陶磁器・ガラス・鉄器

秋谷さんから届いたもの。

005秋谷茂郎(あきやしげお)さんから作品が届きました。
こちらは「しのぎ」の入ったゴブレット。
ワインとかビールとか、これでいただいたらいっそうおいしいでしょうね。

003

ほかにも定番のマグカップなど。
右の2点はいつもの形で、左の2点は筒型のマグ。
色はそれぞれ粉引と青彩の2種類です。

004

筒マグのほうは、取っ手の形状が2種類あります。
左は小さめで人差し指1本をひっかけるタイプで、右は広め、指が2本入ります(指が太めの男性は1本かも)。

 

明日は第1水曜日で通常であれば定休日ですが、営業します。
その分、8/8(水)に代休をいただきますのでご注意ください。
また、今週末の8/4(土)は閉店時間を17:00とさせていただきますので、こちらも何卒よろしくお願いいたします。

 

大益さんの「黒丸」。

002

4カ月ぶりに、鉄瓶工房髙橋・髙橋大益さんの「鉄薬缶 黒丸」が並びました。

黒丸は、当店で販売している大益さんの鉄瓶の中では容量が一番多い1.5リットル(満杯に入れた場合の容量となります)。
単体で見るとサイズ感が伝わりにくいと思うので、もうひとつ、一番容量の少ない「ちび丸(小)」と並べたのがこちら。

003

ちび丸(小)の容量は0.7リットル。先ほど同様、満杯状態での容量です。

容量も違えば当然重さも違ってきます。黒丸>ちび丸(小)
黒丸を持った後にちび丸を持ってみると、すごく軽く感じると思います。
使うときは鉄瓶にお水を入れて沸かすわけなので、当然さらに重くなります。
とはいえ、大益さんの鉄瓶は比較的(というかかなり)軽いほうです。
長く使ってもらえるように、なるべく軽く作る努力をしていらっしゃいます。

鉄瓶をご検討中の方にはぜひご覧いただきたいと思います。
以前一度書きましたが、9月後半には4年ぶりに大益さんの個展を開催します。
いろいろ見て決めたいという方には絶好の機械かと思いますので、どうぞお楽しみに。

 

渡邊 葵さんのアクセサリーが届きました。

湿度は高めですが、ひとまず日差しがないので猛暑もひと休み、でしょうか。
でも明日からはまた連日真夏日の予報が出ていますので、ご油断なく。

夏は髪をアップにしたり思い切ってショートにしたりという方が多いかもしれません。
そんな方に(もちろんそうでない方にも)おすすめのアクセサリーが届きました。

004

白岩焼和兵衛窯・渡邊 葵さんのアクセサリー。こちらはピアスです。
手前が直径13mmくらい、奥のふたつは直径8mmくらいです。
人気の揺れるタイプも左上のもの以外にもいくつか。

003

イヤリングもあります。これは初めて入荷したような気がします。
海鼠釉でほぼ球体のイヤリング。写真では伝わりにくいと思いますが、この色がなんとも良いと思うのです。

001

こちらは付けると一見ピアスっぽく見えるイヤリング。
どちらも直径8mmくらいのものですが、ピアスのように13mmくらいのもあります。

新しいブローチも届いています。
それはまたあらためてご紹介できればと思います。

今週は7/26(木)が定休日です。
よろしくお願いいたします。

 

 

金沢さんの蓋物。

004

紫波町で作陶されている金沢英徳さんから、新しい蓋物(手前)が届きました。
届いたのは少し前でしたが、ご紹介できずにいました。
左は「面取り」、右は「しのぎ」、大きすぎず、小さすぎず。
何を入れましょう?
まず思い浮かんだのはキャンディーとかチョコとか…
密閉はできませんが、お砂糖などの調味料を入れて食卓に置いてもいいかもしれません。

003

紫陽花をいただいたので、金沢さんの花器に。
伊藤さんのアジサイの木版画と合わさって、いっぱいの紫陽花でうれしいです。

手前に『てくり』が写っていますが、まもなく26号が発売になるようですよ。
詳しくは、まちの編集室のHPからどうぞ~。

 

