陶磁器・ガラス・鉄器

秋谷茂郎さんの大きめマグカップ。

002

秋谷茂郎さんから、大きめのマグカップが届きました。
大きめと言ってもどのくらい大きめか、わからないですよね…。

008

左のコップは持ち手が付いていませんが、いつものマグカップと大体同じ大きさなので、それと比べると、右のマグカップが大きいことがおわかりいただけると思います。
具体的には、今回のマグカップは200mlくらいの量に合うようなサイズです。

昨年、お客さまから大きなマグカップのご注文をいただきました。
これからオープンするお店で使いたいとのお話で、お飲み物をたっぷり入れてご提供したいとのことでしたので、秋谷さんと相談の上、こちらのサイズで制作することになりました。

010

秋谷さんの大きめマグカップをお使いいただいているお店は、肴町にオープンされた「匣(はこ)」さんです。

年明け、マグカップをお届けがてらお店に伺ってみたら、コーヒー、ナチュラルワインとチーズをいただけるところで、店の奥のセレクトスペースではお洋服を販売していました。

(はこ)
盛岡市肴町10-2
営業日:水曜-日曜(月・火定休)
営業時間:水-金 13:00-21:00 土・日 12:00-21:00
Twitter → 
Facebook → 
Instagram → 

※1/28まで、出張のためお休みだそうです。

店主さんは秋谷さんのマグカップを愛用してくださっていて、気に入ったので自分のお店でも使いたいと思ってくださってのご注文でした。
お店のオープンの日には間に合わなくて申し訳なかったのですが、届けた時に普段お使いのマグカップを見せてくださって、それがとてもいい感じに貫入(陶器特有の細かいヒビ模様)に飲み物の色が入り込んで、本当によく使ってくださっているんだなぁと伝わってきて、とてもうれしかったです。

今回、秋谷さんがこの大きめのマグカップを少し多めに作ってくださったので、店頭でも販売します。
レアですよ。笑
たっぷり入るマグカップを探している方がいらしたら、ぜひ教えてあげてください!

 

 

 

和知篤司さんのガラスと、今週末のワークショップ。

新しい一週間が始まりました。
頭の中はいろんなことが入り乱れていますが、さわやかなフリ?をしてブログを更新したいと思います(笑)
まずは和知篤司さんのガラスをいくつかご紹介したいと思います。キラリ✨

026

和知篤司さんの一輪挿し。
写真では大きく見えますが、高さ8cm弱のかわいらしいサイズです。

004

キャンディーとか入れてはどうかなという感じのポット。
金平糖とか入れたらすごくかわいいでしょうね~~って言いながら、自分は金平糖を常備するような生活はしていませんが、小さなお子さまがいらっしゃるとかお客さまがよく来るお家とか…いかがでしょう?

001

雰囲気の違う蓋ものも。
こちらは何を入れましょうかね。ポプリとか?なんて言ってみちゃったりして…
アロマ系には詳しくありませんが、ここ数年、ラベンダーの香りはいいなぁとしみじみ思います。
「ポプリ」というと、昔読んだマンガで思い出すものがあって、気になって調べたら『なかよし』に掲載されていた『あいつがHERO!/あさぎり夕』でした(笑)
同世代の人にしかわからないですよね。失礼しました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

005

毎年恒例、書家・伊藤康子さんによる【旧暦の書初めワークショップ】。
1/26(日)に開催します。

こちらは店をオープンして間もない頃から続いているワークショップです。
以前の仕事(印刷営業)の頃からお世話になっていた康子さんが提案してくださって始めたのですが、皆さんがそれぞれ考えて来られる「書きたい文字(言葉)」を見たり、その理由を聞いたりしているのも、いろいろと納得することが多くておもしろいなぁと思いますし、康子さんがお手本を書いてくださるのですが、本当にいろいろな字を書かれるので、その都度「は~」とか「ほ~」とか「わ~」とか声が出ます。
いろいろな字というのは、同じ字を、楷書体とか草書体とか、象形文字っぽくとかっていう意味のいろいろな字です。

字の上手下手ではなく、“書”と楽しむ時間にしていただけたらうれしいです。
13時の回は定員になってしまいましたが、16時の回があとお二人、受付可能です。
ご興味がありましたらぜひどうぞ。

