陶磁器・ガラス・鉄器

渡邊 葵さんのイヤリング。

急なお知らせで申し訳ありませんが、
明日12/12(火)の開店時間を12時とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

004

白岩焼和兵衛窯の渡邊 葵さんからアクセサリーとうつわが届きました。
写真はイヤリングです。
ピアスもですが、イヤリングも人気です。
見てのとおり全部デザインが違うので迷ってしまうかもしれませんね。

ピアスやピンブローチ、ネコヅメのイヤリングなども少しですが入荷しました。
うつわのほうは、もっきりカップや鉢など。

葵さんが昨日届けてくださって、今年の振り返りやら来年の楽しい話などをしました。
2017年も残すところ半月ちょっと。
そろそろ棚卸の準備とかしなくちゃな…
あぁ年賀状。でもその前に来月のDMか、などなど。

001 (2)

白鳥。この冬は店の前に来てくれるかな。

今日のところは来月のDMの原稿を作ることに決めました。
写真は文章にまったく関係ありません…(;´∀`)

 

 

渡邊 葵さんのアクセサリーが届きました。

015

秋田県角館・白岩焼和兵衛窯の渡邊 葵さんからアクセサリーが届きました。
春に町田尚子さんの絵本『ネコヅメのよる』の原画展を開催した際に作っていただいたアクセサリー。
おかげさまで好評で、その後も何度か追加をしていただいています。
写真左は引っかけるタイプの揺れるピアス、右はチェーンピアス。

007 (2)

今回初めて届いたのがこちら。
「樹脂ピアス」という品名になっていますが、
実際にはピアスの穴がない方に、ピアスっぽく見える付け方ができるものをということで、
樹脂でできたバネみたいなもので耳たぶをはさんで装着するものになっています。
伝わるでしょうか…💦

これらのアクセサリーは葵さんご本人が参加されるクラフトイベントでは販売することもありますが、
普段から販売しているのは当店のみです。

014

ほかにも、普段から作られているピアスやイヤリング、ブローチなど
各種届いておりますので、ぜひご覧いただければと思います。

 

011

外に出てみたら羊のような雲☁☁☁

開催中の「Morioka Snood 2017 新作受注会」は明日が最終日です。
明日は18:30までの営業です。
10/18(水)・19(木)は定休日となります。
10/20(金)からは「久保田健司 展」です。

him_201710-01

 

高橋大益さんの鉄瓶。

L1000087

HPの【定番商品】に鉄瓶工房髙橋の棗型鉄瓶「わっか」をアップしました。
しばらく追加をしていませんでしたが、また少しずつご紹介していければと思います。

定番商品でご紹介している鉄瓶工房髙橋・高橋大益さんの鉄瓶ですが、
常時すべてが揃っているという状況ではありません。
基本的には在庫はひとつで、販売したら注文をするという流れなので、
次の納品までは実物を見ていただくことができず申し訳なく思っています。
また、納品されてすぐに売れてしまうこともあって(ありがたいことですが!)、
なかなかタイミング良く見ていただけないことも…。
この状況を改善できるよう大益さんと相談中ですが、容易なことではなくて。
今は納品まで5カ月ほどお時間をいただいていますので、
これ!と決められた場合にはご注文いただくほうが確実かもしれません。
ご検討中の方は、大益さんのHPブログ、当店の【定番商品】などをぜひ参考にしてみてください。
大益さんの、展示会間際に更新されることの多いブログを見逃さず、足を運んでみるのも近道かも?
今日から東京の「(そら)」さんというとてもすてきなお店で三人展に参加されています。
かなりの点数を用意したみたいなので、見応えがありそうですよ~。

さて今日は、大益さんの『「まるっこ鉄瓶」の蓋の摘みを「わっか」のどんぐりで』
というご注文のお品をご紹介します。

009

ちょっとボケ気味。ピントが壁のほうに合っちゃったみたいです…💦

011

こちらは大丈夫かな?虫食いどんぐりの摘み。かわいいですね~。
お客さまも喜んでくださってうれしい限りです。
鉄瓶デビューだそうで、「大事に使います」と言ってくださいました。

