陶磁器・ガラス・鉄器

関口憲孝さんのうつわ。

昨日、店主Mさんは久々に紫波町へ。
関口憲孝さんと内田好美さんのところに行き、うつわをお預かりしてきました。

ということで、今日は関口憲孝さんのうつわを何点かご紹介したいと思います。

温かい飲みものが飲みたくなる季節(コーヒーは夏でもホット派ですが)。
ということで、まずはマグカップを。

P9281109口径80㎜×H90㎜

P9281115口径85㎜×H85㎜

P9281112

P9281114時々、お客様とお話しているとマットな質感やざらざらした感じのが実は好きなのですが、なかなか近くで見つけられないというお話になることがあります。

この質感が好きでして…、というお話になることが多いのが関口さんのうつわの中でもこのマグカップのようなタイプ。

 
続きましてこちら。

P9281142 (2)黒輪花皿 Φ160㎜×H20㎜

坂本喜子さんのつきさしと合わせてみました。
和菓子でも洋菓子でもなんとなく合いそうなお皿です。
浮かんできたのはカステラやチーズケーキ。

P9281140 (2)
最初にご紹介したマグカップと合わせても良い気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の15時過ぎ辺りの入り口付近。
強すぎず、弱すぎずの程よい日が差し込んできて、入り口のドアを開けているせいなのか、自分の中では今までで一番かもというくらいにきれいな影に見えてきたので思わずパチリ。

P9281118これって自分だけですかね?

明日29日(木)は定休日となります。
また週末にお待ちしております。

R

 

 

ある時はあるけど、ない時はないもの。

ある時はあるけど、ない時はないもの。
店頭に並ぶものの中には、在庫を切らさず並べられるものと、時々在庫がないもの(再入荷アリ)と、並んでいる在庫しかないもの(再入荷未定)のものが混在しています。

「ある時はあるけど~」のフレーズをよく使うものの筆頭は、鉄瓶工房 髙橋・髙橋大益さんの鉄瓶。

P9241082

大益さんの「鉄薬缶 カンテラ型」。

こちらは1.5リットル(満杯まで入れて)入ります。
そして、鉉(つる)の部分は袋鉉と言って、中が空洞になっている鉉なので、お湯が沸いて持ち上げる時に素手で持っても大丈夫。
袋鉉でない場合は、鉉がかなり熱くなってしまうので、鍋つかみやふきんなどで鉉の部分を持たないと危険です(ガスの場合。IHだとそこまで熱くならないようです)。
であれば全部袋鉉にすればいいのにと思われるかもしれませんが、やはりお値段が変わってきてしまうんですね。
ちなみに当店で販売している鉄瓶のほとんどは袋鉉ではないタイプです。

ここのところ急に涼しくなって、SNSでは「早くもストーブ出動!」という方もいたりして、この冬こそは鉄瓶を…なんて思う方もいらっしゃるのではないかと思いまして、紹介してみました。

今、在庫がある大益さんの鉄瓶は、

鉄薬缶 黒丸(1.5リットル)
棗型鉄瓶 わっか(1.2リットル)
鉄瓶 雫(1.0リットル)

「黒丸」と「わっか」はHPの【定番商品】で紹介しています。→ 
「雫」は載せていないので、大益さんのHPでご覧いただければと。→ 

大益さんのHPには、鉄瓶のお手入れ方法が載っていて参考になります。
お手入れと言っても、鉄瓶に関しては実は細かい手入れは不要です。
お湯を沸かしたら、お湯が熱いうちに使い切るか何かに移すかして、フタを開けたまま余熱で乾かすこと。
それだけです。
でももし錆させてしまったら…という場合の対処法などまで書かれていますので、使ってみたいけど少し不安に思っている方などは、ぜひ読んでみてください。

プチ情報ですが、「薪ストーブに鉄瓶を置きたくて…」という方が購入する率が高いのは「黒丸」です。
黒丸は当店で扱う鉄瓶の中では大きめですが、薪ストーブの上に置くにはやはり少しサイズ感がないとバランスが…というところでだと思います。

 

