木工・漆・竹細工

オズさんのかごバッグとブローチ。

008

この秋からお取り扱いが始まったオズさんから、新しいかごバッグが届きました。
沢胡桃の樹皮で編まれたかごバッグ。
樹皮の内側(こげ茶)を表にして、部分的に外側を表に。
高さが約19cm、横が約28cmの小ぶりなサイズです。

007

今回、余った材料で作られたブローチも届けてくださいました。
7~8cmくらいある、少し大きめのブローチです。
でも、とても軽いです。それはうれしい。

くるみは冬のお洋服などとも相性が良さそうです。
大きめのブローチは、マフラーやストールを留めたらすてきかも。

マフラーやストールといえば、今現在もホームスパンのものを中心にいろいろ見ていただけますが、
いよいよ明後日12/15(金)からは、舞良雅子さんの「あたたかい布」が始まります。
舞良さんからのうれしい提案、あるいは制作風景を見せていただいたりして、
今から楽しみな気持ちでいっぱいです。

Exif_JPEG_PICTURE

作家在店日:
12/15(金)①10:30~13:00 ②17:00~18:30
12/16(土)11:00~14:00
12/17(日)11:00~14:00

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

004

明日12/14(木)は定休日となります。
よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

小さな木の家。

008 (2)

梅里 進さんの木の家シリーズに小さい家が加わりました。
上段左が今までのSサイズで高さ約5cm、新しい家は3cm弱。
梅里さんの作る家シリーズの特長といえば内側に入れられている色ガラス。
小さい家にもそれぞれ少しずつ違う色の組み合わせで色ガラスが入っています。

010

光にかざすととてもきれいです。
色ガラスがきれいで、メルヘンチックな家シリーズ。
実は男性の方が買っていかれることも意外と多くて、
そんな時は「建築関係とかの人かな?」なんて思ったりします。
あらためて聞いたりはしませんが、以前そんなふうなことをお話ししてくださった方がいらしたので。

 

夕方近くなって、ようやく風がおさまったようです。
昨日は外の植物をなんとなく置き換えながら風対策っぽいことをして帰って、
今朝店に来てみたら、鉢植えはほぼ無事でした。せっこきしなくて良かった。
一番背の高いもみじが倒れたせいでスモークツリーの枝が1本折れていましたが、
まぁそのくらいであれば想定内という感じで。飛ばされたりしなくて良かったです。
今日はクラフト市に参加されていた作り手の方々が立ち寄ってくださったり、
岩手公園などを会場に開催されている音楽フェスの音が聴こえてきたり、
にぎやかで楽しい一日でした。(まだ閉店していませんが。笑)

011

折れた枝も無駄にせず。
今週は9/20(水)と21(木)が定休日です。
よろしくお願いいたします。

 

沢胡桃のかごバッグ。

051

くるみのかごバッグをご紹介できることになりました。

県内で採った沢胡桃の皮で作られたかごバッグ。
採取から製作までされている、ささきみちこさん・としおさんとの偶然の出会いで、
あこがれのくるみのバッグが並ぶことになりました。

050

こちらは幅広めの表皮を平織して作られたもの。
どのサイズもそれぞれのかわいらしさがありますね。

使い続けるうちに、人の手の油でツヤが増してくるそうです。
タテ・ヨコ・マチのバランスと、ちょっとしたアクセントの利かせ方が好みです。

みちこさんととしおさんは親子で、盛岡市在住。
みちこさんが作っているのを見て、としおさんも作るようになったそうです。
上の写真はみちこさん作、下の写真はとしおさん作。
「オズのかごバッグ」として展開されています。

ぜひ多くの方にご覧いただければと思います。
週末はお天気が良さそうですので、お散歩がてらお出かけください。
お待ちしております!

 

7月のことですが…

書くタイミングを逃し続けていた7月のことを今頃書きます(笑)。
7月末、久しぶりに浄法寺の滴生舎に行ってきました。

031

今月中頃から建物の改修工事が始まるそうです。
その前に一度行っておこうかな~と思いまして。

019020

ここでは滴生舎の漆器だけではなく、ほかの塗師さんたちの漆器もいろいろと見ることができます。
そういう場所は少ないので、いろんな漆器を見たい、興味があるという方にはおすすめです。
が、先に書いたとおり、まもなく改修工事が始まって、リニューアルオープンは来春の予定。
その間は隣接する小さめの建物で展示販売をされるそうです。

023

これまでは漆器が仕上がるまでの工程や作業風景を見ることができました。
リニューアル後はどんな場所になるのでしょうか。
写真右にちょろっと写っている滴生舎の親分こと小田島さん曰はく、
いろんな企画を考えていますよ~とのことでしたので、楽しみです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

