陶磁器・ガラス・鉄器

昌子さんのうつわ。

クラフトマンスタジオ冬扇・髙橋昌子さんのうつわが届いています。

届くと早いうちに売れてしまうもののひとつがめし碗なのですが、今回は2種類届きました。
今日はそのうちのひとつ「さみどりカクめし碗」を中心にご紹介します。

017「カク」という名前のとおり角があり、とてもすっきりした形です。

IMG_1059 (2)もうひとつの届いためし碗、「さみどり点紋めし碗(画像右側)」と比べてみると、よりすっきりして見えます。

んー、どちらの形もそれぞれ良いので、迷ってしまいますねぇ。

 

015
続きまして「ふちよりゆび浅鉢(画像左)」と「つまみ果実(画像右)」。

上からみるとこのような形です。

011めし碗に比べると、どちらも少しだけぼこぼこ感があり、温かみがある感じがします。

今の季節ですと…
店主Mさんの大好きな大好きな「山菜」の天ぷらがぴったりな気がします!

(私も好きですが)

「ふちよりゆび浅鉢」に天ぷらをのせて、「つまみ果実」に天つゆまたは、塩を。
どちらかというと塩が好きです。笑

ちょっと逸れましたが、この他に汲出なども届いていますよ。
昌子さんのうつわは、電子レンジもOKというのがこれまた嬉しいですね!
(R)

2020年3月28日 | 陶磁器・ガラス・鉄器

 

陶來さんに行ってきました。

DSC_2325

先日、陶來さんに行ってうつわを少しいただいてきました。
「おそばを食べるのに良さそうなうつわってありますか?」と聞かれた時に、ご紹介すると高確率でお買い上げいただく「そば丼」も。

DSC_2328

工房から出てすぐに、大好きなばっけを発見!
思わず少し摘んでしまいましたー!と陶來の大沢さんに連絡したら、「早春の味を堪能してください」と大らかな返事をいただいたのでありがたく頂戴し、

IMG_20200315_204601_771

今シーズン2度目、大好きなばっけみそを作りました。
今年は何回作れれるかな。

DSC_2256

昨年、根っこ付きでいただいたばっけをプランターに植えたのですが、2個しか出てこなくて残念…。
でもその奥のプランターに植えた行者にんにくは、無事4株とも芽が出てスクスク成長中。
こちらは収穫できそうで、今から楽しみです!

ばっけ、うど、行者にんにくが大好きです。
この春もいっぱい食べたいです!笑

 

 

会津木綿のコースター。

023

会津木綿のコースター。
10cm角で、裏側も別色の会津木綿なので、両面使うことが可能です。

004

コースターの上にクラフトマンスタジオ冬扇・高橋昌子さんの「白ゆきふくらコップ」を置いてみました。
鉄瓶工房髙橋・髙橋大益さんの「ぽっとっと0.8リットル」と一緒に。
大益さんの鉄瓶、在庫が少ないことが多いのですが、今は比較的種類があります。
現在、在庫があるのは下記の5点です。

・まるっこ鉄瓶 1.2リットル
・鉄瓶ちび丸 0.7リットル
・鉄薬缶ぽっとっと 0.8リットル
・鉄瓶 雫 1.0リットル
・鉄薬缶カンテラ型 1.2リットル

上の3点は、HPの【定番商品】からご覧いただくこともできますので、ご興味のある方はぜひ見てみてください。
在庫がないものでもご注文は受けられますので、お気軽にご相談ください。
(ご注文の場合は、納品まで3~4カ月程度、お時間をいただきます。ご了承くださいませ。)

 

 

渡邊 葵さんのアクセサリー。

002

白岩焼和兵衛窯・渡邊 葵さんのアクセサリーが届いています。
ピアスやイヤリング、ネコヅメシリーズも。

003

ブローチもいろいろと。
たくさん納品してくださったので、楽しく選んでいただけると思います!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公私ともに少しパタパタ…。
今夜はギョウザ(冷凍)にしよう、そうしよう…(意味不明)。

 

久々です。

L1000078

鉄瓶工房髙橋・髙橋大益さんから「南部鉄薬缶 カンテラ型」が久々に届きました。

こちらは1.5リットル(満杯まで入れて)入ります。
そして、鉉(つる)の部分は袋鉉と言って、中が空洞になっている鉉なので、お湯が沸いて持ち上げる時に素手で持っても大丈夫。
袋鉉でない場合は、鉉がかなり熱くなってしまうので、鍋つかみやふきんなどで鉉の部分を持たないと危険です。
であれば全部袋鉉にすればいいのにと思われるかもしれませんが、やはりお値段が変わってきてしまうんですね。
ちなみに当店で販売している鉄瓶のほとんどは袋鉉ではないタイプです。