ちび丸兄弟と三人展。

019

鉄瓶工房 髙橋・高橋大益さんの南部鉄瓶「ちび丸」兄弟が久しぶりにそろいました。

左は【中】で容量は1.2リットル。右は【小】で0.7リットル。
いずれも満杯に入れての容量ですので、実際はそれよりは少し少なめになります。
兄さんのほうは当店取り扱い鉄瓶の中では売れっ子です。
もうひとつ、シンプルな丸い形で、注ぎ口などの形状が異なる「まるっこ鉄瓶」、そして「棗型鉄瓶 わっか」の3種類がよくご注文をいただきます。
共通点は容量で、どれも1.2リットル。
デザインはもちろんですが、この容量あたりが一人~二人暮らしにはちょうどいいのかもしれません。
一人でコーヒーやお茶を1、2杯という方は弟くんのほうでも良いと思います。
HPの【定番商品】に当店取り扱いの南部鉄瓶を載せています。
基本的に在庫は1点のみで、売れたら注文をして、それから作るという流れなので、品切れの期間もございます。
注文から納品まで、5~6カ月かかります。ご了承ください。
9月下旬に大益さんの個展を予定しています。
普段は店に並ばない鉄瓶も見ていただく機会になると思います。
ご興味のある方にご覧いただけたらうれしいです。

 

さて、【初夏をいろどる三人展】は残すところあと4日。
本当に彩りのある展示なので、終わっちゃうのがさびしいです…。
今日も少しずつ皆さんの作品をご紹介していきます。

016

斉藤幸代さんの「鱗 めし碗」。色は手前から茶・グレー・緑釉の3種類。
左下に見えているのは「菊花 5寸皿」。高台アリとナシがございます。
幸代さんの繊細な模様は【型打ち】という技法でほどこします。
型打ちで作られるうつわはたくさんありますが、このように細やかで美しい模様が描き出されたうつわはそんなに多くはないと思います。
そして、色いいんですよね~。

025 (2)

伊藤由美子さんのアジサイ。
今回、初めてひめくりの企画展に参加いただいた伊藤さん。
こんなにもたくさんのアジサイを咲かせてくださるとは感激でした。
ちょっとしたスペースには小さめの作品を、少し広い壁の場合は2、3点合わせて飾ると、よりすてきかもしれません。
サイズ違いで合わせたり、色で合わせたり、組み合わせを悩むのもまた楽しいですね。

022

ハリノヲト 植木友子さんはオリジナルの図案を考案できるので、店のオリジナルアイテムとして、「栗」のこぎん刺しの鍋敷きやコースターを定番商品として作っていただいています。
今回は普段は作らない色の組み合わせのものもいっぱい作ってくださいました。
東北柄シリーズがずいぶんと旅立ち、栗シリーズもさびしくなってきたので、ひとつのテーブルに合わせて並べてみました。
これらはすべて植木さんオリジナルの図案の作品となります。

 

023

【◯△☐なTシャツ展】で、 6/17までにご注文いただいたTシャツ&トートバッグが届きました!
ご都合のいい時に受け取りをお願いいたします。

ご注文を受けた際、お渡しまで10日ぐらいとお伝えしていましたが、ちょっとずれてきています。
6/18、19にご注文いただいた皆さま、申し訳ございませんがもう少々お時間をいただきます。
よろしくお願いいたします。

014 (2)

今朝も近所の紫陽花をパチリ。
一本の木から、いろんな色の花が咲いているのか、それとも何本かの木が密集してこうなっているのかわかりませんが、本当にきれい。

 

境田亜希さんのガラス。

012

境田亜希さんのガラスのうつわが届きました。
「はなかげ」シリーズのうつわはうっすらと色がついています。
落ち着いた、とてもいい色だと思います。

少し大きめのグラスと、普段使いに活躍しそうなサイズのグラス(スタンダード)、
小鉢や、アイスなどのデザートに合いそうな氷鉢、写真には写っていませんがヨーグルト鉢など。

010

昨日のブログに載せたこちらの作品は、丸一輪挿し。
三角一輪挿しというのもあります。
個人的にはアイビーなんかを少し垂らして飾りたい気がします。

 

境田亜希さんの作品は、これまでに何度か取扱ったことがあります。
一番最初は2011年の夏。
秋田美術短大(今は4年制大学)の小牟禮先生をはじめ秋田で活動されるガラス作家さんと、
美短の研究科の方々のグループ展を開催しました。境田さんはその時のメンバーのお一人でした。

その後、富山のガラス工房に場所を移され、境田さんがいるならと一度お邪魔したことがあります。
一泊二日、これまでで最長距離を運転した、無謀な一人旅でした(笑) 

昨年、秋田に戻って来られて、精力的に活動を始められたところです。
3月末、秋田に行ったのは境田さんにお会いするのも目的のひとつでした。
久しぶりにゆっくりお話しして、注文もして、今回の納品となりました。