【旧暦の書初めワークショップ】の詳細はこちらです。→ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は早々にブログを書き終えたので、この後は入り乱れた頭の中を少しずつ整理していこうかなと思います。
寒中見舞いまでたどり着けるか…💦

 

陶來さんのうつわが届いています。

002

陶來さんの「てまる碗(左から小・中・大)」が久しぶりに並びました。

001

下から大中小を重ねて入れ子に。収納面を考えるとありがたいです。

004

大きいサイズは、口染分け(手前)や細コマ文(奥)もございます。

003

てまる碗の特長は、この“返し”。
これによって、スプーンですくい上げる時にとても取りやすくなるので、介護用の食器としても多くの方にご愛用いただいています。

陶來さんは【てまるプロジェクト】に力を注いでいます。
「てまる」の名は、作り手や使い手、高齢者、障がい者、子ども、家族…沢山の人の「手(て)」が「輪(まる)」となって繋がり、人と人、人と社会の結びになって欲しいという願いから命名しました。(HPより)

丈夫で安心感のあるうつわです。
ぜひお手に取ってみてください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

明日1/15(水)と明後日1/16(木)は定休日となります。
また週末、皆さまのお越しをお待ちしております。

 

松坂 渉さんのシルバーリング。

001

今日は松坂 渉さんのシルバーリングを何種類かご紹介したいと思います。
こちらのリングは幅が1.5mm。華奢ではありますが、表面の細かな凸凹の感じが好みです。
松坂さんのリングをたくさん見せていただいた中で、自分が身に着けるならコレかなぁというのがめずらしくRさんと一致しました(笑。あ、めずらしくというのは、好みが全然違うわけではないのですが、この中でどれが好き?みたいなことをした時に完全に一致することは少なくて、あぁそれね~Rさんらしいね~とか、あ~Mさんがそれ好きなのわかります~みたいなことが多いのでっていう意味です、はい)。

002

こちらは上のリングと少し似ているものの、幅が3mmほどあるので、鋳肌の質感がよりわかりやすいです。
日々身に着けていると、経年変化を楽しめると思います。

ほかにも何種類かのデザインがありますが、それは店頭でご覧いただいて。
サイズはそれぞれ2種類ご用意しましたが、ご希望のサイズでご注文を承ることも可能ですので、お気軽にお声がけください。

 

 

 

年内の営業は明日12/29までです。

008

真坂人形の「ツル」はラスト1個です。一応、ピントをツルに合わせてみました(笑)。
くねっとしたネズミ小僧はもう少しいます。
個人的にはうちに飾る獅子舞に合わせて松を買って帰りたいと思います。

東北巧芸舎さんの「お供え」もまだございます。
毎年気になっているという方は、2020年というなんとなく区切りのいい新年に合わせて、ご用意されてはいかがでしょうか?

今日もバッタバタでした。
明日もだと思いますが、とにもかくにも年内の営業は明日12/29(日)までとなります。
明日は短縮営業で17時閉店です。
お忙しいとは思いますが、お時間がありましたら、またはお近くまでお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。
お待ちしております。

 

【『庭とエスキース展』めぐり】後半です。

011

【『庭とエスキース展』めぐり】は会期後半に入りました。

写真家・奥山淳志さんが全国各地を巡回している今回の展示。
井上弁造さんのエスキースは、奥山さんが自身の作品展示の際にも用いている、おりつめ木工の和山忠吉さんが作った額に守られて、全国をめぐっています。

先日、和山さんが展示を観に来てくださって少しお話をしました。
弁造さんのエスキースのために作った額は、木地そのままでオイル仕上げなどはしていないのだそうです。
奥山さんと相談して、エスキース(下絵)のための額だから、木もナチュラルな状態がいいんじゃないかというところに落ち着いたのだとか。

【『庭とエスキース展』めぐり】は12/25(水)までとなっております。
この週末も、3カ所の開催場所をめぐっていただけたらうれしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話はガラッと変わりますが…

008

真坂人形「鏡もちマン」が再入荷しました(ミカンは含まれません。笑)

