陶磁器・ガラス・鉄器

昌子さんのうつわなど。

006

先日、南昌荘で展示をされたクラフトマンスタジオ冬扇の髙橋昌子さん。
写真は「霜雪平深四方」。
角の部分だけ仕上がりがマットで少しだけ模様があるので、無地の四方皿のようで実はちょっとアクセントがある、っていう心憎い、昌子さんらしいうつわです。

003

「白ゆきふくらコップ」。
髙橋大益さんから鉄瓶が届いたので一緒に撮ってみましたが、熱いお茶はもちろん、冷たい飲み物も合いそうです。
うっすら見えると思いますが、外側の、少しだけ削って入っている緩やかな線がいいんです。
面取りというほどしっかりとしたものでもなく、ラフな感じが好きですね~。

せっかくなので大益さんの鉄瓶のことも少し。
上の写真は「まるっこ鉄瓶」。当店の人気がある鉄瓶のベスト3に入ります。
基本的に在庫はひとつで、行き先が決まったら次の分の注文をします。
納品まで数カ月の間は欠品という状況になります。
なかなかいつでもいろんな鉄瓶が見られるというタイミングは少ないので、納品になったときはお知らせしていきたいと思います。
在庫がない場合でも、ご注文を受けることは可能です。
たとえば、店で鉄瓶を見た後、じっくり考えている間にその鉄瓶が売れてしまったとします。
次の納品を待つのもひとつですが、もし心が決まっているのでしたらご注文をいただければ、数カ月後にはなりますが確実にお渡しすることができます。
また、HPの【定番商品】というページでは、大益さんの鉄瓶をいくつかご紹介していますので、こちらを見ながらご検討いただくのも良いかと思います。
ご注文をいただいた場合、今は約6カ月ほどのお時間を頂戴しています。
長くお待たせしてしまうのは申し訳ありませんが、ご理解いただけるとありがたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は8月4日。盛岡さんさ踊りの最終日。
いよいよ出番です。

DSC_7820

パレード後の輪踊りのみですが、楽しんできたいと思います!

 

 

秋谷茂郎さんの青彩ゴブレット

035 (2)

秋谷茂郎さんの青彩ゴブレット。

品薄な状態だった秋谷茂郎さんのうつわが少し入荷しました。
青彩のゴブレットは初めて届いたのではないかなぁと思うのでご紹介します。

落ち着いた青色とマットでしっとりした質感はいつもどおり。
意外と容量は入りそうです。

こちらのゴブレットで何をいただいてもいいと思いますが、自分が思い浮かんだのは梅酒(ソーダ割が好きです)と赤ワインでした。
ちなみにRさんも赤ワインだそうです。乾杯!笑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

034

今朝は岩手銀行赤レンガ館へ。
今日と明日の二日間、赤レンガ館は【赤レンガ伝統工芸館】に。
こちらは岩手銀行さんの主催で、まちの編集室がお手伝いをして岩手のクラフトをご紹介するイベントです。
今回は「うるし」の展示販売。

032

かつて銀行の窓口だったカウンターの向こう側には「IWATE TRADITIONAL CRAFTS 2019」のかっこいい真っ赤なパネル。
目を引きますね~。

016

そのパネルの前には、漆器が暮らしの中にあることをイメージできるようなコーナーがありまして、店で扱っている飯椀や花器、鉄瓶などで展示にちょっぴり(ほんとにちょっぴりですが…笑)協力しています。

028

滴生舎さん。
浄法寺町にある滴生舎で実際に販売に携わっているスタッフさんが、お客さまに丁寧に説明をされていました。

024

安比塗漆器工房さん。
絵付けのお箸が人気のようでした(朝の短い時間の間にお箸を持って会計に行く方の姿を見かけました)。

005

一関市の丸三漆器さん。
秀衡塗りの伝統を守りつつ、新しいチャレンジもされている齋藤ブラザーズにも初めてお会いしました。

020

奥州市(旧衣川)で、増沢塗りをただ一人継承されている及川漆工房さん。
及川さんの漆器は温かみを感じるものが多いと思います。
そしてお値段がお手頃で…私は大椀を愛用しています。

021

岩手の漆産業振興に深く携わってこられた髙橋勇介さんの漆器も、ほかにはない雰囲気でした。
酒器がたくさん並ぶ、楽しい展示でした。

008

お世話になっているurushi Lakkaさんも出店されています。
お椀以外に、使いやすいお皿もいろいろありました。
さまざまな素材を用いて、独自の漆器づくりをされています。

 

こちらのイベントは明日も開催されています。
ご興味のある方はぜひ。

 

61604033_1599127830222729_987862724555833344_n

赤レンガ伝統工芸館 IWATE TRADITIONAL CRAFTS 2019

いわてのてしごと、くらしにもっと。

2019年6月29日(土)・30日(日)
10:00-16:30
岩手銀行赤レンガ館(盛岡市中ノ橋通1-2-20 TEL:019-622-1236)

