展示会情報

12/7-18 various herringbone

ヘリンボーン裏

various herringbone

2018年12月7日(金)~18日(火)
10:30~18:30 ※最終日は16:00まで
会期中の休み:12/13(木)

V字形を縦横に連続して組み合わせた模様「herringbone(ヘリンボーン)」。
今も昔も男女を問わず好まれる模様のひとつで、織物などを思い浮かべる方が多いと思いますが、今回はさまざまなヘリンボーンが集まります。
ぜひ、お楽しみください。

【参加作家】
森永篤史(陶器/笠間)
クラフトマンスタジオ冬扇・髙橋昌子(陶磁器/花巻)
田中祐子(盛岡ツィード/盛岡)
beige 佐々木トモミ(ホームスパン/滝沢)
松坂 渉(鋳金/盛岡)
zoetrope(紙もの/東京)

 

【会期中のイベント】
Mizusaki Noteの出張カフェ
12月9日(日)10:30~

奥州市江刺区・Mizusaki Noteさんの出張カフェが一日限定オープン!
コーヒーやお菓子、りんごの販売も🍎
店内にいくつかお席をご用意しますので、お時間がありましたらぜひ。
001

昨年春の出張カフェの様子。
今回はどんなお菓子が並ぶか楽しみです。

2018年11月12日 | お知らせ, 展示会情報

 

11/23-12/4 Fusion of different materials

富樫さん菅川さん二人展

Fusion of different materials

Yukiko Togashi & Eri Sugakawa Exhibition

 

2018年11月23日(金・祝)~12月4日(火)
10:30~18:30 ※最終日は16:00まで
会期中の休み:11月29日(木)

 

富樫由紀子さん(染織)と菅川恵梨さん(金工)による二人展です。

織物と金属は やわらかいものとかたいもの
軽いものと重いもの 色味が多いものと少ないもの。
そんな異素材が組み合わさって生まれる世界はおとぎの国のよう…。

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

【作家在店予定】
富樫さん 11/24(土)・12/1(土)
菅川さん 11/26(月)・12/3(月)

2018年10月22日 | お知らせ, 展示会情報

 

9/21-10/2 鉄瓶のある暮らし 鉄瓶工房髙橋 作品展

てつびん

鉄瓶のある暮らし
森のてつびん屋 鉄瓶工房 髙橋 作品展

2018年9月21日(金)~10/2(火)
10:30~18:30 ※最終日は16:00まで
作家在店日:9/22・23
会期中の休み:9/27(木)

 

愛着を持って長く使っていただける鉄瓶づくりをされている、
鉄瓶工房 髙橋(髙橋 大益)の4年ぶりの個展です。
常設の鉄瓶を含め、20種類以上の鉄瓶が並びます。
ぜひ足をお運びください。

※鉄瓶のお渡しは会期終了後となります。
※ご希望の鉄瓶がご売約済みの場合はご注文を承ります(お渡しまでお時間をいただきます)。

 

◎てつびん相談所(9/22・23)
南部鉄瓶に関わるご相談を承ります。
これから購入したいという方のご相談はもちろん、家で眠っている鉄瓶の状態を見てもらうなど、いつか誰かに聞きたいと思っていたことを聞くチャンスですよ!
(お手入れや修理のアドバイスはいたしますが、ほかの工房の鉄瓶につきましては購入先や製造元へ依頼していただくことになります。ご了承ください。)

◎白湯、あります(会期中)
会期中は大益さんの使いこまれた鉄瓶で沸かした白湯をご用意いたします。
そのまろやかさを実感してください。

 

 

2018年8月24日 | お知らせ, 展示会情報

 

9/7-18 再生のカタチ 星耕硝子×工房イサド×宮本佳緒里

再生三人展

再生のカタチ
星耕硝子×工房イサド×宮本佳緒里

2018年9月7日(金)~18日(火)
10:30~18:30 最終日は16:00まで
会期中の休み:9/13(木)

ウィスキーボトルは青いガラスに、古材は額縁などに、いろんな国の布は散りばめられてまたひとつの布に。
再生がテーマの作品を中心にした三人展です。
ぜひ足をお運びください。