というわけで、こちらは当店で販売している鉄瓶の中では一番高価なものとなっております。
とはいえ、これまで何度か並んだ際は、一目惚れをされた方が即決して購入されるという場面を見ているので、今回もどなたかの目に留まったらいいなぁと思います。

上の写真、店のHPの【定番商品】に加えようと思って、奥山淳志さんに撮影していただいたのですが、入荷の頻度が少なめなのでまだ載せておらず…。
これを機に載せようかなぁ。

L1000141

注ぎ口のところとかもかっこいいんですよね~。
下のほうにポコッと見えるのは大益さんが作った印(しるし)です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

奥山さんといえば、先月【庭とエスキース展めぐり】でお世話になりましたが、その時に「サイン入り」として販売していた本にサインが入っていなかったかもしれないことが発覚しました。
もしも本を購入された方で、サインが入っていなかった…という方は、お時間をいただいてもよろしければ、本をお預かりして奥山さんにサインをいただくことも可能ですので、遠慮なくお申し出くださいませ。

005

奥山さん、もし書いていないのがあったらごめんなさい!と言っていました。

 

 

 

 

秋谷茂郎さんの大きめマグカップ。

002

秋谷茂郎さんから、大きめのマグカップが届きました。
大きめと言ってもどのくらい大きめか、わからないですよね…。

008

左のコップは持ち手が付いていませんが、いつものマグカップと大体同じ大きさなので、それと比べると、右のマグカップが大きいことがおわかりいただけると思います。
具体的には、今回のマグカップは200mlくらいの量に合うようなサイズです。

昨年、お客さまから大きなマグカップのご注文をいただきました。
これからオープンするお店で使いたいとのお話で、お飲み物をたっぷり入れてご提供したいとのことでしたので、秋谷さんと相談の上、こちらのサイズで制作することになりました。

010

秋谷さんの大きめマグカップをお使いいただいているお店は、肴町にオープンされた「匣(はこ)」さんです。

年明け、マグカップをお届けがてらお店に伺ってみたら、コーヒー、ナチュラルワインとチーズをいただけるところで、店の奥のセレクトスペースではお洋服を販売していました。

(はこ)
盛岡市肴町10-2
営業日:水曜-日曜(月・火定休)
営業時間:水-金 13:00-21:00 土・日 12:00-21:00
Twitter → 
Facebook → 
Instagram → 

※1/28まで、出張のためお休みだそうです。

店主さんは秋谷さんのマグカップを愛用してくださっていて、気に入ったので自分のお店でも使いたいと思ってくださってのご注文でした。
お店のオープンの日には間に合わなくて申し訳なかったのですが、届けた時に普段お使いのマグカップを見せてくださって、それがとてもいい感じに貫入(陶器特有の細かいヒビ模様)に飲み物の色が入り込んで、本当によく使ってくださっているんだなぁと伝わってきて、とてもうれしかったです。

今回、秋谷さんがこの大きめのマグカップを少し多めに作ってくださったので、店頭でも販売します。
レアですよ。笑
たっぷり入るマグカップを探している方がいらしたら、ぜひ教えてあげてください!

 

 

 

和知篤司さんのガラスと、今週末のワークショップ。

新しい一週間が始まりました。
頭の中はいろんなことが入り乱れていますが、さわやかなフリ?をしてブログを更新したいと思います(笑)
まずは和知篤司さんのガラスをいくつかご紹介したいと思います。キラリ✨

026

和知篤司さんの一輪挿し。
写真では大きく見えますが、高さ8cm弱のかわいらしいサイズです。

004

キャンディーとか入れてはどうかなという感じのポット。
金平糖とか入れたらすごくかわいいでしょうね~~って言いながら、自分は金平糖を常備するような生活はしていませんが、小さなお子さまがいらっしゃるとかお客さまがよく来るお家とか…いかがでしょう?