滴生舎さんの漆器につきまして、9月1日より価格が改定されました。
いずれも数百円から千円ぐらい、お値段が上がりました。
原材料の上昇など諸般の事情によりやむを得ずということです。
事前にお知らせすればよかったのですが改定後のご案内となり申し訳ございません。
また、定番商品としてご紹介している「浄漆椀」各種につきまして、現在当店には在庫がございません。
滴生舎さんの在庫が整った段階で再び納品をしていただく予定です。
よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここからは滴生舎のそばで見つけたいろいろスナップ。

036

近くの橋、足元にはお椀が。

042

近くを通る高速道路の下には漆の木(しかも掻き跡まで!)が描かれていました。

039

頭の中には陽水さんの「少年時代」が流れてきました(笑)

028

窓ガラスにぶつかって脳震盪を起こしてしまったらしきカワセミ。この後なんとか飛んでいきました。

天気が良くて、なんとなく夏休み気分を味わった浄法寺ドライブでした。
明日9/6(水)・明後日9/7(木)は定休日となります。
休み明けは、初めて取り扱うことになったくるみのバッグをご紹介したいと思います。
9/8(金)の午後2時半から3時半くらいの間、少し店を閉めることになります。
申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

 

 

東北巧芸舎さんから届いたもの。

002

初めて届いた「はつりコップ」。
大きめに面取りされたあたたかみのある形は手になじみます。
熱が伝わりにくいので、熱いものを入れても持ちやすいし冷めにくい。
同じく東北巧芸舎さんのコースターとも相性◎です。

 

005

予告どおり、8/26(土)にオーダーいただいた分のTシャツが届きました!
発送をご依頼いただいた方にも数日内に届く予定ですのでもう少々お待ちくださいませ。

右側4枚はオガサワラユウダイさんのイラストです。
うれしいことに毎年ご家族で色違いのオーダーをくださるのですが、
その色合わせが「お!」って感じでこちらも毎年楽しみにしちゃっています(笑)

 

今週は9/6(水)・9/7(木)が定休日です。
よろしくお願いいたします。

006

店の前の植物はこんな感じになりました。
がんばって西日に耐えてくれ…

 

イタヤ細工の丸カゴなど。

002

秋田・角館からイタヤ細工の丸カゴが届きました。
サイズは2種類。
左は直径約21×高さ約8cm、右は直径約24×高さ約10cmです。
イタヤカエデの幹を薄く削いで作られているイタヤ細工。
作られたばかりの時は見てのとおり白っぽい色ですが、時間とともに色が変わっていきます。

006

下が新しいもの、上が何十年か前のもの。
上のはお世話になっている方から「イタヤの経年変化の参考になりそうだから」といただいたもの。
「色は変わってくるんですか?」と聞かれた時などにこちらをお見せします。
そういう意味では漆器も鉄瓶も変化していくものなので、説明を心がけています。
陶磁器にも変化が目に見えやすいものと、そうでもないものがあって、
うつわに興味が出てきたばかりの頃は、知らずに使ってみて驚いたことも何度もありました。
まだまだ知らないこともいっぱいありますが…(^_^;)

003

イタヤ馬も届いていますよ~。
同じようでひとつひとつ微妙に違うので、皆さんじっくり選ばれているようです。

 

 

 

東北巧芸舎さんのお弁当箱。

001

東北巧芸舎さんから、お弁当箱(二段)が届きました。
左から12cm、10cm、9cm(直径)。
木地は9cm、10cmはサクラ、12cmはケヤキ。
品名はお弁当箱ですが、菓子入れなどにも良さそうです。

002

いつもお昼はお客さまの途切れたタイミングで簡単に口に入れられるもので済ませているのですが、
このお弁当箱で毎日お昼ごはんが食べられたらなんかちょっといい感じ~と気分が盛り上がります(笑)。

 

明日6/5(月)は、開店時間が少し遅くなります。
11:30頃、オープン予定です。
今週は6/7(水)・6/8(木)が定休日です。
いずれもよろしくお願いいたします。

006

姫栗玉。換毛期っていつぐらいまででしたっけねぇ(毎年のことなのにイマイチ覚えていない…)

 

鈴竹の市場かごが届きました+昨日の話。

img575

いよいよヤンマさんのお洋服の受注会が迫ってまいりました。→ 
5/28(日)・29(月)の二日間となっておりますので、お見逃しなく!
明日5/27(土)は受注会準備のため17:00閉店となりますので、よろしくお願いいたします。