P9241083

そういう意味ではカンテラ型も薪ストーブに合いそうな気がします。
冬支度に、鉄瓶のご検討をぜひ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_6045

苦手な人にはスミマセン。
カタツムリの「マーク」と暮らし始めて2カ月が過ぎました。
夏の間、一週間とか殻に閉じこもりっぱなしだったりして未知過ぎますが、ニンジンと小松菜が好きらしいことはわかりました。笑

マークと名付けたのは「マーヴェリック」からと前に書きましたが、この間、ついに「トップガン×トップガン マーヴェリック」連続上映を見てきました!
フォーラム盛岡での連続上映は、9/29(木)までみたいですよ~。

 

 

松坂渉さんから届いたもの。

今日は松坂渉さんが先日、新しく届けてくださったものをご紹介したいと思います。

P6180584 (2)左:木の枝スプーン 極小[真鍮]
右:木の枝スプーン 小[真鍮]

長さが左側が約65mm・右側が90mmと本物の小枝のような小さなスプーン。
砂糖や塩、唐辛子や山椒などの薬味用としてお使いいただけそうなサイズです。

P6180579 (2)

試しに柄の部分だけを撮ってみると、本物の枝のようです。
お客さまからも柄の部分って枝ですか?という質問をいただきましたが、たしかにそうも見えてきます。

実はご紹介する前にすでにいくつか旅立っていまして、なぜか今のところ、2種類のサイズをひとつずつ組み合わせて買ってくださるお客さまが続いています。

使っていくうちに、経年変化で益々本物の枝のようにみえてきそうなところも楽しめそうなスプーンです。

こちらの他にも今ですと、以前ご紹介したことのあるリングなどもサイズが揃っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は朝から暑かったですね。

IMG_9846
午前中からこの日差しですかーと思いながら通勤したのですが、店に着いた時にいつもはあまりみえてこないのですが、屋根部分の影がどうも猫の耳っぽいと思ってしまうほどの朝からギラギラしている日でした!笑
R

 

渡邊葵さんから届いたもの。

先日、久しぶりに渡邊葵さんがうつわなどを届けてくださいました。
今日はそのうち新しく届いたものをいくつかご紹介したいと思います。

P6070518 (2)シュガーポット(左:海鼠 右:白釉)Φ約73mm×H約50mm

蓋物好きさんが喜びそうなシュガーポット。

P6070504横からみると蓋がすきっと収まって、みていて気持ちが良いかたちです。
渡邊葵さんの説明によりますと、蓋は佐藤木材容器さんに仕上げていただいたもの。
実際に蓋をした時の音も、木製ということで柔らかい音のように聴こえます。

P6070515 (2)収まりの良い木の匙付きというところもまた嬉しいです。

続いてこちら。

P6070520 (2)上:隅切角豆皿 Φ約80mm×H約17mm
左下:菱形豆々皿 対角線長辺約54mm×対角線短辺約47mm×H約13mm
右下:輪花角豆々皿 Φ約53mm×H約10mm

豆皿はおひたしや漬物、組み合わせによっては珈琲やお茶などのお茶請けをのせても良さそうな大きさです。

豆皿が大きくみえてしまうほどの大きさの豆々皿。
本当に小ぶりなサイズなので、薬味入れや箸置き、アクセサリーなど小物置きとしてお使いいただけそうです。

食卓が華やかになりそうな渡邊葵さんのうつわ。
今回ご紹介した他にも、海鼠釉三日月皿や切立カップ、フレア皿なども届いています。
数日前に届けてくださったのですが、すでにいくつか旅立っていますので、気になっている方はお早めにどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Tシャツ展は明日まで。
最終日の8日(水)は16時閉店ですのでお間違えのないよう、どうぞよろしくお願いします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は入口のドアを開けておくと、どうもひんやりとして肌寒い一日でした。
ストーブをつけたくないけど、つけないとちょっと寒い。
つけないと洗濯物も乾きにくいだろうなぁと。

そういえば、たしか4月に最高気温が27℃ぐらいの日があったなぁ、そんなことを思い出してしまう、随分とひんやりな天気でした。
R

 