以前にも書いたことがありますが、オリジナルの摘みを作ることはできませんが、
大益さんが作っている鉄瓶の摘みやペーパーウェイトとして作っている小物などを
別注で摘みにしてもらうことは可能です。
鉄瓶とのバランスが合わない場合はお断りする場合もございますが、まずはお気軽にご相談ください。

 

 

 

鉄瓶が届きました。

009

品薄状態が続いていた髙橋大益さんの鉄瓶がいくつか届きました。
写真は「まるっこ鉄瓶」。容量は1.2リットルです。

006

こちらは「ちび丸」。左が<小>で0.7リットル、右が<中>で1.2リットル。兄弟そろったのは久しぶり!
遠近感をつけたらかえって大きさの違いがわからなくなってしまいましたね。
しかも角度を合わせたつもりでしたがビミョーなズレが意外と気になる…(^_^;)

004

「雫」1.0リットル。
写真だと大きく見えますが、小ぶりでかわいいしずくちゃんです。

これ以外にも少し在庫のものがあるので、久々にいろいろ見ることができるようになりました。
基本的には在庫は1点なので、販売したら在庫がなくなり、そこから発注をかけます。
納品まで4~5カ月必要ですので、実物を見られないこともあります。

HPの【定番商品】ページでもご紹介しています。
大益さんの鉄瓶をご検討中の方は、よかったらご覧になってみてください。
そして、実物が見てみたいなぁという時はご来店いただき、ぜひお手に取ってみてください。
持ってみると、鉄瓶としては軽めなものが多いことがわかると思います。

「錆びさせたら悲しいし…」とか「実家に錆びたのがあった…」とか、よく聞きます。
私も使う前は同じように思いましたが、いざ使ってみれば気をつけることはひとつだけ。
沸かしたお湯が熱いうちに空ける、というかお湯を入れっぱなしで冷まさない、というか。

店では鉄瓶で沸かしたお湯をお出しすることもできます。
白湯を飲まれれば、まろやかさを実感していただけると思います。
冬はストーブで沸かしているので、営業時間中、だいたいいつでもお出しできるのですが、
夏はガス台で沸かしますので少しお時間をいただきます。

015

ふたのつまみを別注でご注文いただくことも可能です。
こちらは「まるっこ鉄瓶」に、つまみは「わっか」という鉄瓶に使用しているどんぐりで。
大益さんのブログに、最近作った別注の鉄瓶が載っていました。→ 
オリジナルのオーダーは受け付けられませんが、
既存の鉄瓶のつまみや小物の型を使っての変更は対応いたします(別途料金がかかります)。
但し、鉄瓶とつまみの組み合わせによってはご希望に添えない場合もございます。
たとえば小さめの鉄瓶(例:「ちび丸(小)」)に大きめの小物(例:「りす」)ですと、
バランスがちょっと悪くなってしまいます。実物がないのでわかりにくいかもしれませんが…。
小物には、猫や犬、ふぐやうさぎ、ふくろう、かえるなどいろいろあるのですが、
こちらもなかなか一堂にそろうことはありませんのでご了承ください。
これだけ書いておいてアレなんですが、つまみの変更は「こういうこともできますよ」というお話です。
基本的にはそのままがシンプルで完成されたデザインです。
鉄瓶は何個も買う、ということはなかなかないものですので、じっくり検討して、
納得のいくお買い物をして、長くご愛用いただければと思います。

 

 

秋谷さんの涼しげな青。

012

秋谷茂郎さんから小鉢などのうつわが届きました。
手前が端包小鉢、奥のほうが平鉢。
それぞれ青彩と粉引で、少し数があるのでご家族分揃えたい方にもおすすめです。

013

秋谷さんといえばこの青彩がすっかりおなじみとなりました。
落ち着いた良い色で、男女・年齢問わず、多くの方に好まれています。
毎日暑い日が続く中、秋谷さんのうつわ、中でも青彩は視覚的に【涼】を感じます。