作家在店予定:
9/7(金)イサドさん、星耕硝子の亜紀さん
9/8(土)イサドさん(午後早目の時間まで)

2018年8月5日 | お知らせ, 展示会情報

 

8/10-21 うつわと猫 大沼道行 × 坂本千明

utsuwatoneko_01

うつわと猫

大沼道行 × 坂本千明

2018年8月10日(金)~21日(火)
10:30~18:30 ※最終日は16:00まで
<会期中の休み>8/16(木)
※8/15(水)は営業、8/22(水)は代休をいただきます
作家在店日はブログなどでお知らせいたします
→坂本さんの在店予定:8/18(土)・19(日)となりました。大沼さんもどちらかの日、在店の予定です。

 

大沼道行さんの陶磁器と、坂本千明さんの紙版画の二人展です。
うつわと猫? どんな展示になるでしょうか。
ヒントは…このご案内ということにしておきましょう。
坂本さんの著書『退屈をあげる』の原画展も同時開催いたします。
皆さまお誘いあわせの上、ぜひお越しください。

 

utsuwatoneko_02

 

坂本千明『退屈をあげる』原画展

私家版で増刷を重ね、昨年秋、青土社から単行本として出版された『退屈をあげる』。
出版を記念して、原画展を開催します。
本の内容にちなんだ特別企画として、陶芸家・駒ヶ嶺三彩さんのブローチとオブジェ、寅印菓子屋さんのお菓子の販売も。

・関連作品やグッズなど販売予定
・お菓子は8月17日(金)入荷予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここからはDMに記載していない内容です。

『退屈をあげる』のサイン本を販売いたします。
また、すでに本をご購入済みの方で本をご持参いただいた方には、別紙サインをお渡しいたします。
坂本さんの在店予定に合わせて本をご持参いただければ、直接サインを描いていただくこともできます。

坂本さんの作品について、お願いがございます。
事前予約やお取り置きは対応しかねますのでご了承ください。
また、通販につきましても、現時点では予定しておりません。
会期中の経過によって、対応が可能となった場合はあらためてお知らせをいたします。
ご購入いただく作品の点数につきまして、額装作品はお一人様1点、シート作品はお一人様3点までとさせていただきます。

何卒ご了承ください。

2018年6月26日 | お知らせ, 展示会情報

 

6/22-7/3 初夏をいろどる三人展

三人展

初夏をいろどる三人展

斉藤幸代
×
伊藤由美子
×
ハリノヲト植木友子

2018年6月22(金)~7月3日(火)
10:30~18:30 最終日は16:00まで
会期中の休み:6/28(木)
【作家在店予定:6/22・23 斉藤幸代】

 

型打ちが特長的な斉藤さんのうつわは2年ぶり、
初めての展示となる伊藤さんは美しい木版画、
植木さんは常設では並ばないこぎん刺しの作品を。
初夏をいろどるそれぞれの作品を、ぜひご覧ください。

 

2018年5月26日 | お知らせ, 展示会情報

 

6/1-19 ◯△☐なTシャツ展

Tシャツ展おもて

◯△☐なTシャツ展

6月1日(金)~19日(火)
10:30~18:30 ※最終日は16:00まで
会期中の休み:6/6(水)・7(木)・14(木)

 

いろんな◯△☐のTシャツが並びます。
お気に入りのイラストを見つけたら、この夏の一枚をぜひオーダーしてください!
Tシャツとインクの色が選べます。お渡しまで10日ほどお時間をいただきます。

 

【参加作家】
オガサワラユウダイ/紙町銅版画工房/6jumbopins・京野誠/
工藤陽之/黒丸健一/さいとうゆきこ/坂本千明/zoetrope/
天間苑佳★/のそ子★/おるがん社・にしおゆき★/
樋口佳絵/ますこえり/武藤良子

★=初参加

 

◎秋田のTシャツ屋6jumbopinsのプリント実演販売

6/9(土)10:30~
6/10(日)12:00~

展示されているデザインの版を、Tシャツやインクの色を選んでその場でプリントいたします。
混み具合によりますが、少々お時間をいただきます。
Tシャツの在庫がない場合は後日お渡しとなります。ご了承ください。