秋谷茂郎さんと橒工房 橋本勲さんから届いたもの。

ただいまTシャツ展を開催中ですが、今日は他の入荷情報を少しご紹介したいと思います。

P5100400 (2)左:秋谷茂郎 青彩三角柱花器
右:橒工房 橋本勲 キャンドルスタンド(胡桃の燭台)

秋谷茂郎さんから4月に届けていただいた時に少しご紹介したことがありましたが、その時ご紹介したものとはまた雰囲気の違ったタイプの花器もいくつか届けてくださっています。

P5100402
上からみると三角柱という名前が伝わるかと。
実際にドライのユーカリですが、飾ってみると上の画像のような印象に。

秋谷さんならではの青が、その場を素敵な空間にしてくれそうです。

P5100401 (2)橒工房 橋本勲さんからは、特に今年に入ってから、届くと間もないうちに旅立っていくことが多いキャンドルスタンド。

橋本さんの説明によりますと、岩手県産の鬼胡桃の厚板から削り出したというティーキャンドル用の燭台。
ティーキャンドルって?となる方もいらっしゃると思いますが、ティーキャンドルというのは小さいサイズの容器に入った、使い切りタイプのキャンドルのことのようです。

実際に持ち手部分を持ってみると触り心地がとても良いですし、眺めているだけでもあたたかみが伝わってくるようなキャンドルスタンドです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

店からの眺めがとってもみどりになってきたなぁと思っていたら、ちょうど昨年のこの時期に同じことを思っていたようで、こんな画像をブログにあげていたようです。

P5113810

では今年も撮ってみようと昨日撮ってみたのですが、今年も変わらずとっても緑です!
ついでによくよくみたところ川沿いに生えている木がだいぶ成長していることに気付きました!

IMG_9565 (2)

明日11日(水)は5月4日の代休・明後日12日(木)は定休日ということで、2日間お休みをいただきますので、お間違えのないようよろしくお願いいたします。

それではまた週末にお待ちしております。

R

 

ただいまTシャツ展開催中ですが。

5月はまるっとひと月Tシャツ展を開催していますが、常設の展示などもご覧いただけますので、念のため、お伝えしておきます。

それはなぜかといいますと、昨日・今日とお天気も良く、開店時間から入口のドアを明けている時間が多かったのですが、店の前を通りがかった方が、「ここはTシャツ屋さんかー。」と話しながら通りすぎていったのが聞こえてきました!笑(Tシャツにご興味を持たれた方ももちろんいらっしゃいますが)。

覗くわけでもなくさらっと通りすぎていかれたので、「Tシャツ以外もございますよ!」とは伝えられず。

店主Mさん自作のゆるゆる看板「Tシャツ展ヤッテマス!!」と西日対策のためのロールカーテンを閉めていると、歩いてきた方向により、外からはTシャツしか見えない時間もあるかもしれませんが、他もご覧いただけますので、勘違いしませんように何卒よろしくお願いいたします!

店内の一部はこんな感じ。

P5060377 (2)

P5060380 (2)今はひとつ前の展示、「時々、花を。」の余韻も残しつつという感じにもなっていますので、4月の会期中に予定が合わなかった方などもよろしければどうぞお越しくださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きまして、早速ですが5/1にご注文いただきましたTシャツが届きました。
ご都合のよろしい時に、受け取りをお願いいたします。
(5月は毎週水曜・木曜が休みとなりますのでお気をつけください。)

P5060384 (2)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_9523 (2)昨日は帰り道、気持ち良い天気だったのでほんの少し遠回りして、なんとなく観光気分になってみました。
店からは近い場所ですが、いつもとは違う道を通ってみるのは、良い気分転換になりますね。

 

ゴールデンウィークの予定。

P4240339

先日伺った星耕硝子さんの丸ピッチャーやシャンパングラスなど。
これからの時期に冷たい飲みものをいただくのに良い、シンプルなグラスもいろいろあります。
それはまた後日、紹介していきたいと思います。

今週は4/28(木)が定休日、4/29(金・祝)は企画展「時々、花を。」の最終日で16時まで、4/30(土)は展示替えのため休みをいただきます。
ちょっと変則的な営業予定となっておりますので、ご予定を入れていただく際にはご注意ください。