<出店者>
・滴生舎(二戸市)
・安比塗漆器工房(八幡平市)
・丸三漆器(一関市)
・及川漆工房(奥州市)
・髙橋勇介(盛岡市)
・urushi Lakka(盛岡市)

< 特別展示>浄法寺塗 漆絵皿

主催/岩手銀行
事務局/まちの編集室

 

松坂渉さんの真鍮アクセサリー。

 

019 (2)松坂渉さんから真鍮のアクセサリーが届いています。

昨年12月に開催した【various herringbone】(ヘリンボーン展)の際に相談しながら作っていただいた「herringbone brooch&necklace」。
あの時はシルバー製でしたが、今回は真鍮(しんちゅう)製です。
シルバーもとてもすてきでしたが、真鍮もいいです!

013

最初の写真は2列の(wide)タイプで、こちらは1列の(narrow)タイプ。
どちらも良くて、迷います。。。

002

裏側は、ブローチ用のピンのほかに、ペンダントトップにもできるように金具が付いています。
ブローチをお買い上げの方には、45cmのワイヤーをお付けしますので、ネックレスとしてもお楽しみいただければと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

025

ヤンマ産業さんからリネンのお洋服が届きました!
1月の受注会でご注文くださった皆さま、ご都合のよろしい時に受け取りをお願いします。
発送をご希望の方には明日、発送の手配をする予定ですので少々お待ちくださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_7061 (2)

朝顔が咲いてホクホクです(笑)。
去年、同じものを育てたのですが、ただ植えっぱなし伸ばしっぱなしにしていたら秋まで花が咲かず…。
植物好きな友人と話したら「摘芯せよ。」との指令を受け、やってみたらこのとおり!
去年は花が遅くて種も付かず残念でした。
今年も同じお店で苗を見つけたのでお店の人に聞いたら、もともと種は付きにくいと聞いたものの、去年とは違うのではないか?種が付くのではないか??と淡い期待を寄せております(笑)
ついついベランダ話が長くなりました。
今日はこのへんで失礼しま~す!

 

10連休スタート。

10連休に備えて、まずしたことは…。

017

「なるべく小銭、千円札でのお支払いをお願いいたします。」

10日間、銀行の窓口が開かないことへの不安から、それなりに備えたつもりではありますが、なくなってからでは遅いと思っていきなり貼ってみました。
なるべくなにとぞご協力のほど、よろしくお願いいたします<(_ _)>

 

016

昨日から、店内はこんな感じになりました。
次の展示【FUJITAMIHO Exhibition】が始まるまで、『てくり』押しで。

013

先日まで開催していた【鈴木 稔 展】の後、残した作品も少し。
会期中に来られなかったという方にも見ていただけたらと思います。

 

昨日はブログの更新をしませんでした。
なぜならいつも書いている人は<休み>だったから。
11月から入ってもらったスタッフRさんの、ついに昨日が一人店番デビューの日となりました。
Rさんが来てくれるようになってから、お昼休憩を取れるようになり、数時間任せて作家さんのところやちょこちょこと用足しで出かけられるようになり、ついには休みをいただくこともできるように!
とはいえ、昨日は紺スタやっている合間に店に寄ったりしてしまいましたが(笑)。

DSC_5468

紺スタしながら、少しだけお花見気分を味わいました。

10連休、休みが長すぎてやることない…なんて人がいるかどうかはわかりませんが、【紺スタ】はおすすめですよ。運動にもなるし。
お天気のいい日にブラブラまち歩きをしながら、なんと言ってもスタンプがスバラシイ【紺スタ】を楽しむのも悪くないと思いますよ~。

DSC_5471

中村工房さんに行ったので、高松の池も一周してみたりして(車で)。

中村さんからは綿や麻のマフラーをいただいてきました。
そちらはまた後でご紹介したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

010

今朝、走る家具屋のHolz・平山さんがひめくってくれました。
秋に開催される【盛岡シティマラソンを勝手に応援する会(MCMKOK/モクモクと強引に読むそうです。笑)】を個人的に立ち上げて、いつも以上にいろんな意味で走っている平山さんの活動にご興味のある方は、Holzさんに行ってお話ししてみてくださいね。

【Rさんの紺スタ】は24個。
【私の紺スタ】は31個。イェーイ👍

 

 

 

久々の大迫。

032昨日の遠野物語に引き続き、盛岡に戻りがてら、今度は大迫町へ。
クラフトマンスタジオ冬扇の髙橋昌子さんを訪ねました。

037

展示会が近いということで、絶賛作業中でありました。
(予定より少し早く到着してしまったのでした…)

