなサイズです。

007

今回、余った材料で作られたブローチも届けてくださいました。
7~8cmくらいある、少し大きめのブローチです。
でも、とても軽いです。それはうれしい。

くるみは冬のお洋服などとも相性が良さそうです。
大きめのブローチは、マフラーやストールを留めたらすてきかも。

マフラーやストールといえば、今現在もホームスパンのものを中心にいろいろ見ていただけますが、
いよいよ明後日12/15(金)からは、舞良雅子さんの「あたたかい布」が始まります。
舞良さんからのうれしい提案、あるいは制作風景を見せていただいたりして、
今から楽しみな気持ちでいっぱいです。

Exif_JPEG_PICTURE

作家在店日:
12/15(金)①10:30~13:00 ②17:00~18:30
12/16(土)11:00~14:00
12/17(日)11:00~14:00

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

004

明日12/14(木)は定休日となります。
よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

小さな木の家。

008 (2)

梅里 進さんの木の家シリーズに小さい家が加わりました。
上段左が今までのSサイズで高さ約5cm、新しい家は3cm弱。
梅里さんの作る家シリーズの特長といえば内側に入れられている色ガラス。
小さい家にもそれぞれ少しずつ違う色の組み合わせで色ガラスが入っています。

010

光にかざすととてもきれいです。
色ガラスがきれいで、メルヘンチックな家シリーズ。
実は男性の方が買っていかれることも意外と多くて、
そんな時は「建築関係とかの人かな?」なんて思ったりします。
あらためて聞いたりはしませんが、以前そんなふうなことをお話ししてくださった方がいらしたので。

 

夕方近くなって、ようやく風がおさまったようです。
昨日は外の植物をなんとなく置き換えながら風対策っぽいことをして帰って、
今朝店に来てみたら、鉢植えはほぼ無事でした。せっこきしなくて良かった。
一番背の高いもみじが倒れたせいでスモークツリーの枝が1本折れていましたが、
まぁそのくらいであれば想定内という感じで。飛ばされたりしなくて良かったです。
今日はクラフト市に参加されていた作り手の方々が立ち寄ってくださったり、
岩手公園などを会場に開催されている音楽フェスの音が聴こえてきたり、
にぎやかで楽しい一日でした。(まだ閉店していませんが。笑)

011

折れた枝も無駄にせず。
今週は9/20(水)と21(木)が定休日です。
よろしくお願いいたします。

 

沢胡桃のかごバッグ。

051

くるみのかごバッグをご紹介できることになりました。

県内で採った沢胡桃の皮で作られたかごバッグ。
採取から製作までされている、ささきみちこさん・としおさんとの偶然の出会いで、
あこがれのくるみのバッグが並ぶことになりました。

050

こちらは幅広めの表皮を平織して作られたもの。
どのサイズもそれぞれのかわいらしさがありますね。

使い続けるうちに、人の手の油でツヤが増してくるそうです。
タテ・ヨコ・マチのバランスと、ちょっとしたアクセントの利かせ方が好みです。

みちこさんととしおさんは親子で、盛岡市在住。
みちこさんが作っているのを見て、としおさんも作るようになったそうです。
上の写真はみちこさん作、下の写真はとしおさん作。
「オズのかごバッグ」として展開されています。

ぜひ多くの方にご覧いただければと思います。
週末はお天気が良さそうですので、お散歩がてらお出かけください。
お待ちしております!

 

7月のことですが…

書くタイミングを逃し続けていた7月のことを今頃書きます(笑)。
7月末、久しぶりに浄法寺の滴生舎に行ってきました。

031

今月中頃から建物の改修工事が始まるそうです。
その前に一度行っておこうかな~と思いまして。

019020

ここでは滴生舎の漆器だけではなく、ほかの塗師さんたちの漆器もいろいろと見ることができます。
そういう場所は少ないので、いろんな漆器を見たい、興味があるという方にはおすすめです。
が、先に書いたとおり、まもなく改修工事が始まって、リニューアルオープンは来春の予定。
その間は隣接する小さめの建物で展示販売をされるそうです。

023

これまでは漆器が仕上がるまでの工程や作業風景を見ることができました。
リニューアル後はどんな場所になるのでしょうか。
写真右にちょろっと写っている滴生舎の親分こと小田島さん曰はく、
いろんな企画を考えていますよ~とのことでしたので、楽しみです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

滴生舎さんの漆器につきまして、9月1日より価格が改定されました。
いずれも数百円から千円ぐらい、お値段が上がりました。
原材料の上昇など諸般の事情によりやむを得ずということです。
事前にお知らせすればよかったのですが改定後のご案内となり申し訳ございません。
また、定番商品としてご紹介している「浄漆椀」各種につきまして、現在当店には在庫がございません。
滴生舎さんの在庫が整った段階で再び納品をしていただく予定です。
よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここからは滴生舎のそばで見つけたいろいろスナップ。

036

近くの橋、足元にはお椀が。

042

近くを通る高速道路の下には漆の木(しかも掻き跡まで!)が描かれていました。

039

頭の中には陽水さんの「少年時代」が流れてきました(笑)

028

窓ガラスにぶつかって脳震盪を起こしてしまったらしきカワセミ。この後なんとか飛んでいきました。

天気が良くて、なんとなく夏休み気分を味わった浄法寺ドライブでした。
明日9/6(水)・明後日9/7(木)は定休日となります。
休み明けは、初めて取り扱うことになったくるみのバッグをご紹介したいと思います。
9/8(金)の午後2時半から3時半くらいの間、少し店を閉めることになります。
申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。