ゴールデンウィークの予定をあらためて。

4/29(金・祝)企画展最終日 16時閉店
4/30(土)展示替えのため休業

5/1(日)~ Tシャツ展「Movie&T-shirt.」→ 
5/2(月)通常営業
5/3(火)通常営業
5/4(水)本来は第1水曜で定休日ですが、営業します(5/11代休)
5/5(木)本来は定休日ですが、営業します(5/25代休)
5/6(金)通常営業
5/7(土)通常営業
5/8(日)通常営業

よろしくお願いいたします。

 

昨日のことと展示会情報など。

開催中の「時々、花を。」は、残すところあと一週間ほどとなりました。
明日4/20(水)と明後日4/21(木)の休みをはさみまして、4/22(金)~27(水)は通常営業、4/28(木)が休みで、4/29(金・祝)までの開催となります。
最終日は16時までですので、時間にお気をつけください。
また、展示替えのため4/30(土)は休みをいただきますので、こちらもよろしくお願いいたします。

4/20(水)定休日
4/21(木)定休日
4/28(木)定休日
4/29(金)企画展最終日。16時閉店
4/30(土)臨時休業

5/1(日)~ Tシャツ展「Movie&T-shirt.」→ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_2481

昨日は星耕硝子さんへ。
伊藤嘉輝さん・亜紀さんご夫妻にお会いして、お互いの近況報告などをしながらお願いしていたワイングラスやコップ、ピッチャーなどを受け取りました(写真に写っているもの以外にもいろいろと)。

冬の間は峠越えが不安なので、雪の心配がなくなるこの時期に伺うのが毎年恒例になっています。
仙岩峠の道沿いにはまだ雪が残っていますが、国道46号はまったく心配なし。
という前提で、先日タイヤ交換も済ませていたので、お天気が良くて何よりでした。

星耕硝子さんの作品は週末からご覧いただけると思いますので、ご興味のある方はぜひどうぞ。

 

DSC_2499

帰りには、星耕硝子さんから車でほど近い、白岩焼和兵衛窯の渡邊 葵さんのところにもチラリと寄りました。

明日からは神楽坂のコハルアンさんで二人展、来月は吉祥寺のMARKUS(マルクス)さんでの個展を予定されている葵さん。
がんばってるな~~。
当店では来年夏に展示を予定していますので、かなり先の話ですが、お近くの方は楽しみにお待ちくださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P4190327

展示情報をいくつか。
いずれも入場無料です。
(左上から下へ)

Cyg rental wall 企画展 vol.2
森 優 sketch tree
4/15(金)~5/15(日)10:00~18:30(4/20(水)休業)
Cyg art gallery(盛岡市菜園1-8-15 パルクアベニュー・カワトク cube-Ⅱ B1F)

 

紙町銅版画工房作品展
4/19(火)~24(日)10:00~18:00(最終日は16時まで)
盛久ギャラリー(盛岡市中央通1-1-35)

 

2day PICNIC
craftman studio TOSEN
4/22(金)・23(土)10:00~17:00
Mizusaki Note(奥州市江刺区稲瀬字水先595-2)

 

もりおか啄木・賢治青春館第94回企画展
ねこ町のクラムボン
高橋正明作品展
4/22(金)~7/10(日)10:00~17:00(5/10、6/14休館)
もりおか啄木・賢治青春館 2階展示ホール(盛岡市中ノ橋通1-1-25)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_2504

昨夜、スーパーの駐車場で桜をパチリ。
思いのほか美しく撮れていました。笑

明日は3回目のワクチン接種。
1、2回目とも、副反応は筋肉痛以外特に何も起きなかったのですが、3回目はどうなるでしょう。
何事もないに越したことはありませんので、熱も出ず、頭痛もないことを願いたいと思います。

休み明けの4/22(金)には、kiitosさんからミニブーケが届きます。
企画展に合わせて、週末に花を販売するのはひとまずこれがラストです。
よろしければ足をお運びください。お待ちしております。

 