007

ついに春の換毛期?いつもより少し遅いような…。
またコツコツと姫栗毛玉を大きくしていきたいと思います。

 

泉田さんのすり鉢。

013

野田村・泉田之也さんのすり鉢が届きました。
手前から、大・中・小とそろっています。
ちなみに直径は大が21cm、中が18cm、小は16cm。

入荷後は、ひとつ、またひとつと旅立って、ほどなく売り切れます。
そして次の入荷までまたしばらくお時間をいただきます。
いつもそんな感じですので、気になっていた!という方はぜひどうぞ。

011

おとなりの野の花美術館さんには四季折々に楽しめる植物があります。
桜の切り株の陰には福寿草が咲いていました。
去年まであったかな?はて??記憶にございませんが定かでないです最近は本当に記憶力がごにょごにょ。

今週は3/29(木)が定休日です。
よろしくお願いいたします。

 

 

 

紫波町・金沢英徳さんのうつわ。

002

紫波町で作陶されている金沢英徳さんのマグカップ。
金沢さんの定番作品のひとつで、多くの方に好まれています。

001

マグカップには黒もあります。
そして新たに、縁にしのぎの入った7寸皿と5寸皿が加わりました。
普段の食卓にスッとなじむ、使い勝手の良いうつわだと思います。
ぜひ、お手に取ってご覧ください。

 

031

店内の桜はほぼ満開に。

今週は3/15(木)が定休日です。
よろしくお願いします。

 

鉄瓶入荷のお知らせと、今月の予定。

020

品薄が続いている高橋大益さんの鉄瓶が、久しぶりに少し点数が揃いました。
写真は「雫(小)」。
例年この時期、岩手を離れる方が【岩手らしい思い出の品】として
南部鉄瓶のご購入を検討されることが多いように見受けられます。

在庫は現品のみで販売後の入荷は約5カ月後となります。
実際に手に取っていただける機会ですのでぜひご覧になってみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今月は企画展の予定はありません。
常設展示をゆっくりとご覧いただければと思います。
先にも書きましたが、転勤や卒業、入学に就職と、
春は何かと贈り物をお渡ししたりいただいたりする機会が増えますよね。
岩手っぽいもの、盛岡っぽいもの、手仕事のものなどをお考えでしたらぜひのぞいてみてください。

002

さて、今月の予定です。
当店の定休日は毎週木曜と第1・第3水曜が基本ですが、
展示との兼ね合いや祝日、所用などにより変更になる場合もございますので、よろしくお願いいたします。

3/1(木)定休日
3/7(水)定休日
3/8(木)定休日
3/15(木)定休日
3/21(水・祝)★第3水曜ですが営業します(3/23代休)
3/22(木)定休日
3/23(金)3/21の代休
3/29(木)定休日

 

DM絵柄面

先日チラッと写真だけ載せましたが…
HPの【お知らせ】ページを更新しました。
来月、白岩焼和兵衛窯・渡邊 葵さんの個展を開催します。

渡邊 葵 展「春ノ月」 4/20(金)~5/1(火)
皆さまのお越しをお待ちしております。

 

 

10日前のこと。

029

10日前、1/31(水)のこと。
納品がてら、雫石の風光舎さんまでドライブ。

昨年秋に開催した久保田健司さんの個展の際に、
コーヒーカップ&ソーサーを気に入ってくださり、追加のご注文をいただいていました。

017

「昭和のブレンド」というコーヒーをオーダーすると、こちらで出してくださっています。
展示の際「これは“昭和のブレンド”のイメージにぴったり」と
即座に決めてくださったのがとてもうれしかったです。
さらに追加のお話もいただいて、久保田さんも喜んでいました。

無事に納品が済み、せっかくなのでおいしいスイーツを。
3種類あって迷いましたが…

023

一緒に行った友達はバナナのなんちゃらを。

026

私はキウイのロールケーキを。

014

窓からは野鳥が。名前は…たしか4文字の…なんでしたっけ💦

028

風光舎さんにはイベントのご案内を置いていただいています。
今回は真っ赤なショップカードもお届けしました。

032

冬ならではの木々のシルエット。
は~、いい時間でした。

この時は風邪の兆候もなく、元気のそのものだったんですけれど(笑)
おかげさまで全快しました!念のためマスクはしていますが。
皆さまも気をつけてお過ごしくださいませ。