005

さらに、「狛犬あ・うん(セット)」や「つる」、「松」も。
ちなみに、最初に入荷した「獅子舞」と「みかん小僧」は完売しました。
先日再入荷した「ねずみ小僧」は、少しずつ旅立っていますがまだ在庫がございます。
今回が年内最後の納品となりますので、気になっている方はお早めにどうぞ~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

HPの【お知らせ】ページを更新しました。
この冬も、beige 佐々木トモミさんによる、フリースマット作りのワークショップを開催します。
また、これまでのワークショップに参加された方向けの復習ワークショップも同時に受付けます。
あたたかい、本当にあたたかいフリースマットを作ってみませんか?
ご興味のある方はぜひご覧ください。 → 

 

弁造さんのエスキース。

001

「エスキース」という言葉は、フランス語でスケッチや下絵のことを意味するそうです。
美術関係の方には身近な言葉なのだと思いますが、美術と無縁、もしくはそれほど近いとは言えない人にとっては初めて聞くという方もいらっしゃると思いますっていうか自分もそうでした。

上の写真はなるほどエスキースであるなというのがわかりやすい一点。
チラシか何かの裏に描かれています。

003

こちらには「ノドヌール」の文字。
忘れないように書き留めたのでしょうか。

002

このエスキースはほかのものと雰囲気が異なります。
ちょっと外国の女性のような…
奥山さんが「モデルは誰か?」と聞くと「モデルはいない。すべて想像で描いている」というのが繰り返された会話だったそうです。

 

井上弁造さんのプロフィールをご紹介します。

井上弁造(1920-2012)
大正9年 北海道総富地(そっち)に生まれ、数え年7歳で総富地尋常小学校に入学。16歳で中徳富(なかとっぷ)高等小学校を卒業。その後は家事を手伝う。父は農産物検査員の傍ら小作農を営む。19歳の春に現在地(当時は作り枯らしの荒地)に入植。自分は夏、農業の手伝い、冬は叔母の家のある東京で洋画を学ぶ。戦中、兄と弟が兵役、自分は2ヶ月の教育招集で家を守って終戦を迎える。戦後は出稼ぎや日雇いと忙しく絵を描く時間も少なく70歳で体調を崩す。今88歳、もし一度個展をひらくことが出来たら幸いです」(2009年、当時88歳の弁造さんが自らの略歴を記す)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週は、12/18(水)が第3水曜日ですが営業いたします。
12/19(木)は通常どおり定休日となります。
よろしくお願いいたします。

008

先日、あっという間に完売してしまった真坂人形の「ネズミ小僧」がまさかの追加となりました!
欲しかった~~という方はぜひどうぞ。

 

 

チューもく!

003

「マサカ商店さんの真坂人形、ご到着!」と後ろ姿の写真をSNSに投稿したら、真坂人形目当てに来てくださるお客さまが何人か続きました。
ありがたい世の中です。

002

というわけで、届きました。ジャジャン!

左から、獅子舞、鏡餅マン、みかん小僧、ネズミ小僧。
ちなみに最初の写真で見ていただくとわかりますが、ネズミ小僧の後ろ姿に「チューもく」です(真坂さんの言い回しをまねっこしました。笑)。
ネズミ小僧といえばつまりは泥棒さんなわけで、来年の干支の置き物とはいえ泥棒なのは微妙なような気がしなくもなかったのですが、小判が描かれていることにより、金運が上がりそうな気になってきたりもして、なんだか不思議なかわいいヤツ!って感じです。

今回届いたのは写真に写っているものがすべてです。
それぞれ数が少なめなので、気になるー!という方はお早めにどうぞ。
もしくは、来週、秋田のココラボラトリーで開催される「真坂人形展示販売会」へGO!ですよ、GO!