001

雰囲気の違う蓋ものも。
こちらは何を入れましょうかね。ポプリとか?なんて言ってみちゃったりして…
アロマ系には詳しくありませんが、ここ数年、ラベンダーの香りはいいなぁとしみじみ思います。
「ポプリ」というと、昔読んだマンガで思い出すものがあって、気になって調べたら『なかよし』に掲載されていた『あいつがHERO!/あさぎり夕』でした(笑)
同世代の人にしかわからないですよね。失礼しました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

005

毎年恒例、書家・伊藤康子さんによる【旧暦の書初めワークショップ】。
1/26(日)に開催します。

こちらは店をオープンして間もない頃から続いているワークショップです。
以前の仕事(印刷営業)の頃からお世話になっていた康子さんが提案してくださって始めたのですが、皆さんがそれぞれ考えて来られる「書きたい文字(言葉)」を見たり、その理由を聞いたりしているのも、いろいろと納得することが多くておもしろいなぁと思いますし、康子さんがお手本を書いてくださるのですが、本当にいろいろな字を書かれるので、その都度「は~」とか「ほ~」とか「わ~」とか声が出ます。
いろいろな字というのは、同じ字を、楷書体とか草書体とか、象形文字っぽくとかっていう意味のいろいろな字です。

字の上手下手ではなく、“書”と楽しむ時間にしていただけたらうれしいです。
13時の回は定員になってしまいましたが、16時の回があとお二人、受付可能です。
ご興味がありましたらぜひどうぞ。

【旧暦の書初めワークショップ】の詳細はこちらです。→ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は早々にブログを書き終えたので、この後は入り乱れた頭の中を少しずつ整理していこうかなと思います。
寒中見舞いまでたどり着けるか…💦

 

陶來さんのうつわが届いています。

002

陶來さんの「てまる碗(左から小・中・大)」が久しぶりに並びました。

001

下から大中小を重ねて入れ子に。収納面を考えるとありがたいです。

004

大きいサイズは、口染分け(手前)や細コマ文(奥)もございます。

003

てまる碗の特長は、この“返し”。
これによって、スプーンですくい上げる時にとても取りやすくなるので、介護用の食器としても多くの方にご愛用いただいています。

陶來さんは【てまるプロジェクト】に力を注いでいます。
「てまる」の名は、作り手や使い手、高齢者、障がい者、子ども、家族…沢山の人の「手(て)」が「輪(まる)」となって繋がり、人と人、人と社会の結びになって欲しいという願いから命名しました。(HPより)

丈夫で安心感のあるうつわです。
ぜひお手に取ってみてください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

明日1/15(水)と明後日1/16(木)は定休日となります。
また週末、皆さまのお越しをお待ちしております。

 

松坂 渉さんのシルバーリング。

001

今日は松坂 渉さんのシルバーリングを何種類かご紹介したいと思います。
こちらのリングは幅が1.5mm。華奢ではありますが、表面の細かな凸凹の感じが好みです。
松坂さんのリングをたくさん見せていただいた中で、自分が身に着けるならコレかなぁというのがめずらしくRさんと一致しました(笑。あ、めずらしくというのは、好みが全然違うわけではないのですが、この中でどれが好き?みたいなことをした時に完全に一致することは少なくて、あぁそれね~Rさんらしいね~とか、あ~Mさんがそれ好きなのわかります~みたいなことが多いのでっていう意味です、はい)。

002

こちらは上のリングと少し似ているものの、幅が3mmほどあるので、鋳肌の質感がよりわかりやすいです。
日々身に着けていると、経年変化を楽しめると思います。

ほかにも何種類かのデザインがありますが、それは店頭でご覧いただいて。
サイズはそれぞれ2種類ご用意しましたが、ご希望のサイズでご注文を承ることも可能ですので、お気軽にお声がけください。

 

 

 

年内の営業は明日12/29までです。

008

真坂人形の「ツル」はラスト1個です。一応、ピントをツルに合わせてみました(笑)。
くねっとしたネズミ小僧はもう少しいます。
個人的にはうちに飾る獅子舞に合わせて松を買って帰りたいと思います。

東北巧芸舎さんの「お供え」もまだございます。
毎年気になっているという方は、2020年というなんとなく区切りのいい新年に合わせて、ご用意されてはいかがでしょうか?

今日もバッタバタでした。
明日もだと思いますが、とにもかくにも年内の営業は明日12/29(日)までとなります。
明日は短縮営業で17時閉店です。
お忙しいとは思いますが、お時間がありましたら、またはお近くまでお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。
お待ちしております。