大益さんの鉄瓶。

P4020120

鉄瓶工房髙橋・髙橋大益さんの「棗型鉄瓶 わっか」。

当店で扱っている大益さんの鉄瓶の中では、販売上位ベストスリーに入る「わっか」。
丸くてシンプルな「まるっこ鉄瓶」、「ちび丸(中)」と常に上位争いを繰り広げています(カウントしているわけではないのですが。あくまでも感覚です)。
いずれも容量は1.2リットル(満杯時)。
ご夫婦で選ばれることが多いような気がしますが、お二人ぐらいだとこのくらいの容量が使いやすいのかもしれませんね。

わっかについては、普段見本品を展示してご注文を承るという流れなのですが、先日大益さんが即売用に一点納品してくださいました。
今ならすぐにお持ち帰りできますので、前から気になっていたけど…みたいな方には朗報かと。

わっかについて、詳細は当店HPの【定番商品】を見ていただくとわかりやすいと思います。→ 

 

P4020122

そして「まるっこ鉄瓶」も在庫ありです。
ご興味のある方は、こちらも詳細は【定番商品】をご覧ください。→ 

これまでも何度か書いていますが、大益さんの鉄瓶は基本的に在庫が一点なので、旅立ったら注文して数カ月待って納品されるという流れになっていますので、実物を見る機会、すぐに持ち帰ることのできるタイミングなど、少々ご不便をおかけしておりますが、大益さんと当店にはこのペースが合っている気がしているので、ご了承いただければと思います。

もしも遠方の方でご購入を希望される場合は、HPの【お問い合わせ】からメッセージをいただければ対応可能です。
いずれはいろいろな定番商品をポチッとできるようにしたいと考えていますが、今はまだ準備が整わず…。
まずはバックヤードを片付けて、商品撮影がいつでもできる場所を作って…とイメージは描いているのですが、それがいつからできるのかは不明です。笑

 

大益さんといえば、去年の秋ぐらいからInstagramを始められました!
いろいろな鉄瓶が紹介されていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。→ 

 

関口憲孝さんと内田好美さんのうつわ。

昨日のひめくり日記で店主Mさんが少しご紹介していましたが、関口憲孝さんと内田好美さんのうつわが届いています。
また別な機会に、ということでしたが早速今日、ご紹介したいと思います。

P3300106

P3300107 (2)関口憲孝 白釉大皿 Φ27cm×H3.5cm皿

厚すぎず薄すぎず、安心感のある大皿。

今、浮かんできたのはちょっと緑の野菜を添えたオムライスですが、カレーなどにも良さそうです。
あとはワンプレートでパンとサラダ、おにぎりとおかず何品かを盛り合わせて、というのにも良いのでは。

P3300105 (2)
内田好美さんの小皿(右側)と木村木品製作所さんの箸置きと箸(手前)を組み合わせてみたもの。
この組み合わせにして浮かんできたのは、なんとなくニラがたっぷり入ったチヂミ(←細かい)でした。

P3300108 (2)

P3300112 (2)内田好美 6寸丼 Φ約18.5cm×H8.0cm

昨日のブログにもMさんが少しご紹介していましたが、関口さんと内田さんのところから店に帰ってきて、お預かりしたものを出していた時のこちらの6寸丼についての二人の会話は、
「なんか良いよね~」
「なんか良いですね~」
「でしょ?なんか良いんだよ」
「はい、なんか良いですよ」
もう少し良い表現はないのか!笑、と思いながらもこんな会話でした。

うどん、親子丼等々、これは食べ終わってうつわを見てなんとなくニヤリ!となりそうな気がします。

P3300114 (2)この他にも、以前も届いたことがあり早いうちに旅立っていきました関口さんの黒小鉢もなども届いています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

桜が咲いて春らしい地域もあるようですが、盛岡はまだ何を着たら良いのか微妙な時期ですね。
こういう季節の変わり目になると、まだ冬っぽい服装の方、とても春らしい服装の方、服装の差が激しいなぁと毎年思ってしまいます。
わかっているようでいて、あと一枚着てくれば良かったと自分もなります。
みなさんもうっかり風邪などひかないようお気をつけください。

明日31日(木)は定休日となっております。
また週末にお待ちしております。

R