011 (3)

真坂人形展示販売会
真坂人形で冬支度2019 ~チューもくのネズミ小僧とマウスます~

マサカ商店がお贈りする、冬の真坂人形展示販売会。
来年の干支ネズミや縁起物から冬にちなんだものまで。
精巧精緻・愛嬌満載をモットーに製作された人形たちが
皆さまのお越しをお待ちしております。

日時:12/11(水)~12/15(日)11:00~19:00 ※最終日は17:00まで
場所:ココラボラトリー(秋田市大町3-1-12 川反中央ビル1F)

 

しゃおしゃんさんの新しいお茶。

001 (2)

焙茶工房しゃおしゃんさんから新しいお茶「Cha@i【チァイ】」が届きました。

【チァイ】は5種類。
・紅茶×りんご・さんさ
・紅茶×りんご・ジョナゴールド
・紅茶×しょうが
・紅茶×ミントとレモングラス
・気仙茶×ミントとレモングラス

紅茶は奈良の健一自然農園さんのもので、それ以外はオール岩手産の材料から作られています。
「こんなに自然でよい原料のブレンド茶はなかなかないと思います!」としゃおしゃんの前田さんも太鼓判を押しています。

005

紅茶×りんご・ジョナゴールドをいただいてみました。
一袋の中に茶葉が2、りんごが2袋ずつ入っています。

006

パッケージに巻かれている帯を開くと、内側にはおすすめの淹れ方が書かれています。
いずれも生産者さんのことも紹介してくださっているので、とても安心。

いただいたブレンド茶は…とてもやさしいお味でした。
ジョナゴールドの酸味が新鮮な気もしました。
パッケージがすてきなので、贈り物にもいいと思います!

004

少し前に「145℃」というお茶も届いていたのでした。
こちらは健一自然農園さんの緑茶「福心」にしゃおしゃんさんが高温で火入れをしたもの。
濃いめに淹れて、甘く香ばしく、ほろ苦い味わいを楽しんでいただきたい、とのことですよ。
チョコレートとの相性もいいとか。
ぜひ、お試しください。

002

お茶からの流れで、髙橋大益さんの鉄瓶情報を。
品薄な状況が続いていますが、現在はこちらの3点の在庫がございます。
左から、「ちび丸(中)」(1.2リットル)、「ぽっとっと(小)」(0.8リットル)、「黒丸」(1.5リットル)。
サイズや価格など、詳細は当店HPの【定番商品】をご覧いただくとわかりやすいかと思います。

先に、しゃおしゃんさんの「145℃」と一緒に写っている「棗型鉄瓶 わっか」(1.2リットル)は見本で販売品ではありませんが、ご注文いただくことは可能ですので、実物が見てみたいという方はぜひどうぞ。

ほかの鉄瓶でも、ご注文は承ります。
納品までのお時間は半年ほどちょうだいしておりますが、よろしければご検討ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

_1022401

今週末12/13(金)からは【『庭とエスキース展』めぐり】が始まります。

展示の兼ね合いで、今週来週と休みがいつもと異なるのでお気をつけください。
12/11(水)は、12/18(水)営業の振り替えで代休をいただきます。
12/12(木)は定休日です。
よろしくお願いいたします。

 

 

真坂人形が届きます。

ネズミ小僧

真坂人形「ネズミ小僧」がやってきます!

11/9・10の二日間、Toast(Cyg art gallery内)で開催された【A DAY at the FAIR】というイベントで初めて出会った真坂人形と、真坂人形を作っているマサカ商店・真坂歩さん。
ゆるい…
そのなんとも言えない土人形たちの佇まいやネーミングのおかしさなどが合わさって、私もRさんも、そして身近な人たち数名が、それぞれ真坂人形を買っていたというおもしろい現象が起きていました。
そこで早速、年末年始にあったらうれしい楽しい感じの土人形をお願いして、この週末には届くこととなりました。

来年の干支は「子(ね)」=ねずみということから、ネズミ小僧を量産中のようです。
(画像は「ネズミ小僧」→真坂さんより拝借)
ほかにも獅子舞、鏡餅マン、みかん小僧の全部で四種類が並ぶ予定です。
どうぞお楽しみに!

011 (3)

真坂人形展示販売会
真坂人形で冬支度2019 ~チューもくのネズミ小僧とマウスます~

マサカ商店がお贈りする、冬の真坂人形展示販売会。
来年の干支ネズミや縁起物から冬にちなんだものまで。
精巧精緻・愛嬌満載をモットーに製作された人形たちが
皆さまのお越しをお待ちしております。

日時:12/11(水)~12/15(日)11:00~19:00 ※最終日は17:00まで
場所:ココラボラトリー(秋田市大町3-1-12 川反中央ビル1F)

 

気になる~という方は秋田へGO!(GO!ってねぇ…笑)