010

久しぶりに、四彩角皿も入荷しました。
小さいサイズのみですが、冷やしたフルーツやデザートなどにぴったりだと思います。

今日から三連休の方も多いと思います。
あ、明日は月に一度の紺屋町アンチック市です。
傘マークが出ていますが…お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 

 

大益さんの新しい鉄瓶と、先週のこと。

昨日は朝から一日中雨で、誰も来ないんじゃないかと思いました。
それならそれでと黙々と発送準備などをして落ち着いた頃、
お客さまがお越しになり始め、結果的にはいつもと変わらない
というか平日にしては少し忙しいくらいの一日でした。
以上、昨日ブログを休んだ言い訳でした(^_^;)
あんな雨の中、お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。
週間予報では一週間ずっと☂マークが出ていましたが、昨夜見直したら☂が消えていました🙌
まぁ刻々と変わっていくものですからアテにし過ぎてもアレですが、ずっと雨なのもアレですしね…

 

008

髙橋大益さんの「鉄薬缶 カンテラ型」。
先月、県公会堂で開催された「工の会展」の時に見せてもらって、
これはかっこいいなぁと思って、皆さんに見ていただきたくて店に展示しています。

目を引くようで、多くの方が興味を持ってくださっているのが伝わってきます。
価格的には大益さんの他の鉄瓶と比べると倍くらいするので、ポンッと買うのは難しいと思いますが、
これがストーブの上にのっていたら…と想像すると積立でも始めようかという気になります(笑)

 

先週の休みの日、髙橋大益さん(鉄瓶工房 高橋)の工房を訪ねました。
今年の始めに引っ越しをされて、新しくなった工房に初めてお邪魔しました。

027

以前の工房と比べると倍以上の広さになって、まだ黒っぽくない(笑)。
今後のことを見据えて作られた場所は、気持ちのいい風が吹き抜けていました。

 

019

完成までもうひと手間ふた手間…
ひめくりに届く分もいくつかは入っているはず、たぶん。

 

023 (2)

外には招き猫や猫たちがいい感じに錆びて並んでいました。
ちょっとシーサー的な…?(大益さんにはそんな気全然なかったそうですが。笑)
写真だと大きさがわからないですが、高さ5cmくらいなので、なんともかわいらしい守り神です。

 

025

さらに、なんと岩手山も見守ってくれていました!

 

010

おしゃべりしながら大益さんをパシャリ(無断で。しかも逆光💦)。
大益さん、お邪魔しました!

※普段は制作に専念しているのと、鉄瓶を展示したりはしていないので、工房はオープンにはされていません。 ご了承くださいませ。

 

明日7/5(水)と明後日7/6(木)は定休日です。
というわけで7/7(金)に、また。七夕か~🎋

 

ritro(リトロ)さんのピアス。

013

ritroさんから久しぶりにアクセサリーが届きました。
上の写真は、丸、三角、四角、しずくのような形などいろいろ。
真鍮製で金具はシルバーです。

014

Circle earringはritroさんの定番デザイン。
左から直径が約1.2cm、0.8cm、0.5cmといったサイズ展開。

015

Circle earring traiangleとsquare。
シンプルな円(circle)の組み合わせです。

 

明日6/21(水)と明後日6/22(木)は定休日となっております。
週末も皆さまのお越しをお待ちしております。

017

ご近所の方にバラをいただきました。

 

金沢英徳さんの一輪挿し。

024

紫波町で作陶する金沢英徳さんから一輪挿しが届きました。

静かで落ち着いた佇まい。
金沢さんの花器は、身近にある草花がスッとなじむ気がします。
写真は店の前に生えているツルニチニチソウ。
紫の花がきれいなんですが、残念ながら手が届きませんでした(^_^;)
敷いたのは植田紀子さんのティーマット。
こちらの色以外に落ち着いた赤、明るめのグレーがあります。

 

026

明日は月に一度の紺屋町アンチック市です(写真は4月のアンチック市の様子)。
お天気は良さそうですので、ぜひお出かけになってみては。
ついでにひめくっていただけたらうれしいです!