042

素焼き前のうつわたち。
店に並ぶうつわもみんな、焼く前はこんな姿なんですね。

050

ひと区切りしたところで、コーヒーをいただきました。
このカップもシンプルでいいですね~なんておしゃべりをしながら。

031

もうすぐ始まる展示はこちらのふたつ。

左のご案内は、
髙橋昌子・藤原啓祐 二人展
はる はるばる展
4/19(金)~4/25(木)11:00~17:00
ギャラリーWith喫茶 豆(矢巾町又兵エ新田5-162-1)

右のご案内は、
2day PICNIC craftman studio TOUSEN
4/27(土)・28(日)
Mizusaki Note(ミズサキノート・奥州市江刺区稲生字水先595-2)

昌子さんのうつわをたくさん見たい!という方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

056

ハクモクレンのつぼみ。
なかなかに大きな木だったので、花が咲いたら見事だろうなぁと思いながら、昌子さんの工房を後にしました。

062

久しぶりで道はすっかり忘れていましたが、この川沿いの風景は覚えていました。

いつも昌子さんに来ていただいてばかりで、伺うのは7年ぶりくらいだったかもしれません。
お忙しいところにお邪魔してしまいましたが、やはり工房を訪ねると、いつもとはまた違ったお話も聞けたりして、いい時間でした。

 

今週は、展示替えの都合で4/10(水)をお休みします。
4/11(木)は定休日ですので、連休となります。
そして、4/12(金)からは鈴木稔さんの個展が始まります。
多くの方に足をお運びいただけたらうれしいです。

稔さんDM

 

 

鈴木稔さんの個展まで、あと一週間です。

稔さんDM宛名面 (2)

鈴木稔さんの4年ぶりの個展まで、あと一週間となりました。
こちらはDMの宛名面。
今回のDMは、この楕円皿の一部の模様をアップにしたものです。
皿の大きさは左右約35cmと大きめです。

022 (3)

ちょっとずつご紹介のこちらの写真は、逆に大きく見えてしまいますが、実際は小さめの酒器です。
合わせて使いたくなるような片口もありますよ。

楽しみな展示まで、あと一週間です。
もう一回ぐらい、作品をご紹介できればと思います。
今届いている作品のほかに、さらに追加が届く予定なので、こちらも楽しみです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_5047

おととい、お二人の作家さんのところに行ってきたのですが、その話は明日にでも。
その途中で立ち寄った道の駅で、なんと行者にんにくの苗が売られていまして…
そりゃあ買わないわけにはいきません。
ただ、うまく根付くかどうかは不明です。
土との相性が結構難しいって聞いたことがあり。

左にあるのはばっけ。
うれしいことに作家さんのところで摘む機会をいただいてしまい、遠慮なく摘んで、早速、今シーズン4度目のばっけ味噌を作りました(笑)。

冬に戻ったような気候からは抜けたみたいですね。
明日明後日も、皆さまのご来店をお待ちしております!

あ、明日4/6(土)の夕方6:30から放送される、めんこいテレビ『山・海・漬』で店のことが紹介されます。
お時間の合う方はご覧いただけたらうれしいです。

 

 

今日から新年度!(関係ないけど…)

017

今朝の一枚。
ウソのような雪景色でスタートした新年度(こちら、年度替わりには無縁ですが…)。
新しい元号が発表されて、私たちもひとしきりその話題にざわめきましたが、ほどなく(というか、いともあっけなくというか)落ち着きました。
ちなみに、とある飲み会で元号当てクイズ~!みたいなことをやったことがあったのですが、今回の結果を見ますと残念ながら全員ハズレでした(笑)。

さて、月始めなので、4月の予定をご案内いたします。
ついでにゴールデンウィークの予定も。

4/3(水)定休日
4/4(木)定休日
4/10(水)展示替えのため休業します
4/11(木)定休日
4/12(金)鈴木稔展(~4/24まで)
4/17(水)第3水曜ですが営業します
4/18(木)定休日
4/20(土)紺スタ2019 開幕!
4/24(水)展示最終日 16:00閉店
4/25(木)定休日
5/1(水)第1水曜ですが営業します
5/2(木)定休日
5/3(金)FUJITAMIHO Exhibition(~5/15まで)
5/9(木)定休日

というわけで、5/2(木)は休みをいただきますが、ほかはすべて通常営業となりますので、よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

033 (2)

来週末から個展が始まる、鈴木稔さんのピッチャー。

なんか突然思ったのですが、ひめくりの平成最後の展示は稔さんだ…って今気がつきました。
なんでしょう、急に感慨深い気持ちが…単純です(笑)
それがあってもなくてもですが、良い展示になるといいなぁとあらためて思いました。

そして令和(「れいわ」って入力したら5番目くらいに出てきてびっくり!)元年、最初の展示のご案内も近日中にできそうです。
こちらもお楽しみに。

 

 

鈴木 稔さんの作品を少しずつ。

014

次の展示は【鈴木 稔 展】
作品を少しずつご紹介していきますと予告していたとおり、まずは大好きなマグカップから。

稔さんのマグカップは少し厚みがあって、手に伝わる重さに安心感があります。
マグカップって本当にいろいろで、色や形はもちろん、持ち手の部分の大きさによって指が一本入るか二本入るか、口を付ける部分の厚み、重さや容量etc.