027

鈴竹の市場かご、左から尺・尺2寸・尺3寸。
各1点ずつ、入荷しました。

028

持ち手の部分。

029

底の部分は竹を交差して通し、強度を付けています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は青森方面へ行ってきました。
今回は仕入れとかではなく、展示を見たくて。

001

まずは十和田市現代美術館の「村上隆のスーパーフラッと現代陶芸考」へ。
高速で行ったんですが、途中、二戸のあたりの霧がすごくてちょっとこわかったです。
前回3月末に通った時は、ここのエリアは吹雪いていました。

006008013

で、合計1800点という陶芸作品を見てきました。
館内は企画展については条件付きで撮影可だったので何枚かパチリ。
何かを感じられるのではと思って行って、何かは感じてきました。書きませんが(笑)
こちらは今度の日曜日までの展示です。

十和田を後にして、向かうは弘前。
カーナビもスマホもない私は事前に調べてプリンした地図だけが頼りです。
国道102号から103号へ、ふむふむと向かっていくとどんどん道が険しくなり、
あれ?え??これはまさか…と思ったら、なんとその道は八甲田山越えでした。

015

その険しさを伝えられないのが残念ですが、傾斜、カーブ、残雪と、
かつてあちこち温泉巡りをした中でもトップクラス。
のような気がしました(最近温泉に行っていないので記憶が薄れているかもしれませんが…)。
昔見た映画『八甲田山』を思い出しながらの一人ドライブはなかなか…
後続車も対向車もなくガードレールの下に落ちるようなことがあってはならないと超安全運転で山越え。
途中で102号に分かれるはずなのにそこを見逃し、気づいたら青森市まで行っちゃいました。
木々がうっそうとして看板が見えづらかったんですよ、あれはどうにかしていただきたい(;´∀`)

そんなこんなでたどりついた弘前。
目的は、THE STABLESさんで開催されている、工房イサドさんと小谷田 潤さんの展示です。

020

許可をいただいて、一枚だけ撮らせていただきました。
とてもすてきな展示でしたー!
イサドさんの寄木のフラワーベースがとっても欲しかったけれども、
今回は、以前から気になっていたブローチと、
小谷田さんのマグカップと一輪挿し(涙壺)を。
こちらの二人展は5/29(月)まで。

いろんなお店、いろんな作り手さんから展示案内をいただいているのですが、
最近では並びきれないくらい、多くのご案内をいただきます。イベントシーズンですからね~。
関わりのある作り手さんの展示はできるだけご紹介したいと思いつつ、
ここのところそれもできずにいました。
残すところわずかなところでのご紹介になってしまいましたが、よろしければぜひ。
ヤンマさんの受注会もぜひ!お待ちしております~~~。

 

 

鈴竹のざる。

先日、久々に入荷した市場かごのことをご紹介しましたが、
今日は手付きのざるをご紹介します。

023

手付き楕円ざるの大・中・小・豆を重ねて撮りました。
豆サイズは少し数がありますが、それ以外は各1点ずつです。
同じく各サイズ1点ずつではありますが、新しい形のざるが届きました。

025

「玉子ざる」という名前にされたそうです。
たしかにちょっぴり卵形(笑)。
先にご紹介した楕円ざるで茹でたおそばの水を切って盛り付けようとした際に、
手をかける部分からうっかり予定外のところに落としてしまい、
片側だけの手付きのざるを作ってみようと思いついたのだそうです。
使用後に乾燥させるために引っ掛けるのも、問題ありません。
サイズは大・中・小の3種類です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

039

この間、北へ行った時の一枚。蕪島にて。

 

 

 

 

 

久しぶりの入荷です。

006

とっても久しぶりに、鈴竹の市場かごが届きました。
色の違いについて、一番左の鈴竹は新しい竹の色です。
少しずつ青みが抜けて(日焼けしていくといったほうがいいかな?)、右のような色になっていきます。

005

サイズは3種類、各1点ずつです。
一番左から尺3寸、尺2寸、尺。
尺は約30cm、寸は約3cm、というわけで、
左から長辺(内寸)が約39cm、約36cm、約30cm。

007

3点とも、底の部分はこのように補強をしています。
かなりの荷物が入っても大丈夫だと思います。
市場かごそのものはとても軽いので、それもうれしいところ。
使わない時は物入れにして部屋の中に置いておいてもいいですしね。

ブログには何度か書いていますが、作り手の減少などにより、少しずつの入荷です。
定期的な入荷ではありませんので、ご理解いただければと思います。
楕円手付きざるも届いています。
こちらのご紹介はまたあらためて。