 

 

 

渡邊 葵さんからネコヅメアクセサリーが届きました。

今日のチャグチャグ馬コ、午前中は雨で大変だったでしょうね。
朝、家にいる時は降っていなかったので、いいぞ~降らなきゃいい降らなきゃと思っていました。
店に向かいながら、フロントガラスにポツリポツリと雨粒が。ま、まぁこの程度なら許そう
などと思っていましたが、店に着くころにはそれなりに降ってきてしまい、
本当は開店前に盛久ギャラリーさんに行こうと思っていたんですが断念。
その後、少しずつ雨脚が強くなり、カミナリ、そして風、と続いたので、これは本当に大変だろうなと。
でもお昼過ぎ、雨脚が弱まり、青空も出てきました。
今(夕方4時半)は午前中の雨がうそみたいです。
関係者の皆さんは風邪など引かれませんように。お疲れさまでした。

 

さて、先日開催した町田尚子さんの『ネコヅメのよる』原画展の際に、
白岩焼和兵衛窯の渡邊 葵さんに相談して作っていただいたネコヅメをモチーフにしたアクセサリー。
おかげさまで大変好評で、今後も時々作ってくださることになりました。

001

今回は新しいタイプのものも。革紐のネックレスです。
一番大きいサイズのネコヅメ(約4cm)。
紐の長さはお好きな長さに調整が可能です。

002

左は中くらいサイズのネコヅメ(約3cm)に細めの革紐、
右は小さいネコヅメ(約1.7cm)のチェーンネックレスです。
いずれもあえて先端ではない場所に金具を付けて、ネコヅメっぽい傾きになるように。

このほかにも、小さいネコヅメで作ったピンブローチが初登場。
原画展の際に早々に完売してしまったチェーンピアスもいくつか届いています。
イヤリングは少なめですがいくつか(チェーンタイプではございません)。
などなど盛りだくさんですので、原画展では見逃した!という方はぜひご覧いただけたら。
お待ちしております!

 

 

019

和兵衛窯ギャラリー『白渓荘』。
先月、久しぶりに葵さんのところ(角館町)を訪ねました。
こちらのギャラリーでは、葵さんと葵さんのご両親の作品を見ることができます。

039

片隅に飾られていた写真を発見!『シン・ゴジラ』がなぜ…

016

こ、これは…映画の中の一場面ですよね、そして右側に見えるのは…

017

こちらの白岩焼の大壺が実際に映画のセット小物として使われたもの。葵さん作。
秋田出身の日本首相という設定で、首相執務室に秋田の工芸品をセットで使いたいという依頼だったそう。
すごいすごいすごい(3回言った!笑)ことですよねぇ。
話を聞いた時はびっくりしました。映画は観ていないんですが…(^_^;)
とはいえ、実物を見ることができてうれしかったです!

冬の間は峠越えをする勇気がなく、秋田方面にはなかなか行けません。
角館といえば武家屋敷の桜などが思い浮かびますが、新緑の角館もまた良かったです。
そんな角館の町を歩きながら、葵さんとおいしいランチをいただきました。

031

有頂天喫茶。名前も気になるけれど、このスナック感…なつかしい(右のお店はたぶん現役のスナック)。

032

注文したのはナポリタンとアイスコーヒー。どちらもおいしかったー!
ナポリタンは少しクリーミー。酸味がやわらいで絶妙です!

027

そんな角館。
今度は紅葉の時期にでも行ってみたいなぁ。

 

ようやく涼しげなものをご紹介できます…

009

定位置からの眺め。久々に晴れましたね。よかった~。

003

和知篤司さんのガラス。
手前に見えるのは…

006

季節を問わず人気のある箸置き「このは」。
品切れ中でしたが、先日届けてくださいました。
箸置きですが、ただ置いておくだけでかわいらしいですよね。

明日6/7(水)・明後日6/8(木)は定休日です。
週末も、皆さまのお越しをお待ちしております。