マグカップはこちらのタイプだけではないので、たくさんの選択肢の中から、お気に入りの一点が見つかったらいいなぁと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

009

明日は、beige佐々木トモミさんによるフリースマットワークショップの復習編が開催されます。
お席に空きがありますので、ぎりぎりまで迷ってたけど…みたいな方はお問い合わせくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は実質的な月末というかなんというかで、銀行に行ったり郵便局に行ったり、紺スタに関係する写真を撮りに行ったり…
出たり入ったりパタパタしていた、というのがブログが書けなかった言い訳でございます。

店的には年度末、年度始めだからって何もないのですが、昨日も今日も家族連れのお客さまが多かったり、今朝は家の前に引っ越しのトラックが停まっていたり、春休み感や年度末感をそれなりに感じております。

DSC_4900

春と言えば先日、早春を噛みしめました!
この日はばっけしかなくて、もう少ししたら、山菜の天ぷら盛り合わせを食べに行くぞと張り切っています。笑

 

 

 

昌子さんのめし碗とエプロンドレス。

009

クラフトマンスタジオ冬扇・髙橋昌子さんの「点たんざくめし碗」。
外側、内側に点をチッチッチッと描いた短冊(長方形)がいくつか。

006

こちらは「ながしめし碗」。

005

こちらは「うきしのぎめし碗」。

昌子さんのめし碗(に限らず、うつわ全般)は、持ってみると軽くて驚きます。
レンジでの温めもOKなど、その使いやすさから、昌子さんのうつわは女性のファンの方が圧倒的に多いように思います。

昌子さんのうつわの中でも、めし碗とマグカップは人気が高いので、品薄になることも多く…
今回もマグカップのほうはご紹介する前に残り少なくなってしまいました💦

 

さて今日も、HARAPPA「母の日」企画【5種のエプロン受注会】の中から、エプロンドレスをご紹介します。

002

前から見るとこんな感じで、長めのスカートと合わせると女性らしい雰囲気です。

004

後ろ側。
このひもがあるところが、ちょっとしたアクセントになっています。

024

ちなみにパンツに合わせるとこんな感じです。
結構印象が違いますね。

029

さらにちなみに151cmの人(これを書いている人)が着るとこんな感じ。
こちらはちょうどひざが隠れるくらいでしょうか。

エプロンと言いつつ、ジャンパースカートみたいな?
っていうかジャンパースカートって今、言いますか??💦
まぁそんなことは置いておいて、母の日の贈りものにはもちろんですが、習い事に必要だったり、実は仕事で毎日エプロンを身に着ける…という方もいらっしゃるんじゃないかなぁ、そんな方に愛用していただけたらうれしいなぁなどと思ったりもします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

019

夕方近く、中津川のキラキラタイム✨
まぶしすぎて、目が!目が~~!となりました(笑)

今週は3/20(水)が定休日、3/21(木)は祝日なのでオープンします。
その分の代休を来週3/27(水)(+3/28(木)は定休日)にいただきますので、よろしくお願いいたします。

 

 

金沢さんの「しのぎカップ」とギャルソンエプロン。

043

紫波町で作陶されている陶房金沢・金沢英徳さんから、「しのぎカップ」が届きました。

こちらのカップはご近所のイタリア料理のお店・Due Maniさんで食後のハーブティーをお出しするのに使われているカップとほぼ同様のもの。
Due Maniさんに行かれたお客さまから、このカップの問い合わせをいただいて、金沢さんとDue Maniさんと相談をして、作っていただくことにしました。
お茶はもちろん、コーヒーでも、ワインにも合うかもしれません。

034

7寸皿(写真中央)も久々に入荷しました。
4月から新生活がスタートするなんて方にはぴったりかも。なんて(笑)。

 

さて、昨日からスタートしたHARAPPA「母の日」企画【5種のエプロン受注会】。
今日はギャルソンエプロンをご紹介します。

006

Rさんは約161cm、ギャルソンエプロンは約60cm。
ウエストよりも少し下に付けています。

004

後ろから見るとこんな感じ。
サンプルの生地は「ピン縞/黒」。ひもは黒のみとなります。

037

無地の生地サンプルの一部。
生地サンプルは全部で65種類。
どうぞ存分にお悩みくださいませ(笑)。