 

Tシャツ展うら

2018年5月8日 | お知らせ, 展示会情報

 

5/13・14 ヤンマのお洋服の受注会 2018

img680 (2)

ヤンマのお洋服の受注会2018

2018年5月13日(日)・14日(月) 10:30-18:30

ヤンマ産業は、山崎ナナさんがデザイン、縫製は高齢者の方々というスタイルでモノ作りをされています。
受注会では沢山のサンプルの中から形を選び、生地サンプルから色柄を選ぶことができます。
納品まで数カ月お時間をいただきますが、その分出来上がってきたときの喜びも大きいのでは。
受注会ならではの良さとして、有料ではありますが丈の調整なども可能です。
会津木綿をはじめ和木綿や麻の、着心地のいい長く着られるお洋服ばかりです。
皆さまのお越しをお待ちしております。

 

受注会では先払いをお願いしております。
また、カードでのお支払いについては【一回払い】のみとさせていただきます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

2018年4月9日 | お知らせ, 展示会情報

 

4/20-5/1 渡邊 葵 展「春ノ月」

DM絵柄面

渡邊 葵 展「春ノ月」

4/20(金)~5/1(火)10:30~18:30 ※最終日は16:00まで
作家在店日:4/20・21・29 会期中の休み:4/26(木)

 

海鼠釉の青、白釉の白、マットな金や銀など
葵さんの作品は「月」との相性が良いと感じます。
色や形で「春ノ月」をお楽しみいただけたらうれしいです。
皆さまのお越しをお待ちしております。

 

渡邊 葵 Aoi Watanabe

1980 秋田県角館町白岩に生まれる
2005 岩手大学大学院教育学研究科(美術工芸)修了 父・渡邊敏明に師事
2009 京都府立陶工高等技術専門校研究科修了 同校講師
2011 和兵衛窯にて制作活動

 

【葵さんのHPより】

秋田ならではの土と釉薬で、器、陶製アクセサリーを作っています。

わたしが作っています白岩焼(しらいわやき)というやきものは、
海鼠釉(なまこゆう)という味わい深い青い色の釉薬が特徴です。
これは秋田に江戸時代からつづく、地元産の赤い土と、
地元産のお米「あきたこまち」のモミの灰を釉薬に使う、土地に根差したやきものです。

海鼠釉を生み出す窯元は、日本全国、東北や九州に現在もたくさんあり、
ルーツをたどれば中国・韓国に行きつく、伝統的な釉薬です。
そのなかでもこの白岩焼の海鼠釉は、雪国・秋田ならではの特徴があるように思います。
長い長い冬のあと、雪がとけて大地の色が少しづつ見えてくる時期の、
秋田の人々の春を待ちわびる気持ちがつまった
「大地の赤土と青白い名残りの雪」の心象風景と重なるからです。

秋田の長い長い冬は、作ったものも凍る、釉薬も凍る、
やきもの作りにとっては効率の悪い土地です。
しかし、急ぐことのできない時間のなかで、ゆっくりと考え、丁寧にものを作る、
それはなにごとも効率優先の現代において、時代遅れであると同時に、貴重なことであると思います。

じっくりと時間をかけた雪国ならではのあたたかさのつまった作品を、
使ってくださる方の日々の生活にお届けできたらと思っています。

 

白岩焼和兵衛窯 渡邊 葵

 

 

 

2018年3月3日 | お知らせ, 展示会情報

 

2/16-27 小さなねこネコ猫集会2018

ねこフライヤー画像オモテ

小さなねこネコ猫集会2018

2月16日(金)~27日(火)10:30~18:30 ※最終日は16:00まで

会期中の休み:2/21(水)※2/22(木)は【猫の日】なので営業します(2/28代休)。

 

2月は猫の月。黒猫ハチワレサビ猫も、三毛猫キジトラサバトラも、みんなちがってみんないい。
ねこが好き。ネコはかわいい。猫に幸あれ。小さな集会ですが皆さまのお越しをお待ちしております!

 

ねこフライヤー画像ウラ

 

2018年1月22日 | お知らせ, 展示会情報